FC2ブログ

高齢者講習

運転免許証の更新時期がやってきました。70歳以上になると、更新前に高齢者講習と言う講習を受けなければなりません。受講場所は自動車運転教習所です。受講料が6000円もかかります。教習所の教官には、警察からの天下りが多いと言う事を聞いていますが、今回も警察がこんなことを決めて天下り先をもうけさせようとの魂胆なのでしょう。
70~74歳までと違って75歳以上は高齢者講習を受けなければなりません。そのうちの予備講習は、一寸人を小馬鹿にしたような内容で、いささか憤慨ものです。
自分の判断力、記憶力、時間の見当、手掛かりによる記憶力、時計で時間を示す…などでこれが75歳以上に追加されています。
此の結果だけでは免許の更新が出来なくなる事は無いのですが、事故を起こした時にそれに関する得点が低かったならば、医者に行くことを義務付されたり、その結果によっては免許の停止になるとのことです。
本番ですが、先ず時計を収納させられます。
問題1:今日は何年何月何日か?ここで強調していたのが「何年」は「なんねん」と読み「なにどし」ではないと言う事。「午年」ではないと言う事です。日常の記憶の判断です。後で考えると、これは記憶を紛わせるための会話だったのかもしれません。
問題2:今何時だとおもうか?時計はありません。
     ここでプロジェクターで4つの絵が示されます。これが4枚、計16枚の絵が示されます。これを記憶しておくことと指定されます。また此の時にそれぞれの絵に対してヒントが与えられます。たとえば「牛」だったら「動物」、「鍋」だったら「台所用品」のように。これを関連付て記憶をしろと言う事です。
問題3:ランダムな数列が何列か示されます。その各々の数列に関して「1と4」を斜線で消しなさい、「2と3と7」を消しなさい、という問題です。正確さと速さの試験ですね。
問題4:先に見せた16枚の絵がなんだったかを書かせます。順序は問いません。
問題5:今度は16枚の絵に対して先にあげたように「動物」「台所用品」と言うように「ヒント」が書かれた欄に何の絵だったかを記入させます。関連付けた記憶のテストです。
問題6:最後には、時計に文字盤を書かせて、11時10分を示せという問題が出されます。
これって人を小馬鹿にしていませんか?
でもねー、テストに関して質問の意味が理解出来ない人が居るんですね。数列の中から指定の数字を消しなさいと言う問題で、例題を遣りました。本番に入った時に、指定された数字でなく練習で示された数値も含むんだと解釈するんですねー。その他もろもろを見ていて、これは困ったなーと思わずにはいられませんでした。
やっぱり講習は必要なんですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

時計盤のテストは、他でも聞いたことがあります。
たしか、時計という視覚的な情報を、
時間という数値に換算するテストで
脳の働きをチェックするそうです。
まぁ、そういわず、大人しく受けてあげてくださいね。

No title

周りを見ていて、仕方ないねーと思いました。