スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリンピア岩沼

今日は気温も低くかつ風が有ったので、散歩が楽でした。そんなことで、ちょっと足を延ばして、グリンピア岩沼まで往復をしました。
特に目新しい発見はありませんでした。でも行くたびに、来ている人が多くなっているように思えます。
特にご婦人の水中エクササイズが人気なのでしょうか、駐車場が満杯です。そうそう、野外活動の広場では、流しソーメンまでやっていました。
道中では何時もの所に何時も通りの花が咲いていました。
レンゲショウマ

画像


フシグロセンノウ  好きな花の一つです。

画像


ネジバナ

画像


トチバニンジンの実

画像
スポンサーサイト

鳴子温泉で

温泉で暇が有ったので、ちょっと散歩に出かけ、途中こんなものを見かけた。
オオウバユリの種ですね。一度見たいと思っているのですが、まだ花には御目にかかっていません。この種子の多さから見ても豪快な花でしょうね。

画像


こちらは翌日温泉の上部の高原にある潟沼湖畔で見かけたもの。いつも見ているススキですが、こんな状態のものは始めてみました。今まさに開こうとしているところです。

画像


鳴子から尾花沢への道に「山刀伐峠」と言う峠道があります。旧車道や旧道が残っていて、奥の細道をたどるハイキングコースに成っているようです。このコースの尾花沢側の登り口に、ハスを植えた所がありました。休耕田を利用して、ハイキングコースに華を添えています。

画像


画像


白色のハスもありましたが、こちらは花弁が多くごちゃごちゃしていて好みではありませんでした。

田圃アート

最近富に有名になりつつあります。TVや新聞などの写真で見てはいますが、まだ実際のものは見たことがありませんでした。そう言う事で、昨夜泊まった鳴子温泉から、今日は長駆米沢まで南下し、小野川温泉に行ってきました。ここは以前から田圃アートを手掛けている有名なところです。今年の題材は「八重の桜」だそうです。
これがそのアートを展望台から眺めた様子です。


画像


山形県のブランド米つや姫が背景の稲です。このほかに4種類の稲が使われているようです。説明書によると、この展望台から眺めてちょうどいい具合に見えるようにするために、田圃上では歪んだ形に稲が植えられているのだそうです。絵の上下に長くなるのかな?言われてみればそうですね。
協力金200円を収めてきました。
稲刈り隊を募集しているようです。

帰路近くにある昆虫館に行って見ました。まあせいぜい、カブトムシやクワガタにオニヤンマ位が展示されtいる程度だろうと思っていたのですが、なかなかどうして大したものでした。
窓ガラスにはこんなユルキャラが、まあそうでしょうね。

画像


山谷文仁の世界の蝶のほか他の昆虫類10万点のコレクションが展示されていました。これにはアッと驚きました。こんな山の中にこんなすごい展示があるとはねー。
蝶々が好きですから、あっちこっちの昆虫館にも行っています。でもこんなピンク色をしたチョウを見たのは初めてでした。(画像は写真撮影ができないので、別の資料からのものです)

画像

蔵王

久し振りで登った蔵王でこんなものをみました。

画像


何だ?これはと思って近づいてみたら、こんな看板がありました。

画像


読んでみると
行為の目的:蔵王火山活動の観測強化のため、大黒天から刈田岳への登山道脇に地磁気観測装置を設置す         る。
地震噴火予知研究観測センター    とある。

と、言う事は蔵王に噴火の気配があるということか?
不謹慎だけど、できたら周りに被害が出ない範囲で、噴煙か蒸気でも噴出してくれると面白いのだが・・・・。

こんな観測装置もやっぱりソーラバッテリーが使われているんですね。

画像

蔵王

朝起きたらすごくいい天気、急に思いついて蔵王に出かけることにした。遅い出発だから、大黒天から熊野岳往復のコースにした。リンドウが咲き、ススキが歩を出し、山はもうすっかり秋でした。

時期外れのコマクサが咲いていました。

画像


リンドウもきれいな色で咲いていました。背後は刈田岳です。

画像


とにかくお釜の色がきれいでした。
アキノキリンソウとお釜です。

画像


ススキとお釜。すっかり秋色です。

画像


廻りの山影を映し出していました。

画像

紅葉狩り

マイルを使った特典航空券、取得を心配していたがあっさり取れてしまった。
仙台ー千歳間往復・レギュラーシーズンで15,000マイルが必要だった。
往路 9/24 7:45発~千歳着8:55 復路 9/26 千歳19:35発~仙台着 20:50
大雪山の旭岳を目指します、といってもルートはハイキング程度ですけどね。  2泊3日の工程です。
宿泊は山麓・ケーブル乗り場近くの旭岳温泉、昔 湧駒別温泉と言っていたところに連泊。
宿泊代が予想より高くなってしまったが、紅葉のシーズンで1人だからまあ仕方がないでしょう。

後は天気と、今年は暑かったから紅葉は少し遅れることを期待してこの時期にしました。
さて予想通りに行ってくれるでしょうか。

大雪山国立公園

貯めていたマイルが相当たまりました。仙台ー千歳を往復してもまだ余ります。そんなことで、長い間憧れていた大雪山の旭岳の紅葉でも見に行って見ようかと思い始めています。今年の夏は暑かったから時期が多少遅れるかもしれません。9月下旬ころになるでしょうね。
問題は特典航空券(マイルで購入できる航空券)がうまく手配できるかです。割り当てがあるはずですが、明日辺りから動くことにします。

回覧文書

夕方前町内会長からこんな電話が有った。「家の近所の借家住まいで一人暮らしの方が亡くなったと言う事をついさっき聞いた。」と言う事である。近所の方も誰に連絡をしたらいいのか分からないので、前会長に連絡してきたと言う事です。「私も知らなかったのだが、とりあえず君に連絡をする。もしも町内会費を収めている方なら、事後に成っても仕方ないから、ご香典を上げなければならないと思う」と言う事です。
連絡をするからメモを取ってくれとの事。内容を聞いていて「おやっ」と思った。「一寸待ってください、その方は●●班のYYYさんではありませんか?」と質問すると、そうだとの答え。「その方なら、ご家族の方がご近所の方に連れられて、私の所に来られました。その時の話で、故人の遺志で家族葬を営むので、通夜・葬儀の参列はご辞退しますとの事だったので、会長と相談をして、私が代理で、通夜に行きご焼香だけをし、香典を渡してきました。それと、町内会には関係者も見えるだろうから、訃報は回しておきました」と答えると、「そんな回覧は見ていない」ということ。そうでしょうね、回覧を見ていたらこんな電話は来ないはずです。
遺族の方を連れて私の所に来られた方も、この訃報の回覧を見ていないので不審に思い前会長に連絡をされたのでしょう。
実は町内会のもめごとで多いのは、ごみの事に次いでこの回覧が回った回っていない、おそくて間に合わないの問題なのです。まあ理由はいろいろあります。
在宅だろうが不在でいなかろうがとにかく回せばいいと言う考え。2~3日留守なら完全に間に合いません。これはアパート、其れも若い方の所で起こります。ご近所とは没交際ですからね。困り果てたある理事さんは、アパートには回覧でなく個別に配っています。
所が今回の問題を調べていくと、またあいつの所だとなってきました。あいつとは町内会のある理事、われらが仲間です。最初から忙しいのに選ばれて困っているうんぬんと理事会で訴えていました。仕事をしていて忙しい、のはわかりますが、それは理事会で言われても仕方のないこと。あなたを選抜したグループ内で解決してもらわねばならないことです。理事会にも全然出てこない、欠席するとも言ってこない。それでも仕事を持っているのだからと我慢をして、議事録だけは丹念に回してきました。
そうこうして居る内に「訃報の回覧が回ってこない」と言う事が、会長の耳に入りました。この方はかつて、この町内会が出来た頃に何年にもわたって、町内会長をしてくださった方だったので関係者も多くちょっと問題が大きくなりました。該当班のどこで止まっているのだと調べていくと、このグループを担当しているくだんの理事が、間に合わなかったので、回さずの没にしたと言うのです。それも1件だけでなく複数回です。2日おくれても間に合わない訃報は今までにありませんでした。郵便受けを全く見ていなかったのでしょうね。
其れよりなにより、遅れたからその訃報が役に立たないと勝手に判断したことが問題ですね。遅れた情報をどう生かすかは受け取った人が判断することで、他人が判断することではありません。
情報が遅れて申し訳ありませんでしたとお断りをして、仏様に手を合わしに行くとか、それほどに付き合いがない人の場合は道で出会ったときにお悔やみをいうとか・・・。私ならそんな生かし方をしますがね。
間に合わなかったから没にしたは言い訳でしょうね、間に合わなかったことを隠す手段だったのでしょう。
愚痴を言っていなくてSOSを具体的に出した呉れればいいのです。回覧板ぐらい私でも手伝ってあげますよ。頼まれればね。

秋らしくなってきました

今日も結構暑い日でした。でもその暑い中で、定例の散歩コースから一寸足を延ばしてみようと言う気になりました。随分楽に歩けるようになりました。秋が来ているのでしょう。
そう言えばしばらく姿を見せなかったオオムラサキが姿を見せました。でもこいつの飛んでいる姿を中々上手く写せません。一寸ピンボケ写真からでも、そのよれよれの姿が見て取れます。やっぱり季節が進んで、彼等のシーズンが終わりつつあるんですね。
帰り際に見上げた空ではちょっぴり秋の雲が出ていました。雲の世界でも、夏と秋がせめぎ合っているようです。でもまだ夏の方が強いようです。

敬老の日

先にも敬老の日の事を書きましたが、いよいよその日に向けたの活動の開始です。
区長さんに頼んでいた、77歳以上の方々のリストが届きました。昨年より13名増えて、対象者は164名になりました。この数字を持って、町内の大企業さん2社を訪れて、協賛のお願いをしてきました。協賛品は昨年同様、クーポン券とティッシュペーパーです。これで今年度の企業回りがやっと終わりました。後は来年です。
集まってきたデーターですが、区長さんは4名見えますが3名は手書きのデータで、1名の方がワードで纏めてきてくださいました。この年代の方ではまだ、エクセルは無理なのかもしれません。
先ず会長さんに集まったのですが・・・。集まったら整理をしますからと言っておいたのですが、どうやらやら2名がかりで手作業で分類をされたようです。原本にたくさんの✔が入っていました。ご苦労さんでした。
後々の事もあるので、事後になりましたが区長さんからいただいた原簿をエクセルで纏めておきました。
最高年齢は94歳の女性でした。80歳以上の方は96名でうち女性が56名とやはり女性の方が多いですね。
そうそう大正時代の方が31名も見えました。
分析をしていけばまだまだ面白いことがわかるかもしれません。

白癬菌

昨年11月頃、首の後ろ側に湿疹ができてかゆくて堪らないので皮膚科に行ったことが有った。その時にもらった塗り薬が良く効いて1週間ほどで全治した・・とおもっていた。ところが最近また同じところが痒くなり、湿疹も見られるようになった。どうやら前回よりひどいみたい。
と、言う事でまたまた皮膚科に出かけました。
今度は先生がちょっと首を傾げ「気になることがありますから検査をします」と言って、スライドガラスで首筋をゴショイゴシとこすり取って、顕微鏡で観察をし始めた。
結果は「やっぱり」と言って、紙切れを渡された。「真菌検査 白癬菌」と書いてある。
白癬菌?これって水虫の菌ですよね。首筋に、水虫ができるの?
白癬菌に皮膚が感染するのは比較的多いそうですね。ただ、足以外は水虫と言わないのだそうです。タムシとかシラクモと言うのがそれだそうです。
そういう事で、1日1回の塗り薬をもらってきました。・・・症状が軽快しても、菌がすべて消滅したとは限りません。治ったと思っても、しばらくは外用を続けてください・・・と書いた紙切れを薬と一緒にもらってきました。

やっと姿が見えました

モンキアゲハの事です。毎日の散歩の時に、モンキアゲハの蝶道に成っているちょっと開けたところに立ち寄っています。そこで毎日待ち構えて、何とかその姿を捕えようと頑張っていたのですが、中々その姿がきれいに写って呉れません。
写し方をいろいろと考えてやってきたのですが、もう一つうまくいきません。そこで今日は思い切った作戦に出ました。
ISO3200、シャッター優先撮影1/600 
ピント合わせ(フォーカス)はマニュアル
撮影モード(レリーズモード)を高速連写 6コマ/秒

この条件で、多分此の辺りを飛ぶだろうと思われる所に予めピントを合わせておきます。
ISOを3200にしたのは暗い林の中でも、少しは絞りが絞れて焦点深度が深くなりピントの範囲が広くし様と言う意図です。
予想していた範囲に蝶がやってきたら、カシャカシャと連写してやろうと言う魂胆です。
1時間ほど粘り、3回チャンスが来ました。
その成果が次からの写真です。まだまだですが、やっと「モンキチョウ」とは、こんな蝶ですと言えそうな写真が取れました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


もう少し工夫をすれば何とかなりそうですね。

8月30日時点で77歳以上の人

「8月30日現在で77歳以上の人」と言うのが、吹上町内の敬老の日の対象者となります。つまり「おめでとうございます」と言う事で、記念品の贈呈対象者になります。
調査は個人の情報に関することなので、私達町内会の役員では調べることができません。行政区長さんに調査をお願いしなければなりません。このことは以前にも書きました。
7月30日に調査を依頼していたものが、昨日集まりました。
それによると・・・・・。
一昨年は対象者が110名。昨年はぐんと増えて150名。この分だと今年は大変だ、190名近くになるのではないかと心配していましたが、結果は164名にとどまったようです。
164名だと言っても、着実に増えていることは確かです。高齢化社会は確実に進んでいますね。

