FC2ブログ

町内婦人防火クラブの事

町内会副会長の任期半ばまで「町内婦人防火クラブ」なんていうのがあるとは知りませんでした。と言うのは極言ですが、町内会のどこに位置するのか分かりませんでした。担当理事さんがどう言うルールでえらばれたのか(私たちは2年に一度改選されるのですが、その理事さんは?)クラブ員も選んだ覚えがありませんでした。初会合の時に聞いても要領の得た回答はありませんでした。それが途中から、現在のクラブ員から「私たちはいつまでこの役目をつづけるのだ?」と言って来たとかどうとか・・・婦人防火クラブ理事が言い出した。要はメンバーを交代させたいと言う事の様です。
いったいこの組織はどうなっているのだと問いただしていくと・・・・。「こんな規約があるんです」がと婦人防火クラブ規約と言うのを持ち出してきた。なんのことはない、当時婦人防火クラブを立ち上げた当事者だけが持っていて、公開されていなかったのです。
当時、市からあなたの町内会でも「婦人防火クラブを作ってください」と言われ、またその時期に運悪く町内で火事が2件も発生したそうです。そういう事で、当時の役員がとりあえず形を作らねばならないからと、元市会議員だった方に部長・・ルールも決めず勝手に理事にしたらしい。だからルールにのっとた選出はされいないのです・・・を頼み、その人を介して部員を集めたと言う事らしい。まあとにかく立ち上げねばならないからと・・・。
凄い規約が出来ているのですが・・・・、仏を造って魂入れずの典型ですな。立ち上げた人たちが役員の任期を切れたら後の人は知らん顔、と言うか規約さえ引き継がれていないのですからね。元市議さんのパワーだけでここまで来たと言う事なんです。
今日はそれをどうするか・・・と言う打ち合わせを町内会3役と担当理事、婦人防火クラブ顧問(元消防署長)で打ち合わせをやり方向を打ち出しました。4月の総会で町内会規約、婦人防火クラブ規約の改正を提案するところまで来ました。いまどうするのだとは言えませんが。所がです、総会で決まったらすぐその線で進めようとするんですね。「待てよ。今選ばれている人達は、今のルールで選ばれた人なんだ。それを途中でハイ変わりましたではないだろう。そんなことをやるから、中途半端になってしまうんだ。4月以降の1年間はそれに向けての体制を造り、きちんと引き継いでいくのが寛容だろう。」
まあ何とか納得はしてもらいましたが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント