FC2ブログ

荷造り

昨夜21時ころに旅行社から今回のモンゴルツアーに関して連絡が入りました。
毎回ツアーリーダー鵜を務める人から挨拶を兼ねて、注意事項が伝えれれます。
先ず、成田―ソウル、ソウルー成田間のフライトは当初計画よりそれぞれ55分ほど遅くなりましたと言う事。。
モンゴルの国内線の荷物の重量制限が、機内への持ち込みの手荷物も含めて15kg以内なのだそうです。
11日間のトレッキングでこれはちょっときついですね。カメラと小型の三脚だけで4kgになります。
それなのに、最高地点では降雪があるかもしれないので、寒さ対策をして来いとか、虫の対策も
しろとか言ってくるんです。ユタンポ代わりになるからアルミの水筒を持ってこいとか・・・。
シャツと替えズボンをカット。粉末のスポーツドリンクをカット。おやつのドライフルーツとサラミ
ソーセージをカット。ストックを2本から1本に減らす。三脚は一番軽いのにして且つケースを外す。
ウエットティッシュを2組から1組に減らす。蚊取り線香を半分にする。薬は全部ビンから出してポリ袋に入れる。
カメラのフィルターを2枚減らす。広角レンズをカットし、ズーム18~200mm1本にする。バッテリーは4本を
(予備カメラを含めて)フル充電しておき充電器はウランバートルに置いていく。
動物を探すための双眼鏡はカット。
ウランバートルまではトレッキングシューズを入れる必要があるので、大型のダッフルバッグを使い、
トレッキング用の荷物は小型のダッフルバッグに入れて(1kg軽くなる)、大型の中にすっぽりと入れる。
抜け殻になったバッグにウランバートルにデポして置く荷物を入れる。
まあこんなことで何とかギリギリ15kgになりました。何とか後2kgほど減らさないと余裕がないねー。
荷物を送るためにJALABCに電話をしたら、最終集荷日が火曜とのことなので、今日から荷造りを始めたのです。まあ明日もう一度軽量化に挑戦してみます。
スポンサーサイト



最後のトレーニング

トレッキングに出かける前の最後のトレーニングと思い天気が良いので蔵王に向かいました。コースは後見スキー場から大黒天経由刈田岳の往復。その後車で刈田峠を越えて山形側の湿原、御田の神園地へ行き散策をしました。出発前にあまり頑張って疲れが残ってはいけないので、山登りはこれで終わりにし、後は平地を歩く事にします。
御田の神園地は、もう10年振りくらいでしょうか。今ならサワランが咲いているだろうと思って出かけました。すっかり様相が変わり、木道が付けられてコースを外れることが出来なくなっています。かつては自由にあるくことができたのですが・・・・。
丁度ワタスゲが綺麗に咲いていました。

画像


画像


で、トキソウは沢山咲いているのですが目的のサワランが中々見つかりません。見つからないからとルートを踏み外すわけにもいかないしと諦めてていたら、本当に最後の所であの濃い赤紫の花を3輪だけ見つけることが出来ました。長さが15mm位の小さい花です。

画像



画像


こちらがトキソウです。こっちの方が一寸背が低いです。

画像


久し振りにサワランが見られて満足しました。