スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウ

先ず今日のサクランボの収穫は0.5kg。これまでで6kg収穫できた。

今日の散歩は、グリーンピアい岩沼往復。蝶が沢山いました。
先ずは固体の少ないスミナガシに出会えました。カラスアゲハが飛んでいたのでその先を追っていたら、キマダラヒカゲが飛んでいました。それがクヌギの木にとまりました。よく見たらそこは、樹液の出ている所で、スズメバチが止まっていました。

画像



画像


そこを良く見てみたら・・・・、スミナガシも一緒に樹液を吸っていました。スズメバチも別にほかの物を追っ払わないのですね。オッカナビックリ、こんなにじっくり見たのは久しぶりです。

画像


グリーンピアは山の中にあり、公園ですから開けています。それに周りには結構雑木が茂る林もあります。蝶にとっては格好の場所なのでしょう。今日も、カラスアゲハやクロアゲハなどたくさん飛んでいました。
カラスアゲハも恋の季節でした。

画像


画像
スポンサーサイト

送金をしました。

7月の旅行費用(保険の費用を含めて)の送金をしました。ATMの前で、「振り込み券はありますか」という問いに「はい」と答えるようでは、浪費ですなー。今日はこれがすべてです。

ツアーの事

今日のサクランボの収穫は2.5kg。最後の裾分け先が完了しました。これから残りは我が家の「サクランボジャム」になります。すでに大瓶1個が出来上がっています。妻がせっせと種を取り出し、砂糖をレシピの1/3位に減らした糖分控えめで作っています。サクランボの風味がそれだけ残ります。その分保存は効きませんが、そんなに長く使うものではありませんから・・。

つぎにツアーの決定通知が来ました。と言うより、お金を振り込めと言う催促状です。案内状は6/18頃になる予定です。決定が遅かった割に、払い込みを6/2までとえらく急がせますねー。まあ仕方ないですね。かつて写真を利用させたのと、同じ旅行社を再利用と言う事で、合計1万円の割引になりました。

抜歯後の点検に歯医者に行きました。結果は良好、チョット消毒液を塗っただけです。診察料が50円。安さの最低記録を塗り替えました。

右下奥歯抜歯

前々日の草刈と昨日のサクランボの収穫が祟って、今日は腰痛が出てしまいました。もっとも、5月には恒例のように腰痛が出るのですが・・・。
先週の左上奥歯抜歯に続き今日は、右下奥歯の抜歯をしました。前回よりは簡単に抜けたようです。もう一つ、左下奥歯のガタがあるために前の歯とブリッジをかけていましたが、奥歯のガタが大きくなりブリッジが外れて浮き上がってしまいました。食べ物がこれに絡まって気分が悪くなっていましたので、これの切り離しをしました。歯医者で、違うところの治療を同時に行ったのは初めてです。
気分がすぐれずにブルーな気分です。おまけに夕食は、タマゴ雑炊とおかずは卵豆腐、ますます気分がすぐれません。
でも只今23時時点ではブルーな気分はどこkさに消えて、元気はつらつとしています。奥歯の軽い痛みを伴う不快と、食べ物が引っかかるる不快さとから解放されているのですからねー。おまけに腰痛も疲れが取れたせいか大分軽くなりました。だから早寝はやめました。
良く考えてみると、夕食時に気分がすぐれなかったのはあれは多分まだ麻酔が覚め切っていなかったせいだと思います。明日は抜歯した後の消毒に行かねばなりません。その後の処置はどうなっていくのでしょうか?

サクランボ

我が家のサクランボが熟れて、今日は今年初めての収穫となりました。
今日の収量は3.2kgほどでした。
今日の収穫したものは、ご近所に初物と言う事で裾分けをしなければなりません。日頃いろいろと頂いているし、秋には散った葉っぱで迷惑をかけていますからね。結構楽しみにしているみたいだし・・・。


画像


カップに入っているのが、裾分け用です。私たちの生食は収穫しながら。チョコチョコ食べるので十分です。
これから1日おきぐらいに収穫をしなければなりません。ただし、これからの分はジャムに加工しますから、熟れ具合を見ながら・・・と言う手間は省けます。少々未熟でも加工には影響がありませんから。

収穫しながらいつも思うのですが、これを子供たちにやらせてその場で食べさせてやれば喜ぶのでしょが・・・・と。でももし小さな怪我でもさせたらこのごろは大変ですから・・・と我慢をしています。

草刈り

久し振りに草刈りをしました。但しよく切れる鎌がないので腕力で刈った始末、疲れてしまいました。
我が家の前は道を隔てて畑があります。ですから日当たりが良く、畑のありがたさを享受しています。特に太陽の高度が低くなる冬場はなおさらです。
畑が作られている間は、道路の肩の草も丁寧に刈り取ってくれていました。
所が最近この畑を作らなくなったのです。持ち主がいやけを刺したのでしょうか?目下売出し中とか何とかの話があります。そんなことで道路の方の部分だけでなく畑の中まで藪のように草が生い茂ってしまいました。今にも蛇が出てきそうな状態です。田圃でも畑でも手入れがなされないと瞬く間に荒れてしまいます。
そういうことで、今日の草刈りとなったわけです。
これから続きそうだから、今度はホームセンターで鎌を買うことにします。

有害鳥獣駆除

散歩の途中、昼食を撮ろうとしたいたところに到着したら、先客が4人いた。仲間に入れてくださいと言って、弁当を食べ始めたら、先客さんが色々話しかけてきた。話が弾んだところで・・・・、みなさん4人とも猟友会の帽子をかぶっている所からすると、猟友会の方たちですね。その方たちがなんで子に時期に集まっているのですか?と尋ねたらこんな答えが返ってきた。「有害鳥獣駆除です。カモとか・・・。」「なんでカモが有害鳥獣なのですか?」
話によると「今田植えをしたばかりです。植えた苗の根には、モミがついているでしょう。それをカモが食べるんです。今それをやられたら,枯れてしまいますからね。」とのこと。成程ねー、そういうことですか。田舎育ちですが、今までそんな話は聞いた事がありませんでした。カルガモさんも悪さをするんだ。

ツアー成立

「花のアムネマチンと黄河源流息を訪ねて」と言うツアーに参加する予約を入れていました。例によっていつも使う旅行社です。メインはブルーポピーを見ることですから、期間限定のツアーで、7/2と7/9初の2回しかありません。7/2発で予約を入れたのが4月中旬でした。最少催行人員は10名ですが8名集まれば催行します、現在5名ですとのことで、HPでは「間もなく催行決定」と出ていました。それなのになかなか決まりませんでした。それどころか、7/9初の分は中止になりそうな気配でした。
やっと今日、催行しますという連絡が来ました。やれやれです。
以前「ガルワールヒマラヤ・花の谷」のトレッキングでご一緒した方が「乗り物でめぐるツアーなのでだんだん荒れています。早く行った方がいいです」と言っていたところです。それから4年もたちましたが・・・・。歩かずにバスで要所、要所に移動しながら、せいぜい2~3時間くらいのハイキングで花を探そうという旅です。
花をめぐるツアーではありますがひかれたもう一つの理由は「黄河の源流地域」であると言う事です。どんなところなのかに興味があります。
5年前に「四姑娘山トレッキング」に行ったときは、トレッキングが主体でしたが帰ってみるとブルーポピーを筆頭に約200種近くの花を写真時収めていました。手当たり次第に撮影し、慎重にとかきれいにとかはすっ飛んでいました。今回は前の経験を生かして、少しはましな写真を収めてきたいと思っています。そのためにも、今から準備を進めねばなりません。まずは手早く三脚をセットできるようにすることです。小さな花をアップで撮るとどうしても手振れを起こしてしまいます。ユキノシタの仲間の花は小さいけどすごくきれいなんですねー。青海湖畔の雄大な菜の花も楽しみです。広角が要りますね・・・と思いはもう旅に馳せています。
7/2の方を選んだのは、町内会の夏祭りが8/3と決まっています。役員としてその準備にかかわらねばならないと言う事もあったからです。もちろん、会長さんの許可は得てあります。
それと今度は、羽田発になるようです。何回も出かけましたが、羽田は初めてです。

