FC2ブログ

マタタビの実

マタタビがちょうど筆柿のような形をした実をつけました。大きさはドングリ位でしょうか。


画像
ところで、こんなきれいな形をした実とは別にこんなカボチャのような形をした実も付けます。


画像


これは虫癭果(ちゅうえいか)と呼ぶ実です。
虫癭果(ちゅうえいか)とは、マタタビノアブラムシという小さな昆虫が、開花直前の花の子房に産卵することで、またたびの実がデコボコした虫コブ状になったものを呼び、通常の実よりも猫が喜ぶ有効成分である「マタタビラクトン」や「アクチニジン」などが多く含まれるようになるそうです。人間の漢方薬として利用されているのも通常の実ではなく、この虫癭果(ちゅうえいか)だそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント