FC2ブログ

カザフ族のゲルを訪問

NPの入り口に有るカザフ族のゲルを訪問した。内部は極彩色で、正面には新婚時代の正装をした写真が飾られ、傍らにはウルフの毛皮がぶら下げられていた。


画像


近頃はどこでもそうだが、ここもソーラによる電化が進んでいる。TVもそうだし、ここの場合はバッテリーも備えて電動ミシンがあった。

画像


小さなアカチャンがベッドで寝ていた。多分娘さんの子供だろう。おじいさんがあやしていた。

画像



ほんのさわりだけだったがカザフの民族楽器ドンブラを娘さんが引いて聞かせてくれた。

画像



<色々と接待をしていただいたが、残念ながらまだ食べるわけにはいかない。旅の初めは腹八分でいかねばならないから。おまけに牛乳を飲むと下痢をするから、せっかくのミルクチィーが飲めないのは残念。

画像


鷹匠がやってきた。
早い段階で、ちょっと離れた所にいる鷹匠を呼んでいたのだがなかなかやってこなかった。此のあたりで近くと言っても信用することは出来ない。飛んでもなく遠方の時がある。
その鷹匠がやっと到着しました。なんかデモンストレーションでもしてくれるのかと期待していたが、それはなかった。鷹狩と言うから、ハヤブサ位を想像していたら、物凄くでっかくて、これこそ猛禽と言うやつですね。驚きました。イヌワシですね。

画像


画像


画像


そんな時ちょうどイヌワシ?が飛んできました。

画像


確かではありませんが、イヌワシだと信じましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

イランで遊牧民の方に会ったのですが、衛星通信の携帯電話ができてとても便利になったそうですね(なるほどと思いました

No title

以前は小さな流れで、水力発電をしていたのですがねー。