FC2ブログ

アンナプルナトレッキング

トレッキングの申し込み手続きが、費用の残金を払い込みすべて完了しました。後は当日成田に行けばいいだけになりました。
デジカメを持って行きますが、4100mの最高地点で8000mのアンナプルナを背景に星の日周運動を写そうと思っています。そうなると長時間の露出(30分近い)が必要になり、バッテリーの消耗が懸念されます。それでなくても、気温が低いと消耗が激しくなります。予備を含めて2コ持っているのですが、もう1コ必要になるかなーと心配になっていました。
たまたま今日旅行社から電話がありました。そこで、トレッキング中の宿泊はロッジ泊りだが、そのロッジでバッテリーの充電が可能かを聞いてみました。当然「出来ません」の答えが返って来るものと思っていました。所が返事はあっさり「可能です」でした。4100mの高地にあるロッジでも可能とのことでした。

もう随分前の話になりますが、エベレスト街道を歩いた時や今回のコースの近くを歩いた時は全部テント泊で、ロウソクに懐中電燈で、電気など考えられませんでした。
そういえば、アンナプルナの方面では途中の村で「発電機が故障したので修理費用を稼ぎたい。ついては今夜ダンスパーティーを開くので出席してカンパをしてくれないか」と頼まれたことがあったなー。
水の流れがあれば小さな発電機で発電できるし、最近ではソーラ発電も可能になってきているから・・・・、もうかつてのような風情は見られなくなったかもしれませんね。
それはそれで、13年前と今の比較をするのも楽しみの一つになりそうです。

4年前、四川省の四姑娘山で。ほんの小さな流れでしたがこの発電機でキャンプサイトに外灯が点いていました。

画像


9年前、ペルーのチチカカ湖・ウロス島で。フジモリ大統領の施策の一つだとか。

画像


ポールの上がソーラバッテリーです。TVを見ていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういう比較ができるのもあちこち、長年に渡って歩けばこそ。
そういう点でも今回は楽しみですね。

No title

楽しみですね。いつから出発ですか。
ご一緒したエベレスト街道の時は、ソーラー発電が一部あったけど、まだまだ・・・という感じでしたね。
春だとシャクナゲの花を楽しめるのでしょうか。
いつかまたネパールを再訪するときには、春のシーズンがいいなと思っております。でも、サラリーマン稼業は3,4月は忙しいのでちょっと難しいかな。

No title

3/25出発です。この頃はシャクナゲのシーズンですが天候はもう一つ安定しないですね。特にダウラギリとアンナプルナの間に深い谷があるので、雲が湧き出すようです。