防鳥ネット

庭のサクランボが少しづつ色づいてきました。前々からヒヨドリが偵察に来ていましたが、最近はその頻度がグーンと上がってきました。時々早く熟れたのをついばんでいきます。
そんなことで一昨日より、サクランボの木を防鳥網ですっぽりと包みこみ、ヒヨドリから守ることに着手し
午前中に完成しました。


画像


これでよかろうと思って昼ご飯を食べていると、網の中が騒がしい様子です。見に行って見ると、囲った網の中にヒヨドリが入って暴れています。下の隙間から侵入したようです。例年そうなのですが、実に小さな隙間からでも侵入をします。でも同じところから出ると言う事が出来ないようです。侵入するところは探せてもどこから侵入したかを覚えておくだけの知能はないようです。ですから、侵入したヒヨドリは逃がさなければなりませんが、これが大変なのです。出口を大きく作ってやらねばなりませんが、その出口はどうしても下の方にしか作れません。だけど、人間が近づくとヒヨドリは驚いて逃げようとするのですが、それが上へ上へと逃げようとするのですね。これは本能的な動作なのでしょうね。この騒動で落下してしまうサクランボ化結構多いのです。
仕方がないので、丁寧に隙間をなくしました。
これでヒヨドリがサクランボをまったく食べられなくなるのかと言うとそうでもないのです。

画像


ネットの近くで熟れているサクランボはヒヨドリの取り分なんです。器用にネットにつかまって外から食べていきます。

寒ーい一日でした

雨が降り暗くて鬱としいし、おまけにやけに寒い。暖かさに慣れたせいだろうね。
メールアドレス変更の連絡をした人のうち何名かから、文面を添えた返信が来た。こちらは一律にBCCで送ったのに申し訳ないです。と言う事で、今日はその方たちにメールを出した。書きながら思ったのだけど、この方たちとは髄分と疎遠になっている。向こう様も、そんな気持ちからメールをくださったのでしょう。
書くことはどなたのも「何をするにも、やっぱり歳をとったなーと感じます」です。本当だから仕方ないですね。

抜歯後の調子はいいです、というかずいぶん楽になりました。消毒に行ったら、来週は右下を抜歯しましょうと宣言された。やれやれ、歯無になりそうです。

抜歯

ついにその時が来ました。歯周病で今までズーット…15年くらいになるかな?・・歯科医に通ってなんとか自前の歯で頑張ってきましたが、この2月頃より奥歯がガタガタになり、上下のかみ合わせがずれてしまい噛むことが困難になりました。おまけに右下と左上の歯がそんな状態なので、まったく食事がかめません。いい加減な咀嚼で飲み込む始末です。ほかの所は元気なので、食欲は十分ですから困ります。ここに来てその状態がひどくなってきました。
今日は一か月ぶりの通院日です。先生にそのことを話したら「抜いて入れ歯にするより仕方がないですね。それとも今しばらく手入れをして様子を見ますか?」との事。どうしますと聞いてきたから「先生の判断にお任せします」「じゃあ抜きましょう」と言う事になりすっぱりと抜歯をしました。まず左上のよりひどいものからです。抜歯は女医先生でした。抜いたのを見ましたが、奥歯って大きいですね。もともとグラグラだったから抜いた後もなんということもありません。
いまの状態は、Goodです。明日は消毒だそうで、次は一週間後です。多分左上を完成させてから右下へと進むのでしょうね。暫くかかりそうです。ついに入れ歯性価値うになります。

