FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウバ族のゲル訪問

私たちのトレッキングの荷物は、フタコブラクダで運びました。で、このラクダなのですが、公園の北ゲートであるホーエグレから一山越えた所、つまりBCから流れ下っているホワイトリバ沿いに住んでいるトウバ族がラクダを扱っています。一山越えてホーエグレにやってきたわけです。また此の川沿いにはこの人達が聖なる山とあがめるシーベルトハイルハンと言うのがあります。此の山麓に有る世界遺産の岩絵を見に行く途中、このトウバ族のゲルを訪問しました。ゲルの内部のつくりは、先に見たカザフ族の物と同じでした。天井にリール付の釣竿がありました。其れについての質問をするのを忘れていました。
奥さんがミルクティーを作り、ご主人が直接お椀に次いで接待をしてくれました。

画像


画像


部屋の隅では多分息子さんでしょう、馬乳酒の入っている袋を櫂のようなもので撹拌していました。多分これは私たち向けのデモだったのでしょう。

画像


話しとして電化の事に及びましたが、そうしたらTVを付けて見せてくれました。

画像



記念写真を撮るのが好きな人たちがいます。ご主人をかこんで撮っていました。横からちょいと写してみたんですが・・・。どれが住人でどれがゲストか区別がつきませんね。

画像
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、屋内(テント内)で帽子着用なのですね。
基本的に、 帽子文化の地域でしたか?

No title

そのようです。もともと屋外の作業ですから頭を保護する意味もあるのでしょう。

No title

サイトでおとーちゃんの写真に「現地の○○さん」と適当な解説をつけておいてもばれないレベルですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。