FC2ブログ

昨年の今日:常磐線

ガソリンも満タンになったので、福島県の新地町まで車で送ってもらった。そこからママチャリでキーコキーコと岩沼まで約30kmを走って被災地を見てきた。まだまだ車では進入禁止が有ったり、通れないところが有る時期で、又速度が早すぎると細かいところが見えません。それならと、一寸しんどいが自転車で廻ることにしました。一番知りたかった事はは、海岸の近くを走っていた常磐線がどうなっているのだろうかと言うことでした。
いきなり目に飛び込んできたのが、次の画像です。

画像


「3月11日、仙台発原ノ町行きの列車の乗員と乗客43名は無事避難する事が出来しましたが、4両編成で重量が35~40トンも有る車両は、津波に飲み込まれてしまいました。」
この時点ではこんなドラマが有ったことはまだ知りませんでした。

次の画像は、福島県と宮城県の県境付近のようすです。

画像


次は宮城県に入った磯地区の様子です。右中央部に目を凝らしてください。コンクリート製の枕木が立ち上がっています。

画像


他の所のレールは何処に行ったのだと疑問が出てきました。次は「もしや」と思ってみたグーグルーアースの画像です。

画像



何だ!!これは!

中浜小学校の南です。現在でもタイムマシン機能を使えば見ることが出来ます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント