スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

一応年越しソバは食べましたが、我が家にとって大晦日は普段の日と変わりがありません。見るTVがなくて困っています。
今日の散歩は出がけから雨が降って来ました。用意したのでそのまま出かけたら、途中で上がりました。今日はポケットにミカンが一つ入っています。何時も通る散歩道の近く(頂近くですが)に水神様があります。今年のはじめはこの山に有る知る限りの水神さん、竜神さんに初詣をしました。今年1年無事に過ごせたので、お礼をしなければなりませんが、一寸大変なのでこの水神さんだけにお礼のお参りをすることにしました。
それでお礼のお供えのミカンを持ってきたのです。
ミカンを供え、二礼、二拍、一礼でお参りをしました。

画像



画像


来年の事は明日竹駒さんでお願いしようか。
スポンサーサイト

HPのリニュアル

そうそう、11月に作っていた干し柿が(ちょうどたべ頃になりました。子供の頃に食べた味を思い出しました。ナマスに入れても美味しいですね。
先日書いたNHKのグレートネイチュアーの放送で星宿海の事を書いたら、その中の「蘭州」の事について娘からコメントがありました。かつて河西回廊を旅をしたことがあり、その記録をHPにアップしてあるのでその中の蘭州の所を見てみまし。当時HPの閲覧は電話回線で行われていたためにあまり大きな画像を使う事が出来ませんでした。教本などには「せいぜい10秒で表示がされる程度の大きさで」とありました。ですから今見てみると随分貧弱な画像しかアップしてありません。せいぜいこんな大きさでした。蘭州の白塔山公園から見た黄河の流れです。以下画像を拡大してみてください。


画像


行ったのは2000/7でした。此の頃はデジタル写真はまだまだで、フイルム写真が全盛期でです。でもフイルム代が高く、かつ持って行くのも大変で、1日に36枚撮り1本と決めていました。だから写真も非常に少ないですね。今では1日に300枚位を撮っています。
そのフイルムに写していたものを後日CDに保存をして保管をしています。それを開いてみました。同じ写真を
大きくしてみました。

画像


このくらいでないとうまく伝わりませんね。もう1枚、これには妻が小さく写っていました。

画像


これを見て感じたのですが、今の時代ですから画像を大きくしてルニュアルする方がいいようですね。
ボチボチ取り組んでみますか。

ニス塗り

築後40年近くなると家もだんだん傷んできます。ニスを塗った所もその一つです。
調べていくと、家の北側の柱などはまだピッカピカで全然痛んでいませんが、東や南側の太陽の光りが直接当たる所は随分と痛んでいます。そんなところを中心にニス塗りをしました。めぼしいところは一応は塗り方が済んだのですが、仕上がりを見るとひどいところは一度塗りだけでは駄目なようで、もう一度塗らないといけません。
それはそれでいいのですが、寒いからなるべく部屋のドアー屋窓を閉めたまま塗ったので部屋中にシンナーの臭いがこもってしまい、気分が悪くなってきました。今度は暖かい日にドアーを開けたやることにします。

星宿海

昨日と今日の2回にわたってNHK BS TVで黄河源流に有る「星宿海」に至るまでの黄河の様子を銀川から遡行して放映していました。いわゆる黄河の源流地帯です。銀川は行ったことが無いのですが、途中の蘭州は行ったことがあるし、青海省に入ってからはこの7月に行った所なので、楽しみにしていました。
昨日分はビデオに収録しておいてそれを見て続いて今日の分をTVで見てつなげてしまいました。
随分と期待をしていたのですが見覚えのあるシーンは、蘭州、リュウガジの町と黄河、アムネマチン山、オリン湖周辺だけでいささか期待外れ。また星宿海に至るまでも、道のりが難なく行けているようで物足りなかった。星宿海そのものも描写不足の嫌いがあった。多分次に放映するために小出しををしたのだと思われる。

健康保険証

こちらの健康保険証は今日で使えなくなりました。


画像


生年月日がS14/12/28ですから、74歳は今日で終わりです。明日からは75歳。と言う事で、こちらの健康保険証に切り替わります。

画像



こんなのを使うのは遠い先の話だと思っていたのですが、ついにその時期に来てしまいました。あまり使わないようにしなければなりませんね。
そういう事で、昨日まで右肩の痛みで、毎日リハビリにかよっていたのですが、今日から中止しました。多分このままで自然治癒していくだろうと思っています。今までやってもらっていたマッサージを自分流にアレンジして、治療していきつもりです。
痛みははほとんどなくなりましたから・・・。ta.

ツアーパンフレット

先日、良く使う旅行社から来年4月度からのツアーのパンフレットがドッサトいうほど、本当にどっさっと届いた。
年に二回、4~9月分と、10~3月分に分けて届きます。
総合パンフレットが中心だが、そのほかにチベット、シルクロードの冊子も届いた。そのうち「世界の山旅」と言うのが届くはず。このほか追加して企画したツアーはその都度、パンフレットが届きます。
私がこの旅行社を使い始めたころから見ると、行き先は元のままの物もありますが随分変わってきました。交通の便が良くなったこともあるでしょうし、中国の様に解放されていなかったところが解放されたというのもあるでしょう。
NHKの番組に「グレートネイチャー」と」言うのがあって、世界の秘境辺境のまだ知られていないところを紹介するのがあります。これは面白いので必ず見ています。これで紹介された所は2~3年後には、ツアーとして登場してくる確率が高いですね。ですからパンフレットを見ていると、放送された番組を思い出しますし。

此のパンフレットは先のようなこともあり、私には読み物として面白いものですから、結構目を通しています。読みながら空想の翼を広げています。何しろどれもこれも行くと言う事はできませんからねー。
此のパンフレットを見ていて行って見たくなったのは、エチオピアのダナキル砂漠とエル・アレタ山、中米のコスタリカです。行こうと思っていたモロッコとイランはまた先に伸びそうです。

浴室の掃除

浴室の掃除は天井、壁面を洗わなければなりません。壁面はともかく天井を洗うとなると、洗剤・水を被ることは必至。と言う事でセパレーツのレインコートを着て掃除を始めました。やっぱりやれば綺麗になりますね。ただメジに生えたカビは中々取れません。これは仕方ないですね。暖かくなったら再度挑戦してみます。
「終わりました。後何かやることがありますか?」と尋ねたら「ありません」との返事が返ってきました。やれやれです。
但し、これは1月中にやればいいことなのですが窓枠と出窓の木造部分のニスとペンキ塗りがあります。雨と日差しでやられてしまっています。今手入れをしておいた方がいいと思うのでやることにしました。それともう一つは、サクランボの剪定です。良い実をならせるためにはやらねばなりません。

年末大掃除

障子を張り替えて、これで私の担当がすべて終わったと思っていたら、まだレンジフードの掃除が残っていますよと言われてしまった。
そう言えばそうだ、忘れていた。油汚れだからこれの清掃はなかなか大変です。でも、思っていたよりは汚れがひどくありませんでした。夏場にやってあるからでしょう。2時間ほどで終了しました。
これでやれやれと思っていたら「お父さん、浴室はどうしましょう」ときた。やれとは言われないのですが・・・、やらねばならないでしょう。年を越したら、旅行の申し込みをしなければなりませんから、機嫌を損ねることは出来ません。まあ精を出してやります。

障子の張り替え

今年の年末の掃除・片付けの最後「障子の張り替え」を行いました。
何時もそうなのですがシミュレーションでは上手くいくのですが、本番となるとなかなか上手くいきません。相手が紙ですから、糊付けしたらあとは一発で張り付けないとダメなんですね。糊が付くと紙が伸びてしまい駄目になってしまいます。
まあそれでも破れているよりはましな態に貼れました。1枚の障子に6枚の紙を貼っていくのですが・・・。今日使った紙は模様入りです。3枚目の紙を張り付けて気づきました。1枚が上下逆になってしまいました。黙っていたのですが、妻が目ざとく見つけました。まあ・まあ・っま・・・です。それから、最後の手段、霧吹きでサーット湿らせます。これで乾くと、紙がピーンと伸びて、すべての不具合が消えてしまいます。やれやれです。

