FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入浴のこと

朝から洗車に行き帰ってきたら、興味を持っていた浴槽の搬入がもう終わっていた。行く前には、ドアを外して少しでも広くしようとしていたが、ビスがさび付いていて結局ドアの取り外しを諦めていたのですがねー・・・。どうするのだろうと思いながら、洗車に出かけたのですが・・・。
家にいた妻の話からすると、浴槽をいろいろな方向にひっくり返して、一番幅の狭いところを探し出したみたいです。それを聞いて、方法がわかりました。言葉で伝えるのは至難の業なので書くことはやめますが「ななめに倒して、斜めに浴槽に入れる」ですね。経験からすぐその方法を編み出したみたいです。「浴槽を先に据え付けてから、周りの部屋をを作ると言う事はしない、必ずあとから運びこんでいるのだから方法はあるんだ・・・」と言っていました。

画像



画像



昨日は風呂に入るのをやめましたが、今日は我慢するのはちょっとねー・・・と言う事で、グリーンピア岩沼にある「光明石温泉」に行きました。ここの最終入浴時間は17:00なのです。行くのは簡単なのですが、工事をしているから家を留守にすることはできません。今日は都合良く、ちょっと早く・・つまり打設したコンクリートが乾くのを待つために工事が早く終わりましたので、出かけることが出来ました。
人工の温泉ですが、やはり大きいお風呂はいいですねー、のびのびします。
所でこの温泉は、モンタナリゾートと言うホテルの中にあります。ホテル経営のノウハウは市にはありません。それで、プロに任せているのです。ところがこの温泉だけは市が直接やっているのだそうです。ホテルの経営では、ちょっと入浴だけ・・・と言うのは困るのでしょうか。結構たくさん来ていました。
スポンサーサイト

風呂の工事始まりました

昨日は茶化して書きましたが、今日から風呂釜の取り換え工事が始まりました。大工さんと風呂釜職人の二人とも私より年上ですが、流石が現役です。削岩機をガンガン使うし、オオハンマーもこともなげに使うし・・・。ちょっと真似は出来ません。
意外と手間取っていたのが、鋳物でできた風呂釜の取り出し。鋳物は簡単に割れると思っていましたが、結構粘りがあるんですね。なかなか割れなくて困っていました。
それと、土台がものすごく頑丈にできていました。どれだけセメントを使ったんだと驚くほどでした。そういえば、この家を建てたのは、36年前の宮城沖地震の直後でしたから、耐震構造には結構きびしかったですねー。思い出しましたが、当時の工務店の専務さんとかが「地震の時には風呂場に逃げなさい」と言っていました。
どうなっているんだろうと思っていたのが、風呂釜と排水管との繋ぎ方です。普通につないだら、取り出せないですからね。見てみたら、単純に太い排水管に風呂釜からの細い排水管が刺さっているだけでした。疑問は氷解しました。
さて明日の問題点は、風呂釜の搬入です。風呂釜の幅が65cm、浴室への入り口の幅がドアーを外しても65.5cm。搬入のお手並みを拝見したいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。