FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンポガキ

干し柿をつくるための蜂屋柿を丸森町耕野地区の産直店に出向き、30kgほど買って来ました。毎年これで干し柿を作るのが楽しみです。今造りだせば1月の中旬頃にはおいしい干し柿が出来るはずです。明日は皮むきをする予定です。


画像


鳥・・ヒヨドリ・・にやられないように、雨に濡れないように管理が大変です。特に我が家の屋根は庇が短いから雨にぬれやすいのです。
この買い物のついでに、干しガキつくりの風景を写真に収めるのを楽しみにしているのですが、近年は作る農家がめっきり少なくなり、風物詩の一つが消えかかっています。

画像


画像


所で表題の「アンポガキ」ですが、これは硫黄で燻蒸してから乾燥工程に入るのだそうで、この燻蒸により表面が黒くならないのだそうです。中身は完全に乾燥させず、柔らかいのが特徴です。中身まで乾燥させて表面に白い糖分の粉が吹くのはコロガキと言うのだそうです。
その定義から言うと、硫黄燻蒸をしませんから我が家のものはコロガキ、また内部を乾燥させないのでアンポガキ・・・つまるところ中途半端なホシガキと言う事に成りますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。