FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の防潮堤

半年前にこんな海岸堤防を見た。

画像


出来あがった海岸堤防の陸地側に堤防と同じように仮堤防で使っていた土砂を摘みあげている。理由がわからなかったが、土砂を又別の所に運ぶのが大変なので、補強の意味も込めて積み上げているのだろうとかってに解釈をしていた。
所が今日そこに行って見ると、あて推量がまったく違っていた。

画像


画像


画像


写真の様に積み上げられた土に、トベラやマサキ、白樫などの苗木が植えつけられていた。
やっと理由がわかりました「緑の防潮堤」にしようと言うのですね。震災直後に、やれ殺風景なコンクリート製の防潮堤がどうのこうのと批評家が騒いでいましたが、いつの間にかその騒ぎが消えていきました。時間のかかる樹木による防潮堤など論外だと思っていましたが、こういうやり方もあったのですね。さすがです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

木があることでコンクリートとはまた違う防波ができるみたいですものね
上手く両方使って景観と機能を高めてもらいたいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。