スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹富島ー3

竹富島は、島のオジイ・オバアの語りで観光する予定でした。迎えに来たオバアの説明で始まったのですが、間もなく雨が降り出して、途中でほうほうのていで島の食堂に逃げ込み飲み物を頂きながらの雨宿りに成ってしまいました。じっとしていることの嫌いな私が座りもせずにウロウロしているのを見かけた店の女主人が「3軒先が」安里屋の生誕の家だから、見に行って来なさい」と知恵を授けてくれました。
これがその家です。

画像


辺りをキョロキョロしましたが、絶世の美女は見当たりませんでした。仕方がないので港で見かけてお祭りの看板から頂いた画像を。安里やクヤマさんはこんな佳人だったのでしょうか。


画像



竹富島に、琉球政府から役人が派遣されてきました。その中の一人で「目差主」という身分の者から クヤマはプロポーズを受けたそうで、プロポーズと言っても、現地妻のようなものであったようですが、いずれにしても クヤマはこのプロポーズを断りました。「目差主」という身分は今で言えば村の助役のようなもので、 村長の下の身分です。そのため、クヤマは私は助役の妾になんかなりたくない、なるなら村長の方がいいと言って断ったそうです。
目差主レベルでは嫌だ、村長さんなら結婚するが・・・と言って振ったとするとクヤマさんは結構セレブ志向だったようですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セレブ志向は上手いですねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。