FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀坂山

今日ツイッターでも書いた古里の風景「堀坂山」・・・と書いて「ほっさかさん」と呼びます。私の故郷の村だった所からは、西に白猪やま851mと北にこの堀坂山751mが見えます。いずれも村境にそびえています。
webで見るとこれも先に紹介している局ヶ岳と合わせて伊勢三山とか伊勢の三星とか呼ばれていると書いてありますが、私の居る頃にはそんな呼び方なんて全くありませんでした。ここ何年かで出てきた呼び名でしょう。


画像


中央奥にそびえるのが堀坂山で、私の故郷からは、伊勢富士と呼ばれる秀麗な姿は見られません。

局、白猪の両山は山としては高いし面白い山ですが、堀坂山は別の意味で面白い山です。子供の頃の話ですが、この山には学校林と言うのがありました。夏になると、植林してまだ大きくなっていない杉林に生えた草を刈り取って杉を大きくするための、下刈りと言う行事があり、5~6年生と中学生はその作業に駆り出されました。鎌を使うし蛇も出て来るし・・・、今そんなことを遣ったら大変でしょうね。あの学校林は今はどうなって居るのでしょうか?
つぎに面白いのは、この山の山頂には大日如来像があることです。大日如来云々は大したことではないのですが・・・webで見てみるとこんな記事がありました。
「太陽の道」
箸墓を中心に東西約200キロの直線上(北緯34度32分)に、「太陽の道」と呼ばれる、古代の祭祀遺跡が並んでいるという説がある。
 東の端は、伊勢の斎宮址。西の端は、淡路島伊勢の森(伊勢久留麻神社)。この二つの「伊勢」のあいだを、古代遺跡や古い由緒をもつ神社が点在していて、共通点が太陽神の祭祀に関係があり、磐座・岩石が信仰の対象となり、女性の祭祀者のイメージが感じられるとされる。
 太陽神の祭祀に深いかかわりをもった古代の「聖線」、すなわちこれが「太陽の道」と名付けられたゆえんである。
 桜井市では、長谷寺、三輪山、桧原神社、国津神社、箸墓が線上に浮かぶ、古代王朝の政治的効果を狙って策定されたと考えられているが、地図や磁石のない時代に東西の直線を引くことができたとするなら、古代の測量技術に驚嘆する。
 天照大神-卑弥呼(日巫女)-倭迹迹日百襲姫命の関係、纒向遺跡と邪馬台国の関係が興味深い。
桜井は古代史のミステリーゾーン、各所遺跡の発掘(特に箸墓)が古代史のミッシングリングを見つけることになるかも知れない歴史的に興味深い地域であることは間違いない。
奈良に在住された写真家、小川光三さんが発見した伊勢の斎宮から淡路島の伊勢の森に至る東西線、その  線上には点々と磐座(イワクラ)が存在し、日の神とも云われる天照大神に関係する神社が建ち並ぶというと  ころから、その東西線を『太陽の道』(サンロード)と名付けて、『大和の原像 知られざる古代太陽の道』  (大和書房)の著書を発表された事が問題提起の発端です。   そして、元NHKのチーフ・ディレクターであった水谷慶一さんが小川さんの提起された『太陽の道』に  興味を持たれて、『箸墓』を起点として計測された北緯34度32分の東西軸をテーマにした番組を198  0年2月11日に[NHK総合テレビ]で放映されると共に、『知られざる古代』と題した本を出版されて  から一躍北緯34度線が世の中に浮上して、いろいろと関心が持たれる様になったのが原点なのです。   そこで、小川さんが調べた東西軸上に何が点在するのかを再現してみると、次ぎの様になります。
東]↑
          │     ・伊勢(斎宮)  
         │     ・天満社裏山遺跡  
         │     ・春日宮天皇妃陵  
         │     ・天神山山頂
         │     ・[巻向山]南方台地 三輪山
         │     ・檜原神社
         │     ・国津神社  
         │     ・箸墓(倭迹迹日百襲姫命の墓)
         │     ・須賀神社(祭神:須佐之男命)
         │     ・菅原神社(祭神:神八井耳命)  
         │     ・日大御神社(祭神:天照大神)  
         │     ・稲荷社(祭神:保食神(ウケモチノカミ))  
          │     ・穴虫峠(穴師(アナシ))   
   [西]↓  │     ・淡路島(伊勢の森)

・・と、あるんですが、この堀坂山がちょど北緯34度32分にあり、そこに大日如来が祭られているのです。一寸ロマンを感じますよね。松阪市の高等学校が部活で、昔のやり方で測量をして、先の「太陽の道」の上にあることを証明しているTVの番組もありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。