入れ歯安定剤

部分入れ歯を2ヶ所しています。作った当時は取り外しなどがちょっときついくらいでしたが、ここに来て大分ゆるくなってしまいました。こうなると食べ物のかすなどが結構入れ歯のあたりに溜まったり、引っかかったりします。食事の後すぐに掃除をしないと気持ちが悪いくらいです。そんなことで今TVなどで良く宣伝をしている「入れ歯安定剤」を買って試して見ました。シリコンゴムの様にやわらかいものと思っていたのですが、粘着性が少し有り結構固いですね。チュッブから絞り出すのに力が要ります。
で使ってみた感想ですが、成程結構効果がありますね。食べ物のかすが内側に入り込まないし、入れ歯のがたがたも消えます。少し使って様子を見ようと思います。

OB会東北支部の総会」

裏では色々なことがあったのでしょうが、総会は終わりました。私は総会だけ出席して、後の懇親会には出席」しませんでした。もともと飲めないやつですから、こういうのは苦手です。現役の頃は、自分を殺して出席していたのですが・・・。アルコールが入ってくどくなった人の話を・・・つじつまの合わない話を・・・・素面で相槌を打って聞いているほどばかばかしいことはありません。
それともう年寄りになってしまい、今の会員の中では少々異分子に成りかけています。そっと引き下がっているのがいいでしょうから・・・。

肩の痛み

11/8より整形外科リハビリに通いだしてもう30日を越えました。この間中々良くなりませんでした。
それはそうと、リハビリの待合室というより廊下ですね、そこの椅子に座っていると張り紙が目に入ってきます。
お客様へと言う連絡の下に「セラピスト」と言う文字が見えます。最初は何だろうと思ったのですが・・・・。成程、マッサージ師ではないんですね。かっこよくセラピストと言うんですね。
そのセラピストが5人いますが、来たお客様を順番に担当していきますから、その日によってマッサージをしてくれる人が違います。所で、5名ともにみんなやり方が違うのです。まあ、マッサージですから違いがあって当然なのでしょうがね。中にほっそっこくて若い女性のセラピストが居ます。彼女を見ていると体全体を使ってやっています。男性なら力があるから、親指で押すような動作も彼女は肘を使ってやっています。一人10分間のマッサージを連続でこなしていますから、中々大変な重労働ですね。
さてと、なかなか良くならなかった肩の痛みもここに来て随分良くなってきました。来週もう一週間通えば、後はは自然治癒を待てばよさそうです。

快晴です

凄く良く晴れました。但し風は強いです。ガラス戸をあけると強い風が吹き込んできます。仕方がないので、ガラス戸の内側だけ拭き掃除をすることにしました。ところがこれがなかなか大変なのです。
良く晴れているから、太陽の光が燦々と差し込んできます。だから部屋の中が温室みたいに暖かくなります。ところが外は冷たい風が吹き荒れていて、ガラスが冷え切って冷たくなっています。だからガラスにどんどん結露がしてくるのです。先ずはこの結露をした水を拭き取らねばなりませんが、拭き取った後から後から結露してきます。考えに考えた挙句、結局はガラス戸をあけて外気を入れ部屋の温度を下げざるをえませんでした。暖かい部屋で掃除ができると思っていたのに当てが外れました。
午後は3日ぶりに散歩に出かけました。道路の雪はほとんど消え、日陰でもそんなに固くは凍り付いていませんでした。山の中の積雪もせいぜい5~6cm、深いところでも10cm程度でした。
道中、ウソ(野鳥)が沢山遊んでいました。

これはウソの顔を正面から見たところです。


画像


これは普通に

画像

チベット旅行の事

昨夜ビデを録画しておいたNHKの「聖山カイラス巡礼」のビデオを見ました。カイラスの巡礼の旅は6年前に行っています。2008年9月、ラサで暴動があった年です。その時のコースはカイラスよりさらに先まで、28日間の旅でした。
そんなことで自分の行った時と今ではどれだけ変化をしているのか、それに興味がありました。
先ず第一はラサのジョカン寺の周りを巡礼するパルコルの変貌ぶり。出店が巡礼路にそって両側に所狭しと並んでいたですがすべて無くなっていたこと。大きな建物を作り、すべてその中に入れてしまったとのこと。ここで写真を撮っていたら、銃を持って巡回パトロールをしていた軍人に写真を見せろと検閲をされたことがありました。

画像


ポタラ宮殿の周りを五体投地をしながら周っていた人たちがいたが、これもフェンスを作り出来なくしてしまっているとのこと。

画像


何処に盗聴器いが設置されているかわからないので、政治に関する話をしないでくださいと言われたことがありました。

ラサからシガツエ迄鉄道が走っているとのこと。私たちはギャンツエで一泊、二日の旅でたどり着きました。水葬場を見たり、4900mの峠を越えたりしてたどり着きました。

画像


番組によるとラサからカイラス巡礼の起点になるタルチェンまでは舗装道路になっていました。私たちが行った時にはまだ四駆に時代でした。4日間をかけて走りました。


画像


巡礼の起点タルチェンには、立派な招待所が建てられていました。私たちの頃は、同行の志が、トイレの余りの汚さに便秘になってしまったような招待所しかありませんでした。町もこんな状態です。

画像


今では、巡礼をするにも許可証が居るようです(当然お金が居ると言う事です)。ちょうど1日めの宿泊所ですが今では立派な招待所が建てられていて、暖かい食事も提供されるようです。私たちの頃はテント泊でした。
このあたりに招待所が出来ていました。

画像


私たちのテントです。大きい家型の物はキッチンテントです。


画像


私たちが使った旅行社の同じツアーでも、最近は日時が短くなっています。道路が良くなったことと、途中に飛行場が出来たために、そこで旅を打ち切り帰途に就くようになったからです。

多分初めて行ったなら今の状態でも感動の連続なのでしょうが、6年前を知っていると何だかさみしい気持ちになります。早く行っておいてよかったと思います。なくなってはいたのでしょうが、まだチベットの良さが残っていたのではないでしょうか。

頑張りました

今日は気温が高いとの予報でしたが、まったく当たらず。昨日よりさらに寒い日に成りました。朝から雪も降っています。こんな日は外に出ないに限ると思って外を見たら、建設工事のおじさん達が雪の中で杭打ちをしていました。それじゃあ私も頑張らねばとおもい、年末の掃除・・・家の中のガラスの掃除をしました。我が家は家の中にも結構ガラスが多いのです。70x70cmほどのガラスが各ドアーの上に六ヶ所、玄関の上には70x180cmが一枚、居間への入り口には60x180cmのガラス戸があります。設計をした工務店の人が、次に自分の家を建てるのだと言って結構色々と我が家で実験的なことをしていきました。その結果なのです。おかげで各所の部材は工務店もち、またプレハブ住宅で使わなくなった部材なども提供してくらました。ガラスを多用した結果は、部屋が随分明るくなります。特に夜隣の部屋に写るときなどは照明をつける必要がありません。
そういう事で今日はこの窓ガラスの清掃をしました。やっぱり手が冷たくなります。
午後からは病院の梯子で、内科で血圧の薬と整形外科で肩のマッサージです。肩の方は、日常生活には全く支障がないのですが、なかなか良くなりません。根気が要りそうです。

年末の大掃除

物凄くいい天気だけど、寒い一日でした。でも、そろそろ年末の大掃除にかからねばと思い思い切って始めました。先ずは窓ガラスからと思い、網戸の掃除から始めました。
セパレーツのレインコートを着こみましたから、風を通さないので体は暖かいのですが、手がねー。12枚ほどざぶざぶと水で洗いました。正午頃になると、風が強くなって来たたので、今日の掃除はこれで終わり。先がながいですねー。
先日からの雪や雨で車も結構泥を被って汚れていたので、ついでにその掃除もしました。午前中は結構頑張りました。
午後は例によって散歩に出かけましたが、田圃の中では冷たい風で震え上がりました。でも山の中は無風。天気が良いので、蔵王が見えるかと思っていきましたが、残念ながら、山頂部は雲の中。それより300~400m低い北蔵王のピークはくっきりと見えていました。
雁戸岳1485mと秋保の山大東岳1365mです。

画像



画像

散歩

午後散歩に出かける。今日は一寸遠くまで行く予定。出発前に妻が、今日は雪が降りそうとだからやめにしたら?という。いや雪が降るときは散歩ができる、積もってしまうと出来なくなるから、今日は行かなくてはならないのだと・・・・。
途中、チョロチョロ飛びまわる小鳥の群れに出くわした、沢山の奴が本当にチョロチョロ動き回り、中々写すことが出来ない。おまけにブッシュや木の枝の中に入り込むので、小鳥の前の枝にピントが合ってしまい、中々シャープなものが写せない。

画像


画像


画像


その後アカハラやジョウビタキやウソや雌キジに出会ったが遠すぎたりブッシュの中だったりして上手く写せなかった。昨年はとんと小鳥に出会えなかったが、どうやら今年はたくさん見られそうだ。

ジョウビタキです。

画像




散歩を続けて一番遠い所、つまり折り返し地点に達した時、雪が降り出した。それも結構激しい降り方で・・・・。出がけに、強がりを言った手前、麓まで迎えに来てくれとは電話をすることが出来ない。家から迎えに行こうかとの電話がないか心待ちにしていたが全然かかってこなかった。まだべた雪だから結構濡れました。

画像



山を下りてやっと電話がかかってこなかった意味が分かりました。平地はほとんど降った居なかったのです。

排水トラップ

ツイッターでも一寸書いたのだけど、最近になって洗面所から浴室あたりで嫌な臭いがするようになった。どこだ、どこだと探し回った結果浴室の洗い場の排水口から臭って来る事が分かった。排水口にラップを貼って塞ぐとぴたりと止まった。下水道からの臭いだったのですね。それではと排水口の蓋を取ってみると、以前はあったトラップが取り付けられていないことがわかりました。こんなお椀のような形をしたやつです。

画像


こんな単純なもので、下水道からの臭いがふせげるのですねー。
夏場に、浴槽の取り換えをしているからその時から付いていないことになります。暖かい時期には浴室の湿気を排出するために、窓を開けていたから臭いがこもらなかったのかもしれないと推測しました。
まあ何はともあれ、浴槽のとりかえの施工業者に電話をして、来てもらいました。
やってきた工事のおじさんは、マイナスドライバーとハンマーを持ってきました。なんで?と思いましたが、先ずは浴室内を見てくれと頼みましたがほとんど相手にせず「臭い止めのトラップは二つ取り付けるのはダメなんです、だから取り付けていないのです。排水枡に有りますから。」と言う。
で、屋外に有る排水枡の蓋をあけました。だからドライバーとハンマーが必要だったのですね。
排水枡の構造はこんな具合になっていました。

画像


こんな単純な構造です。これは修理後の様子です。ここに溜まっている僅かな水で臭いを止めているのですね。
それでどこが悪かったかというと、図で示した縦に伸びている塩ビのパイプが脱落していたのです。この工事をしたのはもう25年も前の事です。だから接着剤が劣化してエルボーから脱落したのでしょう。業者は、話を聞いた時点で、不具合箇所がわかっていた模様です。よくあることなのでしょう。
結果は上々、臭いがぴたりと止まりました。」

寄付

国境なき医師団から、エボラ出血熱治療にご協力をと寄付を募る手紙が来た。東日本大震災の折、知り合いから「震災お見舞い」が来たが、ほとんど無傷だった我が家としては、受け取るにはいささかはばかられた。とは言っても、せっかくのご厚意を返却するわけにもいかず、了解を得て国境なき医師団に寄付をさせてもらったいきさつがある。震災関係は、我が家としては、破格の義捐金を岩沼市に出していたので、こちらにしました。それ以後、時々こうした手紙がやってきます。
しかし、災害が多くてなんだかんだと寄付が多く、それぞれにはなかなかつきあっていられません。今回はパスと思っていました。そんな時に、ブロバイダーのビッグローブからあなたのポイントは680ポイントありますというメールが来ました。よく読んでいくと、ポイントをエボラ出血熱対策に寄付ができると出ていました。これはいいことだと思い全ポイントを寄付しました。
もうなんだったかを忘れてしまいましたが、過去にも3回ほどビッグローブやNTTのポイントで寄付を下記憶があります。

