FC2ブログ

雨期のインド北部で豪雨 550人死亡、3万人超孤立か

これは新聞の見出しです。
「インド北部ウッタラカンド州を中心とする地域で豪雨による大規模な洪水や土砂崩れが起き、州政府は22日午後までに550人の死亡を確認した。なお3万人以上が各地で孤立しているといい、軍による救助活動が続いている。
インドは雨期を迎えている。ウッタラカンド州はヒマラヤ山脈を含み、リシュケシュを始めとするヒンドゥー教の巡礼地が点在する。被災者には多数の巡礼者や外国からの観光客も含まれているという。」
これがその記事の内容です。

3年前、其れもほぼ同じ時期に訪れた所です。
ヒンズー教の聖地があり、またシーク教の第二の聖地もある所です。

ここには、ナンダデヴィと花の谷の二つのNPがありますが、ナンダデヴィNPの方は自然保護の為に立ち入りが禁止されています。
花の谷は、2005年に世界自然遺産に登録されています。
「花の谷」は、1935年にカメットに遠征したF.スマイスによって命名された標高3500m幅2km長さ10kmほどの谷で、高山植物の宝庫す。

・・とまあこういうところで、ちょうど今からその花のシーズンなんです。観光客と言うのは、その花を求めてきているんですね。そろそろ、ブルーポピーのシーズンでもあるんです。
シーク教徒やヒンズーの人達も沢山整地巡礼で訪れています。其の人たちが犠牲になっているんで小ね。
私たちが行った時も、1週間遅れてきたツアーグループは土砂崩れで立ち往生をしていましたし、わたしたちも道が土砂で封鎖されてために、5時間近く多くかかる回り道をさせられました。
考えてみると随分危険なところにいっているんですねー。


画像


これがその時の土砂崩れの現場です。こんなところがあっちこっちに出ていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント