FC2ブログ

ホオジロ

散歩道にたくさんいるのだけど、大体がブッシュの中でチョロチョロしているために、写真にはなかなかとることができない。珍しく今日は、イチジクの気の止まっているのが見つかった。

画像


小さい頃にこの小鳥には思い出がある。冬になると、近くにあった桑畑に良く来た。きれいな鳥だからこれをどうしても捕まえたくていろいろと挑戦をした。その一つの方法が次のような仕掛け。

画像


ごく単純な発想で、箱をつっかい棒で支えておく。この棒には糸を結わえておき、遠くまで伸ばしておく。箱の内部の地面に、モミなどのえさをまいておく。こうしておいてホオジロが箱の内部のえさを食べに来るのを待つ。
来たら、ソレッとばかりに糸を引いてつっかい棒を引き倒す。ホオジロが箱の中に閉じ込められる・・・・と言う寸法なのです。
捕れたと思いますか?

小鳥を飼ったのは、軒先に巣を作ったスズメの巣から落ちた雛を育てたくらいです。スズメでも目の開いていないころから育てるとよくなつくものです。家の中で放し飼いにしていました。ご飯を食べていると茶碗のふちに止まり、一緒にご飯を食べていました。今なら鳥インフルエンザが怖いですね。
2羽飼っていたのですが、こんな育て方をしていた鳥に生のコメを食べさせたのです。お腹いっぱい食べたのでしょう、しばらくするとキリキリ舞をして死んでしまいました。かわいそうな事をしました。お腹の中で水分を吸ってコメが膨らんだのでしょうね。なまの穀物を食べたことがなかったのです。
もう1羽のほうですが、それからしばらくしてフイと外に飛出して、それっきりかえってきませんでした。野生にうまく返れたのでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

スズメさんは、短い時間でも、ごはんをたくさん食べることができて幸せだったと思います。
いつか、小判の詰まった葛が届きますよ。