FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興海より同徳へ

いよいよ第一回目の黄河との出会いの時です。興海より40分ほどでその出会いが来ました。

画像


画像


驚いたのが意外と小さな流れであることと、水が澄んでいることでした。これは私だけでなくみんなそう思ったようです。現地ガイドが「小さいけど間違いなく黄河です」と言ってくれました。
黄河と言えば「茶色く濁った水」なんですが・・・。この疑問には同行の物知りバアチャンが答えてくれました。黄河の泥の成分は世界一大きいのだそうです。だからダムがあるとそこで沈殿してしまいその下流では水が澄んでいるのだそうです。黄河には小さなダムが沢山あり、小規模な発電がおこなわれているのだそうです。すぐこんな標識が出てきました。納得です。


画像


此のあたりが今回の旅でただ1っ箇所の、荒涼たる風景・渓谷と呼べそうなの所でした。

画像


さらに進むこと2時間余り、こんな風景が出て来て今夜の宿泊地「同徳」に到着しました。

画像


画像


同徳はそこそこ大きな町でした。

画像


招待所に入って真っ先に驚いたのがこれ・・・・。禁煙だけではないのですねー。

画像


高台の宿だったので、町の探検が出来ませんでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。