免許更新

運転免許証の更新をしてきました。これからは3ン円ごとの更新に成ります。
先に高齢者講習を受けてあるので、ここでの座学講習は受けなくても良いと言う事で直ぐ公布されさっさと帰ってきました。何だか年寄りの面倒は、丸投げしているみたいですね。
それにしても、毎回思う事ですがここの写真機はだめですねー。本人はもっといい男だと思っているのですが、免許証に写っている顔は自分でないように見えます。

一寸長距離

久し振りで長距離を歩いてみようと思って、阿武隈川の堤防歩きをしました。家から堤防に出て、上流に向かって柴田町の白幡橋までさかのぼり、次いで槻木大橋迄引換し。大橋を渡って亘理側へ。流れに沿って阿武隈大橋へ、橋を渡って我が家に戻るコースです。約18~19kmはあると思います。休み時間を入れて約4.5時間かかっています。久し振りで疲れました。
途中何か大きな鳥らしきものが樹に止まっていました。そっと近づいて撮ってみました。どうやらワシ?みたいです。

画像


撮ったしゅんかん足元から鳥が飛び出しました。キジだ!慌ててシャッターを切る。近すぎて動きが速い、シャッター速度が追い付かないボケた。(低感度に設定していた)

画像


目をもとに戻すと、ワシらしき鳥の姿が消えていた。アレッと思って空を見上げると、大型の鳥が悠々と空を舞っている。オジロワシだ。

画像



画像



画像


確か今年の初めに出会って以来。こんなにゆっくりと大空を舞ってくれたのは初めて。雄姿を堪能できました。

家の周りが変わりそう

いままで私たちが住んでいる一角の一番南端がずーっと空き地になっていました。駐車場にするなど便利に使っていたのですが・・・。この土地を購入した方が転勤になりそのままになっていたのです。もう35~6年にもなるでしょうか。それがどうやら売りに出され、買い手が見付かって早速家を建てられるようです。なんでも来年5月完成予定だそうです。
また我が家の並びの前はこれもずーっと畑で、老夫婦がいろいろなものを作って見えました。収穫したものを頂いたり、又ある時期には私たちに少しずつ耕作地を貸してくれたりしていました。そのご夫婦もなくなり、後を若夫婦が作って見えたのですが、大変なようでここも土地を売りに出されました。ここが畑だったお蔭で、日当たりが良いし、雪がつもったときなどの雪捨て場にもなっていました。ところが先日、ここにも建売住宅を建てると、業者さんが言ってきました。これも来年5月頃に出来るそうです。
そうなると我が家の周りもずいぶん変わります。狭苦しくなってしまいます。これも仕方のないことですね。ただ我が家のすぐ前の土地は、細長い三角形の土地なので、建物を作ることは出来ません。その所に少し期待をしているのですが・・・。、
でも悪いことばかりではないのです。町内会は、何軒かをまとめて班と言うものを作っています。物事をすべてその班単位で行っています。町内の役員もその単位ごとに選出しています。ところで、私たちの班は7軒で出来ているのですが、古くからある班なので、住人がすべて老人ばかりになってしまいました。一番若いのが私の75歳なのです。いま私が町内会の役員を遣っていますが、次になる人は私よりはるかに先輩です。6~8年後にはもう役員をやれるれる年代ではなくなっています。(実のところ7軒の中で夫婦揃っているのは我が家と、もう1軒だけ、でもご主人は病気なのです。)、自分の事だけでも面倒をみれなくなっています。役員をやっていて実はそのことを心配していました。下手をすると85歳にもなってまた私がやらなければならないのかと。でも新しく家が建ちます、入居してくる人たちも若い人たちのはずです。
これでちょっとばかり、安堵の気持がわいてきました。

寒い日

昨日あたりからめっぽう寒くなってきた。今日は(日付が変わっているから昨日だが)初氷が張った。散歩に出かける時、13:00頃だがまだその氷が溶けていなかった。一生懸命に山を登ったが、汗が出ないどころか、寒く感じた。あともう一日の辛抱か。

web通販

夕食が終わり、TVの天気予報を見ているときに電話がかかってきた。相手は、毎年通販で年越しソバを注文している山形のソバやさん。なんでも、メールで宣伝文を送ったが「Un known」で帰ってくるので、電話で連絡をしてきたのだそうだ。そう言えば今年になって、迷惑メールが急に多くなってきたのでアドレスを変更していたんだ。関係する人には全部連絡をしているが、ソバ屋さんまでは連絡をしていませんでした。
もう5年以上同じ店から届けてもらっているので、わざわざ連絡をしてきてくれたらしい。内容は、今年は注文の締め切りを早めて、12/10で打ち切りたいのでそれまでに注文があるならしてくれと言う事でした。
折角連絡をしてきてくれたのですが、お歳暮代わりに届けていた方が居なくなったので今年から中止をしようと思っていたところでした。我が家の分はたった2食ですから、どこかで手配をすればいいことですからね。
こんな律儀な所もあるかと思うと、先日書いた果樹園からはまだ請求書が届きません。どうしているんでしょうね。

のんびりした話

お歳暮のシーズンが来ました。昨年山形の某果樹園から、特別に大きいサイズの洋梨・ラフランスを送ったら好評でした。今年も件の果樹園からパンフレットが届きました。それではここから今年も送ろうかと、注文書を書き始めたのですが・・・・。料金は送料も含めてちゃんと記載されているのですが、その料金をどのようにして支払うのかがまったく書いてないのです。注文をしたらそれに対して料金や支払い方法などを知らせて来るのかもまったく書いてないのです。通常は注文を受けたら支払方法を知らせて来るか、または注文時に代金引換・銀行振り込み・コンビニ支払いをするとかが、書いてあるのですが・・。仕方がないので「支払はどうするのだ」と電話で聞いて見ました。その返事は、発送をしたらその時点で代金の請求書・支払方法の選択などの書類を送りますとのこと。成程・・、それにしても現物を送ってから請求ですか!
おおらかですね。まあ、それを聞いて、この昨年と同じところに送るのだが此の電話で注文してもよいかと尋ねると、住所氏名などに誤りがあるといけませんので、注文書を送ってくださいという。でも、私の所に送ってきたパンフレットには、昨年送った先の住所氏名と数量を記入した用紙を同封して送ってきているではないか、あなたの所で控えががあるでしょうと言うと、待ってくださいと調べ出しました。やっぱりありました。そういう事で注文は電話で済みました。
所で、今年はいやに早く発送されたみたいで、昨日送り先の名古屋からお礼の電話が来ました。早く着いたのならそれでいいのですが、請求書が届かないのです。山形から名古屋に送った現物が昨日ついているのに、山形から宮城への請求書が今日になっても届かないのです。のんびりしてますねー。

年賀はがき

今日も昨日に続いて荒れ模様の天気、風が強かったです。山の中に入ってしまえば、風は弱まりますから出かけました。但し今日からはキャップに変えてニットの帽子をかぶることにしました。寒さよりも吹き飛ばされないためです。出かけると、やっぱり時雨ですね。
今日、年賀はがきの印刷を始めました。従来はインクジェット用を買っていたのですが、新しく買ったプリンターが顔料インクですが光沢紙に対応しているため出来あがりが綺麗なようにと思って「インクジェット写真用」と言う葉書を買いました。なんと1枚につき10円も高いのですねー。62円支払ってあるのに、書き損じた時の交換は52円しか戻ってこないのです。なんか騙されているみたいです。
早速印刷に掛かりました。ところが、インクジェット写真用には新しいプリンターが対応していことがわかりました。調べていくと、年賀状は染料インク対応で顔料インクには対応していないのです。
プリンターを設定していくと「インクジェット葉書通信面」と言う項目が出て来るのですが、光沢紙だからと思って「他社光沢紙」で設定して印刷してみました。だめですねー、インクの吐出量が多くてうまくいきません。
それではと、「インクジュエット葉書通信面」と言う設定でやってみました。これなら何とかいけるレベルで印刷出来ました。でも、早速印刷の仕損じで交換することで10円損をしてしまいました。
所で、ここで書き損じの葉書を寄付してくださいとやっているんですね。

〒169・8611東京都新宿区西早稲田2の3の1、早稲田奉仕園内 シャプラニール「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」係へ。来年3月末まで。

たしか昨年の使っていない年賀状も数枚残っている筈です。ここで有効に使ってもらった方がよさそうですね。
もう葉書は使わなくなっていますからね。

時雨

今日は大荒れの一日。強風が昨夜から吹き荒れ、綺麗に染まっていた木々の葉が全部吹き落された終いました。昨日まであれだけ華やかだった、山肌もすっかり色が消えてしまいました。

画像


今日の姿。
画像


仙北・栗原耕英では36cmの積雪があったそうだが、こちらは一日中、典型的な時雨模様でした。散歩に出かけようとすると降ってくる、次に外をのぞくと晴れている。思い切って出かけました。いよいよ山の中に入ろうとしたところでまた降ってくる。諦めて戻ってきたらまた晴れてきた。
いずれにしても陰鬱な一日でした。前にとりだめていた写真ですが、気晴らしに鮮やかなものを・・・。錦織。


画像



画像

高齢者講習

運転免許証の更新時期がやってきました。70歳以上になると、更新前に高齢者講習と言う講習を受けなければなりません。受講場所は自動車運転教習所です。受講料が6000円もかかります。教習所の教官には、警察からの天下りが多いと言う事を聞いていますが、今回も警察がこんなことを決めて天下り先をもうけさせようとの魂胆なのでしょう。
70~74歳までと違って75歳以上は高齢者講習を受けなければなりません。そのうちの予備講習は、一寸人を小馬鹿にしたような内容で、いささか憤慨ものです。
自分の判断力、記憶力、時間の見当、手掛かりによる記憶力、時計で時間を示す…などでこれが75歳以上に追加されています。
此の結果だけでは免許の更新が出来なくなる事は無いのですが、事故を起こした時にそれに関する得点が低かったならば、医者に行くことを義務付されたり、その結果によっては免許の停止になるとのことです。
本番ですが、先ず時計を収納させられます。
問題1:今日は何年何月何日か?ここで強調していたのが「何年」は「なんねん」と読み「なにどし」ではないと言う事。「午年」ではないと言う事です。日常の記憶の判断です。後で考えると、これは記憶を紛わせるための会話だったのかもしれません。
問題2:今何時だとおもうか?時計はありません。
     ここでプロジェクターで4つの絵が示されます。これが4枚、計16枚の絵が示されます。これを記憶しておくことと指定されます。また此の時にそれぞれの絵に対してヒントが与えられます。たとえば「牛」だったら「動物」、「鍋」だったら「台所用品」のように。これを関連付て記憶をしろと言う事です。
問題3:ランダムな数列が何列か示されます。その各々の数列に関して「1と4」を斜線で消しなさい、「2と3と7」を消しなさい、という問題です。正確さと速さの試験ですね。
問題4:先に見せた16枚の絵がなんだったかを書かせます。順序は問いません。
問題5:今度は16枚の絵に対して先にあげたように「動物」「台所用品」と言うように「ヒント」が書かれた欄に何の絵だったかを記入させます。関連付けた記憶のテストです。
問題6:最後には、時計に文字盤を書かせて、11時10分を示せという問題が出されます。
これって人を小馬鹿にしていませんか?
でもねー、テストに関して質問の意味が理解出来ない人が居るんですね。数列の中から指定の数字を消しなさいと言う問題で、例題を遣りました。本番に入った時に、指定された数字でなく練習で示された数値も含むんだと解釈するんですねー。その他もろもろを見ていて、これは困ったなーと思わずにはいられませんでした。
やっぱり講習は必要なんですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。