FC2ブログ

景品

町内の夏祭り用の協賛品として、某2社から品物をいただくことになった。それが今日持ち込まれると言う事で、出向いてみたら「申し訳ございません。手違いで本日運び込が出来なくなりました」とA社から・・・。特注品の在庫が切れたのですね。逆に本日納められないと思っていたB社からの品物が納入された。昨年のデーターでは、小さな洗剤と言う事に成っていたが、届いたものを見るとウイーダー(チューブ入りのゼリー状エネルギー補給源)だった。これを洗剤と間違ったみたいだ。
A者は8/1に納入が可能との事、また出直しだ。

いい加減な話の二つめ。あれだけ、話し合って詰めて来たのに今日に成ってこれでは景品として少ないから、ペットボトル入りのお茶をつけようと誰かが言い出した。そんなことは検討中に言えよ!担当者もいないし、其れより予算があるのかと聞いたら、町内会長がそれくらいはなんとか・・・。早速20本入りを4箱も買ってきました。
その後担当者がやってきました。「今日は涼しい上に暗いので、孫が昼寝から中々起きなくて…」。おばあちゃんも大変ですね。それはそれとして、くだんのお茶はすでに買ってあり、二重に成ってしまいました。
オバチャン、「内もほしいと思っていた所なので、2ケースは私しが買っていきます。」遣れやれ。
勝手な判断はするなよ!

露店商を営んでいる方が役員にいます。「申し訳ありませんが、夏祭りの当日は別のところ(閖上)で花火大会があるので、どうしてもこちらに来ることができません。」仕方ないですね、生活が掛かっているのですから。「お詫びに、子供たちへの景品の花火を安く手配します」との申し出。なる程、露店商なら可能でしょうね。300パックを買ったら、55%近く値引きされていたようです。めでたしめでたしです。

「家の近所に、新しく工場が出来たみたい。そこに行ってご祝儀をもらってくるから、町内会としての祭りへの招待状を書いてくれ」と・・・。そんなこともあろうかと、ちゃんと印刷して持っています。隣付き合いの威力ですね。

子供用のお土産とは別に、大人用の景品も150コほど造ります。これをどんな人に手渡すのかが昨年の担当者に聞いてもすっきりした回答がありません。私たちで決まりを作らねばなりません。夏祭りをサポートしてくれた人に差し上げよう。余れば「どうぞもう一つ」なくなれば「売り切れ御免」で行くことになりました。
でもねー、今日の様子だと知り合いが来たらどうぞどうぞとやりそうですね。・・・と言う事で、会計さんと私で、会長をこんこんと諭して「決まりは守らせましょう」

まあ、町内会はこんなレベルでうまく進んでいくんですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント