FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青海湖

日月山峠より下っていく途中にこんな建物がありました。使われている様子がありません。あれはなんですかと現地ガイドに尋ねると「政府が遊牧民にために建てた家です。でも遊牧民が嫌って入らないのです」と返事が返ってきました。ちなみの此の国では個人の建物でも土地は国から貸し与えられているのだそうです。

画像


次は初めて目に入った青海湖です。ひろいですねー。

画像


今度の旅の目的「花を訪ねる」の一つが青海湖畔の菜の花畑でした。菜の花はここの観光の目玉の一つの様で、一面ではなくまだ咲いていないところもあり、季節をずらして鑑賞期間を長くなるように栽培しているようでした。でもまあものすごいものです。

画像


この日は湖畔標高3250mで宿泊しました。ホテル…実際には招待所・・要は公園のようになっていてそこに入るには入場料金を払わねばなりません。その公園はザットこんなものでした。

画像


遊覧船、ヘリ、気球による観光ができるようです。夕食までの時間を利用して、湖畔のしつげんで花を探しました。その時、魚雷が展示されていたので「なんで?」と思っていたら、こんなのが出てきました。

画像


ヘー、こんなところで魚雷の実験をやっているんですね。
湖はとにかく広いです。この向こうの山は祁連山脈の一部で、そのはるか向こうは河西回廊なんですねー。
山の麓は河西回廊が政変で」不安定になった時にはこちらを通って西域にわたっていったのでしょう。法顕もそうでした。

画像


此の旅は雨季でしたが、まあ総じて天候には恵まれ、傘を少し差した程度で、雨具(レインコート)の世話にはなりませんでした。今日もいい天気でした。これは青海湖の沈む夕日です。

画像


夕空には上弦の月が出ていました。

画像


夕食後外が賑やかだったので外に出てみると特設会場で民族舞踊をやっていました。これも入場料の一部なのでしょうか。

画像



画像
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。