FC2ブログ

オーロラツアー4日目

オーロラが形を変えていく変化はもの凄く早いです。その変化を捕えようとすると、7秒、10秒と言った長時間露出をかけていると形がぼやけてしまいます。本日と言うか翌日と言うかAM00:47からAM00:51にかけての変化は相当はやかったですね。「レベル4」だったそうです。
何とかその動きを止めたいと思い、それまで10秒に設定していたのを4~5秒にしようとしたのですが、なんとシャッター速度を決めるダイヤルは回るのに速度が変わらないのです。長時間ー30°の屋外に出していたので制御が出来なくなっていたのです。仕方なくそのままのシャッタ速度で続けました。だからこれからの写真はぼやけています。以下羅列する写真は、4分間の変化の様子です。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


変化の様子がわかりましたでしょうか。

これらが天頂で起こります。カメラの方向をいつでも変えられるようにしておく必要があります。
それと今回で勉強したことは、露出時間は相当長いですから0.5秒程度の違いはそれほど影響を及ぼしません。
其れよりも」素早く露出時間を変更する必要が大切です。だからバルブにしておき、露出時間はメトロノームのようなもので時間を測ってやった方がベターだと思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすがに、凄い!
こんなに綺麗に撮っている写真って、実は初めてかも。
友人の何人かはトライ2回行って2回ともダメとか、見れなかったとか、あまり当たりの人がいなかったので心配してましたが、杞憂ですね。やっぱり、場所がいいんですね。

写真は腕によりをかけているだけあって、見ていて楽しいです。神秘的な光景ですね・・・

No title

アラスカや北欧と違って、イエローナイフは内陸部にあるので晴天の確立が高いようです。またオロラベルトの真下に位置していることも確立を高くしているようですね。