FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬式の事ー2

近くにセレモニー会館などない田舎ですから、葬儀は家で行われました。
通夜ですが、あの辺りではご近所や知り合いの方は出席されないみたいです。身内だけで取り行われました。
大体本葬は13:00頃に設定されます。
お斎と言って、ご近所の方々が昼食を用意して葬儀を行う家の人および縁者を接待してくれます。
もっとも今では、仕出し弁当を取り寄せるだけです。もちろんこの費用は葬儀を行う側が持ちます。私の昔の記憶では、仕出し弁当などの気の効いたものはありませんでしたから、ごはんからおかずまで近所の人が作ってくれました。おかずはほぼ定番で、刻み昆布、里芋、人参、牛蒡、厚揚げの煮ものでした。
今回の様子を見ていたら、お世話をしてくださったご近所の方々の分も弁当が取り寄せてありました。私の、これも又昔の記憶では、葬儀が終わった段階で近所の方の手伝いが終わり、その後喪主側がご近所の方を接待するしきたりでした。
葬儀にはご近所からたくさんの方が参列してくれました。到底家には入れませんから、身内以外は全員外になります。
今回は農協が葬儀を仕切っていましたが、外にはテント・椅子が用意されていました。以前真冬の雪のちらつく中で立ちんぼうをした経験がありますが、つらかったですね。
葬儀で驚いたのが、浄土三部経のお経が終わった後「仏教賛歌・・・御仏に抱かれて」と言う歌を全員が歌っていたことです。随分葬式に行きましたが、これは初めてでした。何十年も前に同じ地区で行われた義父や義母の葬式にも行きましたが、この時にはうたわれていませんでした。
あとで土地の古老や、お坊さんに聞いてみたのですが、はっきりしたしきたりのようなものは無いようでです。どうやら、農協が特色を出そうとしてやっているみたいですね。

それと喪主がかつて県議の秘書をやっていたためでしょうか、弔電に安倍信三や前官房長官の河村などの名前があったのも時節柄でしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。