FC2ブログ

ツアーの日程

ツアーの正式な日程表が今日届きました。通常はツアーの説明会がありそこで手渡されるのですが、私のような遠隔地の者は出席できませんので、郵送されてきます。
(一寸横道にそれますが、クロネコヤマトのメール便にも「速達」があるんですね、知らなかった。)

全部読んでみましたが、特段の準備物はないようです。ツアーリーダーは初めての方で女性のようです。
宿泊施設は、3泊はまあホテルと言えそうなところですが、後の5泊は中国でいう招待所レベルのようです。トイレは共用、シャワーはお湯が出るか出ないかその時にならないとわからないというやつです。照明、こいつも何時停電するかわからない・・・・。懐中電灯は必携ですね。かつて懐中電灯の明かりで、髭剃りをしたことがあります。
両替ですが・・・・、北京空港や両替所でもできるとありますが、そのさい50元の手数料がいるとか。レートだけでなく手数料とはなんだ?説明書には「現地ガイドが皆様一人当たり5000円分の元を準備しています」ととあります。そういえば、中国で両替の記憶がたった1回だけしかありません。あとは全部この現地ガイドさんに交換してもらっているようです。だから手数料のことを知らなかったのですね。
たった1回の両替は、チベット高原を25日間旅行した時でした。この時にはテント泊の予定の所でも、宿泊施設が有るとわかればそこに変更をしたので、元がどんどん減っていき、添乗員さん・現地ガイドさんを含めて足りなくなってしまいました。なんでこんな変更が出来たかと言うと、参加者がたった3名、おまけにテントどまりは極力避けたいというお金持ちの御仁が2名、テント泊大好きは私だけだったのです。添乗員さんから「中西さんはどうですか?」と聞かれれば、「いいですよ」と答えねば仕方ないですね。
阿里という、インダス川の源流に近い町の銀行に両替に行きました。(ラサ以降ではここだけしか両替ができませんでした)窓口が閉まっていて、なんとそこで2時間も待たされてしまいました。言葉も何もわかりませんから、手数料を取られていたのかどうかもわかりません。懐かしい思い出ですね。
明日から荷物をまとめにかかります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

次回は往復交通費をプレゼントので
せっかくだから一度説明会西遊に行ってみてはどうでしょうか

私は西遊のある場所にはその気になれば歩ける距離なのですが
説明会が平日の午後とか無理な時間だったので行けませんでした;;。
でもどんなところかなーと興味はあるので誰かに行ってもらいたい

No title

最近は説明会の案内も来なくなった。大したことないんですね。

No title

いよいよツアーの用意も本番にはいってきたんですね。
楽しみですね!
両替は、手数料がレートに含まれていたり、別途に課せられたりしますよね。
クレジットカードでも外貨手数料やサービス費があるし。
50元の手数料も、換金額によって違うかもしれませんね。