阿武隈川堤防散歩

家→阿武隈大橋→亘理側堤防→荒浜小学校→町をぐるりと→引き返して亘理大橋→岩沼側堤防→河口へ→堤防工事現場→海岸で花さがし→岩沼側堤防をたどり→家。ざーっと26kmになります。このコースここしばらく歩いていません。震災の後を見るために自転車では何回も通ってていますが、堤防の工事が遭ったので遠慮していました。久し振りなので結構疲れてしまいました。
岩沼側の堤防工事はほぼ完了したようです。

画像


最後の仕上げ段階でした。

画像


代わって亘理側の堤防の修復が始まっていました。

画像



画像


亘理大橋より下流側は、まだ応急の堤防ですが、」堤防下を通る道路の移設工事が始まっていました。大分大事になりそうです。

大鹿野林道

今日の散歩は、妻に柴田町の山神神社近くの大鹿野林道入り口まで送ってもらい、そこから林道の終点へ、引き返して途中からグリンピア岩沼に登ってから帰ってきました。そうそう、今日は今年になって初めて蛇を見ました。

柴田町の此のあたりは実に山奥まで住んでいるんですねー。いい加減山奥だと思っていたらまだまだ民家があるんです。車があるから買い物も行けるでしょうが、その昔はどうだってのでしょう。
林道でも結構車が通ります。中の1台が草を刈り取られている道にそれたので、ついていきました。そうしたら・・・。ちょっとした広場があって、大勢にじいちゃんばあちゃんが屯しています・・・いやワイワイ騒いでいます。よく観察してみると、孟宗竹を使ってちゃんとしたベンチが作られ、中央にはテーブルまであります。傍らにはプレハブの倉庫まで建てられていて、のぞいてみるといろんなものがごちゃごちゃと・・・。テーブルにはごちそうと、お酒、そしてそばではドラム缶で作った釜戸でタケノコを湯がいています。

「まあ座っていっぱい飲んでけ。ここに座れ・・。」と招待をされたのですが、ここで飲んだらあとは歩くことが出来なくなります。丁寧にお断りしたら、それではタケノコを持って行けと。でも今歯が悪いから食べられないのです。

最初は神社でもあってそのお祭りかとも思ったのですが、其れらしきものもありません。一体何の団体だったのでしょうね。田植えが終わったのを祝って、打上会?でもねー・・・。
所どころの脇道の草刈りがしてありました。それから推測するに、この林道の雑草の草刈りを引き受けている農家の人たち・・・と言うのが正解かもしれません。

今日はウスバシロチョウがきれいに取れました。柴田町ではみかけるのですが、岩沼では見つかりません。

画像


早くも、カンゾウが咲いていました。

画像

カキツバタ

ハナショウブ、カキツバタ、アヤメ、みんな良く似ていてなかなか区別が難しいです。簡単な見分け方は、ハナショウブは花の付け根に黄色の目のような模様があること。カキツバタはこれが白色であること。あやめは黄色地の網目の模様があること。大体これで区別がつくらしい。
何時もの散歩コースの脇にちょっとした湿原・・・休耕田でしょう・・・があり今ちょうどその花が一斉に咲きだしました。先ほどの区別の仕方からすると、カキツバタのようです。

画像


ここは毎年目を楽しませてくれます。

画像

暗証番号

一番よく使う、さるスーパーマーケットクレジットカードの暗証番号をすっかり忘れてしまいました。このカードは年会費無用の物です。今までずーっと使っていたのですが、それまではサインでOKだったのです。ところが最近は
暗証番号の入力を求められるようになりました。国内もそうですが海外ではなおさらです。
・・・で、入力をしたのですがNG、それではと次をたってみてもNGです。思いつくものをやってみたのですがいずれもNGになってしまいます。思いつくものがなくなりました。
店のサービスカウンターに出向き問い合わせたら、コールセンターに電話をして申し込めば「郵送で暗証番号を知らせてくれる」と言う事でした。へー、暗証番号を教えてくれるんだ。新しく設定しなおすのだとばかり思い込んでいた。
で、電話をしました。おどろきましたねー、初めから最後まで人間様が全然応対してくれず、音声案内だけです。そして最後に「一週間以内に郵送でお知らせします」っと・・・。、
へー、おどろいたねー。それにしてもどういう番号にしているんだろう・・・。

