FC2ブログ

ワラビ

この所千貫山への散歩の目的は、ヒメギフチョウを探すことを主眼にしています。残念ながらまだ見つかっていません。今までヒメギフチョウを見かけた経験からすると、食草はあるものの標高が少し低すぎるように思います。標高はもう100m位ほしいところです。望みは少ないかもしれません。
今日も気になっている所があったので出かけました。黄色と黒の縞、すわヒメギフチョウと思ったら何のことはない春型のキアゲハでした。
やまごえで帰路に就こうとしていたら、誰かがワラビらしきものを採っている。あるのかなーと思いちょっと踏み込んでみたら結構あるんですねー。となるとついつい欲が出て、せっせとワラビ採りに励みました。気づいたら時間が相当経過していたので、山越えを諦めてさっさと帰ってきました。それでも19000歩ほど歩いていました。
裾分けをしてもまだこれだけ残りました。

画像


途中で見かけた白色のタンポポです。色そのものよりここに咲いていたものがすべてニホンタンポポだったのには驚きです。最近はとんとみかけなくなっているのですげねー。この土地はよほどのアルカリ土壌なのでしょうね。日本タンポポはアルカリ土壌、西洋タンポポは酸性土壌を好みます。

画像



次はミツバアケビの花です。太陽に透かして見たらすごくきれいな色でした。

画像


同じところで見上げたら若葉も透き通って葉脈の一本々々まで見えてきれいでした。

画像
スポンサーサイト



色々

風呂の工事代を納入した。
町内会夏祭りの資料を作成中。
7月に行きたいと思っている旅行の申込書が届いた。

45年ほど前に同僚だった方(職場結婚でご夫婦になって見える)から便りが来た。このご夫婦とは山仲間だったが、ご主人の方は、定年前に脳梗塞で倒れ早期退職をされた様子。その後二人三脚でリハビリに努めて見えるとか・・・。大阪府豊中市にお住まい。中に宝塚100周年記念の切手シートが入っていた。
同封の切手とともに「宝塚の歌劇」を見たことがあるか?と聞いて来ていた。当然「ない」の返事が返ってくるのを想定してだが・・・。
でもねー、残念ながら「見たことがあるんです」、19歳ころのことです。
当時会社の寮に入っていました。寮には自治会があり、その自治会が1年に一回慰安旅行を行っていました。まだ貧しい時代でしたから、それが随分な楽しみでした。男ばかりの団体が宝塚のレビューを見るというちょっとしたいたずら心で計画をしたのでしょう。そんなことで、見たことがあるのです。当時のトップスターは「加茂さくら」で、演目はクレオパトラだったと記憶しています。ラインダンスを見たりとかで、田舎出の私には実にまばゆい見ものでした。遠い日の懐かしい記憶です。