FC2ブログ

家の周りが変わりそう

いままで私たちが住んでいる一角の一番南端がずーっと空き地になっていました。駐車場にするなど便利に使っていたのですが・・・。この土地を購入した方が転勤になりそのままになっていたのです。もう35~6年にもなるでしょうか。それがどうやら売りに出され、買い手が見付かって早速家を建てられるようです。なんでも来年5月完成予定だそうです。
また我が家の並びの前はこれもずーっと畑で、老夫婦がいろいろなものを作って見えました。収穫したものを頂いたり、又ある時期には私たちに少しずつ耕作地を貸してくれたりしていました。そのご夫婦もなくなり、後を若夫婦が作って見えたのですが、大変なようでここも土地を売りに出されました。ここが畑だったお蔭で、日当たりが良いし、雪がつもったときなどの雪捨て場にもなっていました。ところが先日、ここにも建売住宅を建てると、業者さんが言ってきました。これも来年5月頃に出来るそうです。
そうなると我が家の周りもずいぶん変わります。狭苦しくなってしまいます。これも仕方のないことですね。ただ我が家のすぐ前の土地は、細長い三角形の土地なので、建物を作ることは出来ません。その所に少し期待をしているのですが・・・。、
でも悪いことばかりではないのです。町内会は、何軒かをまとめて班と言うものを作っています。物事をすべてその班単位で行っています。町内の役員もその単位ごとに選出しています。ところで、私たちの班は7軒で出来ているのですが、古くからある班なので、住人がすべて老人ばかりになってしまいました。一番若いのが私の75歳なのです。いま私が町内会の役員を遣っていますが、次になる人は私よりはるかに先輩です。6~8年後にはもう役員をやれるれる年代ではなくなっています。(実のところ7軒の中で夫婦揃っているのは我が家と、もう1軒だけ、でもご主人は病気なのです。)、自分の事だけでも面倒をみれなくなっています。役員をやっていて実はそのことを心配していました。下手をすると85歳にもなってまた私がやらなければならないのかと。でも新しく家が建ちます、入居してくる人たちも若い人たちのはずです。
これでちょっとばかり、安堵の気持がわいてきました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

せうじ君の実家のあたりは大きな道路が通ることになって
ものすごい勢いで変わっているです
便利になるとはいえ、晩年になってからの変化はちと気の毒です