メールアドレス変更

SPAMメールはフィルターをかけているので直接目には触れないのですが、最近多くなってきました。そろそろアドレスを変えようかと考えていたところですが、今日SPAMメールを削除するときに一寸ヤバイナーと思われるものが入っていました。そこで急遽、アドレスの変更をしました。変更そのものはアット言う間に終わってしまいましたが問題はそのあとです。
アドレスの変更連絡を送ったのですが、長い間ご無沙汰している人もあったりで5名の方と連絡がつかなくなっていました。相手さんも変更していたのですね。
中には懐かしい方からわざわざ返信を頂き恐縮の限りでした。明日はこの方々に改めてメールを送らなければなりません。
手間がかかったのは、BIGILOBE、ANAマイル、JALマイル、ETC、EPUSON、NTT等々の登録情報の変更です。IDやパスワードまで要求されるのでなかなか面倒です。でもまあ急ぐ物のは完了しましたので、あとはボチボチ、退会するものも含めて処置をしていきます。

夏日でした

早々と夏日になりました。仙台地方では5月中旬に夏日になったのは記録的な早さだそうです。今までは5/20過ぎだったようです。私の散歩スタイルも今日はTシャツで出かけました。お茶も持って出ましたし、帰ってからのシャワーも今年になって初めてでした。
こうなると私の嫌いな蛇のシーズンになります。ところがどうした事か、今年はまだ一度も見かけていないのです。そろそろ山登りはやめようかと思っているのですが、今日も恐る恐る出かけました。やはり見かけませんでした。一体どうした事なのでしょうか?不思議です。

今日はツマキチョウの♀を写真に収めることが出来ました。これもどうした事か、今日は動きが鈍く花に止まってくれました。今までは全く止まってくれなかったのですが・・・。


画像


バックがよくありませんが、これは飛んでいる所です。

画像


ツイッターでツリバナの写真をアップしました。

画像



今日はニシキギの花です。両方ともニシキギ科ニシキギ属なのですね。似ている筈だ。

画像

キンラン

今日はキンラン、ギンランかさもなければヒトリシズカかでもと思って出かけました。ヒトリシズカにはまだ4~5日早いようでした。
昔と言っても15年ほど前までは、グリーンピアの山でもキンラン、ギンランはそれほど難しくなく見つけられました。ところがそのころから急激に姿を消しだしました。ビニールの袋にシャベルを入れて奴たちが跋扈し出したのです。瞬く間に数が少なくなってしまいました。キンランやギンラン持って帰っても育てられないことがわかっていないのですねー。その後有志の手で残ったキンラン・ギンランの生育している所に、ポーールが立てられ保護しましょうとの運動が始まりました。でも今見てみると逆効果だったようで、ポールの所にはひとかぶも生育していません。帰って目印になってしまったようです。今日見たところでは貧弱なキンランが2株ほど花を付けていました。ギンランはさっぱり見つかりませんでした。
全然別のルートを歩いていたら、思いもかけないところで立派に育っているのが見つかりました。このままそっとしておいた方がよさそうです。


画像


レッドデーターブック、絶滅危惧種Ⅱ類になっているのですね。子供のころには、ワラビ採りの時になんでもなく見つかっていたのですが・・・。

長距離散歩

この所次の旅行に備えて、平らな道を長距離、それも何日も続けて歩くトレーニングをしています。とはいっても今日は往復12km、金蛇さんの奥の院まで行きました。なんにも目的がないと面白く無いので、今日は金蛇さんの花祭りを見てきました。
先ずは藤の花

画像


画像


次いで牡丹の花・一株あたりの素晴らしさなら我が家の方が上。でも数と種類はさすが。


画像


画像


画像


画像


艶やかに

画像


黄色も綺麗です

画像



花、はな、ハナを堪能してきました。それと屋台で買った、やきもちが美味しかったです。

流石NEC

実はPCのCD/DVDドライブが先月末から不調でした。DVDを再生しようとしても、DVDが回転している音だけして、再生が始まらないのです。CD及びDVD-Rにでもデーターとして書き込んだものは読み取ることが出来るのです。DVDの再生だけが出来ないのです。連休中でもあるし、PCを使いたいこともあって本日まで修理の依頼を延ばしていました。今日は修理の申し込みをしようと思い、資料もちゃんと揃えて、0120-・・・・に電話を掛けました。担当者が出て、故障の状況を聞き取り、それでは一度、DVDをドライブに入れて、スタート→コンピューターの順に操作をしてくださいとのこと。そうそうそうやって再生しようとしても再生ができないのですと思いながらやってみました。
あれっ、再生ができた!ちょっと待ってください、もう一度やってみます。…やっぱり再生が出来ました。もう一度、DVDを別の物でやってみます。・・・やっぱり再生できました。
流石NECの技術陣、故障の状況を聞いただけで、直してしまいました。

一体どうなったのでしょうね。こんなこともあろうかと思い、PCを何度もシャットダウンしてみたり、DVDを取り換えてみたり、日を変えてやってみたり、考えられることはやってみました。・・・、昨日も試してみているのです。
何度も何度も平謝りです。畜生め!

イノシシの事

今日の長距離散歩は、千貫山のふもとをぐるーっと一回りしました。新緑の里山、民家の前の花々どれをとっても実に綺麗です。ウスバシリチョウの話ですが、一度見つけると発生時期があっていることと生息場所が推定できるので見つけることが容易になります。今まで40年で3回しか出会えなかったのに、今日も二か所で見つけることが出来ました。これはよく見ると交尾している所です。頭が二つ見えます。


画像


話は大きく変わりますが、お昼ご飯にしようと思い、とあるお寺の方に向かいました。途中の農家を通りかかった時に、老夫婦と若夫婦の4人組でものすごく大量のタケノコの整理をしていました。すごいなーと思って見ていたら、若い(60歳過ぎ)主人が私を見つめながら「中西さんじゃないですか?」と聞いてきた。はいそうですがと答えながら、こんなところに知り合いが居るはずがないのだが・・・と怪訝な顔をしていると「大久保です」と言ってきた。それでやっと記憶をたどり「大久保」さんの正体がわかりました。彼が若いころは私の部下でした。だけどそうすると??「なんでこんなところにいるの?」「私の家だからです」「でも家は岩沼でしょう?」「ああそれは私が高橋の時代のことです」との答えが返ってきた。そうそう思い出した、彼は養子に出たんだ。でもその時には私は転部をしていて彼の上司ではなかったから彼の結婚式には出席していなかったのですね。だから彼がこちらに来ていることがわからなかったのです。そんなことで暫く立ち話をしました。その中で「中西さん、山を歩くのはいいですが熊やイノシシには気を付けてください」と言う。最近イノシシの出没が多くて、農作物が荒らされて仕方がない。ちょっと先にもイノシシの罠が3か所も仕掛けてあるのだが一向に入ってくれないという。またこれも現役時代の知人が猟友会に入っていて3頭も仕留めたがそれ以来捕れないのだという。ここだけではない、ついさっき入った道の駅のおばちゃんも熊やイノシシの話をし、気をつけろと言ってくれた。大久保君いわく、イノシシは賢いです。決して頭を地表に出したタケノコは食べないのです。土の中にあるやわらかいものだけ食べていくのです。だから私たち人間は彼らが残していったものを頂いているようなものですと・・・。
彼と別れて帰路につきました。・・と、岩沼の最南端のスポーツ公園(せいぜいゲートボールくらいですが)に差し掛かったらこんなになっていました.

画像


画像


画像


トラバサミみたいな罠だったら大変だと思いながらも、誘惑に勝てず罠を探してみました。

画像


何だ単純な奴だ。これならかかっても出られるな。
それにしても、イノシシダとかクマがこの道を横切っていただとか、気持ちのいい話ではないですね。

今日の散歩

天気があまり思わしくないと言うので長距離散歩は中止し、天気を見ながら定例のコース2つをつないで歩きました。傘を持って出かけましたが、結局不用でした。
帰ると町内会長さんから、今夜19:00に集まれと緊急の招集がかかりました。なんでも明日の「町内全体会議」の下打ち合わせだそうです。いことです、なんでも準備が肝要です。おとなしくしていようと思ったのですが、結局全部仕切ってしまったみたいです。反省です・・・。
明日はまた長距離散歩を計画します。昨日の味を占めて、またチョウを狙っている所があります。そこに出かけます。

ウスバシロチョウ

今日の散歩。昨日同様少々長距離の散歩、岩沼ー蔵王線を峠まで往復しました。結構きついですね。
今日の収穫は、思いがけずウスバシロチョウに出会えたことです。これで3回目です。一度目は小原温泉で、2度目は秋保温泉でした。日本全国で見られるそう珍しいチョウではないのですが、発生が局地的なのです。そのために長い間見ることが出来ませんでした。出会えたのは、チョウに興味を持ちだしてから15年くらいかかりました。岩沼・・正確には柴田町になります・・・では初めてです。
峠道を歩いていると、ちょっと飛び方の違うチョウが飛んできました。瞬間的にこれは珍しいチョウだ!と感じました。期待はヒメギフチョウだったのですが・・・・。結果はウスバシロチョウ(アゲハチョウの仲間です)でした。

画像



画像


画像



画像


画像


発生場所がわかりました。これで毎年見ることが出来ます。

阿武隈川堤防散歩

最近長距離の歩きをしていません。通常はせいぜい8km標高150m程度の散歩ですから体がすっかりそれに順応してしまっています。少し長距離を歩かないと(それも平地を)と思って今日は阿武隈川の土手を歩くことにしました。槻木大橋で亘理側に渡り、阿武隈大橋から岩沼に戻るルートではせいぜい16kmにしかなりません。そこで槻木大橋からさらに上流に向け白幡橋まで上りそこから引き返して槻木大橋を渡ります。これだと大体18~19kmは超えることになります。やっぱり平地を歩くのは足首が疲れますね。それでも天気が良かったのでハイキング気分で歩いてきました。途中知り合いにあって話し込んでいたので、時間はかかりました。
色々と収穫がありました。
先ずこの写真ですが、見た瞬間「モズ」だと思ったのでそのままツイッターにアップしたら友人から「違っているぞー」と指摘を受けました。オナガだそうです。西の方では見られない鳥だそうです。なかなかきれいな鳥です。

画像


次は菜の花・・・これは西洋カラシナ

画像


次はクリムソンクローバーとナガミヒナゲシ・・・種子を蒔いてくれているようです。クリムソンクローバーは花の形から、ストローベリーキャンドルとも呼ぶそうです。毎年この時期にここを通るのが楽しみです。

画像


画像



それに亘理側の堤防の改修が随分進み立派になっています。特に地震で破損したところはないようですが、これも便乗の対策なのでしょうかね。

散歩に出かけるときからポツリポツリと雨が降っていた。まあそれほどひどくはならないだろうと思い出かけることにした。もっとも折りたたみの傘は持って出ました。
こんな日は当然期待できるものはない。仕方がないので何時もの物を違った角度で眺めてみた。
先ずはシーズンを迎えたシャガの花。雨粒が当たってきれいに咲いていた。雨粒をアップにしてみた。

画像


沢山咲いている花をバックにぼかしてみた。

画像



鮮やかな色で咲いているアザミの花。これもアップでのぞいてみた。

画像


今を盛りとあちこちに咲いているカラスノエンドウ。なかなか格好がいいです。

画像


曇り空で薄暗くなった林間で色が格別に赤く見えた。

画像

今日の散歩

昨日はちょっと歩きすぎたので、今日の山登りは半分、あとは平地で距離を稼ぎました。写真の収穫はあまりありませんでした。それでは今まで撮りためていたものから・・・
里は八重桜が満開ですが、山ではウワミズザクラが先出、きょうあたろいは満開です。

画像


これは白色のヤマブキ。3年前の地震で倒壊し、撤去された住宅跡で咲いていました。l

画像


ヒメギフチョウを探しているのですが見つかりません。飛んでいるのはこんなチョウばかりです。
コミスジです

画像


ツマキチョウの♀です。

画像


すわ、ヒメギフチョウと思ったのですが、春型(小さい)のキアゲハでした。


画像

長距離を歩きました

ヒメギフチョウを探していますが、前々から気になっている場所があります。今日は、長躯その場所を全部見て回りました。しかし残念ながら収穫はゼロでした。かつては生息していたかもしれないが、今はもう絶滅しているのかもしれませんね。私が知っている、グリーンピアが出来る前の山とはずいぶんちがってきていますからねー。まあそれでも、ボチボチと探し続けてみます。

今日は小鳥を・・・
セグロセキレイです。

画像


こちらはキビタキです。きれいな鳥です。

画像

ワラビ

この所千貫山への散歩の目的は、ヒメギフチョウを探すことを主眼にしています。残念ながらまだ見つかっていません。今までヒメギフチョウを見かけた経験からすると、食草はあるものの標高が少し低すぎるように思います。標高はもう100m位ほしいところです。望みは少ないかもしれません。
今日も気になっている所があったので出かけました。黄色と黒の縞、すわヒメギフチョウと思ったら何のことはない春型のキアゲハでした。
やまごえで帰路に就こうとしていたら、誰かがワラビらしきものを採っている。あるのかなーと思いちょっと踏み込んでみたら結構あるんですねー。となるとついつい欲が出て、せっせとワラビ採りに励みました。気づいたら時間が相当経過していたので、山越えを諦めてさっさと帰ってきました。それでも19000歩ほど歩いていました。
裾分けをしてもまだこれだけ残りました。

画像


途中で見かけた白色のタンポポです。色そのものよりここに咲いていたものがすべてニホンタンポポだったのには驚きです。最近はとんとみかけなくなっているのですげねー。この土地はよほどのアルカリ土壌なのでしょうね。日本タンポポはアルカリ土壌、西洋タンポポは酸性土壌を好みます。

画像



次はミツバアケビの花です。太陽に透かして見たらすごくきれいな色でした。

画像


同じところで見上げたら若葉も透き通って葉脈の一本々々まで見えてきれいでした。

画像

色々

風呂の工事代を納入した。
町内会夏祭りの資料を作成中。
7月に行きたいと思っている旅行の申込書が届いた。

45年ほど前に同僚だった方(職場結婚でご夫婦になって見える)から便りが来た。このご夫婦とは山仲間だったが、ご主人の方は、定年前に脳梗塞で倒れ早期退職をされた様子。その後二人三脚でリハビリに努めて見えるとか・・・。大阪府豊中市にお住まい。中に宝塚100周年記念の切手シートが入っていた。
同封の切手とともに「宝塚の歌劇」を見たことがあるか?と聞いて来ていた。当然「ない」の返事が返ってくるのを想定してだが・・・。
でもねー、残念ながら「見たことがあるんです」、19歳ころのことです。
当時会社の寮に入っていました。寮には自治会があり、その自治会が1年に一回慰安旅行を行っていました。まだ貧しい時代でしたから、それが随分な楽しみでした。男ばかりの団体が宝塚のレビューを見るというちょっとしたいたずら心で計画をしたのでしょう。そんなことで、見たことがあるのです。当時のトップスターは「加茂さくら」で、演目はクレオパトラだったと記憶しています。ラインダンスを見たりとかで、田舎出の私には実にまばゆい見ものでした。遠い日の懐かしい記憶です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。