モンキアゲハその後

毎日の散歩で、必ずモンキアゲハの飛来する所に立ち寄り、待ち構えているのですが・・・・。20分程度待てば必ず姿を見せてくれます。所が昨年と違い、いきなり目の前に飛び出してきます。どの方向からやって来るのか、いまだにその方角がわかりません。おまけにこのチョウはこの辺りでは止まってくれないのです。だから、写真に収めようとすれば、飛翔しているところを撮らなければなりません。それが中々上手くいかないのです。
今までの成果はこんな程度にしかなっていません。

画像


画像


画像


もう少し、うまい方法を考えてみようか。

やっと終わりました

例年なら6月末から7月に掛けて実施している家のまわりの垣根の剪定作業が、今年は雨の影響や町内の夏祭りの準備等で出来ず、1ケ月半も遅れてしまいました。この時期の1ケ月半は、樹木の伸び方がもの凄く変わります。
8月に入って天候が良くなり、暑さが一段と厳しくなってから剪定作業に入りました。枝がよく伸びているから、切り屑が何時もの年の2倍近くになりました。
とにかく暑かったですねー。でもなんとか本日で全て片付きました、万歳です。

玄関前にチャボヒバです。ちょっと短くしすぎたかな?お隣に切り屑が落ちないように細心の注意が必要です。

画像


北側のカイズカイブキです。外側は、お隣さんに断りを入れて敷地内に入れてもらい剪定をします。

画像


西側のいろいろな樹木が混じっている垣根です。こちらはブロック塀の外(左)が、堀に成っているので外側の剪定が大変なのです。

画像


東側、いろいろな樹木を植えこんでいます。でも一番楽なところです。残念なことにボケが1本虫にやられて倒れてしまいました。

画像


画像


後は残っている切り屑を、燃えるごみとして出すだけです。

ドジな話

ペルセウス流星群の事ですが、最大日は過ぎてしまいました。数は少なくなるのは否めませんが、、まだまだ2~3日は十分楽しみの対象にはなります。
天気予報によると、今日は13時頃から曇って来るとのことでした。ところが一向に曇って来る気配がしません。それどころか15時頃には、全天に雲一つありません。ならば、リターンマッチに出かけてみることにしました。

カメラは2台使います。三脚にセットし、焦点距離も無限大に合わせて固定しました。暗い夜空の星で、ピントと合わせは至難の業ですからね。懐中電灯も、写真撮影の邪魔にならないように、赤い色になるようビニールシートを張り付けました。レジャーシートとマットレス、寒さしのぎのひざ掛けも用意しました。18:00にこれらを車に積み込みました。空はバッチリ快晴です。今日は上弦に近いの月ですから、月の入りは22:30頃になります。
だから家を出るのは20時過ぎ、蔵王に着が22時頃と計画をしました。
夕食を取り、19:00のニュースを見て、シャワーを浴びて・・・。さてそろそろ出かける準備です。現地で暖かいコーヒーを入れると明かりが必要になるから皆さんの迷惑になる・・ということで作ってポットに入れていくことにしました。
20:15、いよいよ出発、外に出ました。エッ‼‼!全天に雲がかかっています。蔵王方面は相当厚い雲です。
あれだけの快晴が、2時間後には全天いっぱいに雲が広がっていました。
ペルセウス流星群、さようならです。

ペルセウス流星群

昨夜から今明にかけてペルセウス流星群の極大日を迎えるとTVがしきりに放映しています。子供の頃から知っている天体ショーなのだけれど、お盆の期間と言う事で色々と有って、まだ観測したことがありませんでした。もっとも、この時期は暑い時で上昇気流の影響があり、なかなか晴れないと言う事もその一因でもありました。
夕刻になり気温が下がって来ると、上空の様子が変わってきて、うす雲が取れだした。今夜は何も用がないから出かけてみるかと、にわか準備を始めました。出かける先は、同じ出かけるなら少しでも条件の良い所と思い、蔵王山することにしました。涼をとることもできます。
然し思いつきはいけませんね。現地に着いて写真撮影の準備を始めたら、肝心の三脚を壊れている物を持ってきてしまいました。何とかならんかと、色々やってみましたがカメラがずれてしまいまともに行きません。写真撮影はこれでだめになってしまいました。
それではと、寝っころがって上空を見て楽しむことにしました。下界の暑さはどこえやら気温18度、きれいな星空を眺めてきました。ピーク近くの23時頃になると、低い位置にうす雲が出だし1/3位を覆ってしまいました。流星の個数は思ったより少なく1時間に30個未満でした。そんなことで0:45頃には引き上げてきました。

次のものは、何とかかんとかやってみてやっと撮ってみた「南天・いて座付近」の様子です。一寸しんどい写真です。

画像


北斗七星が綺麗に見えていたので狙ってみました。

画像


何とかなたのはこの2枚だけ。
寝転んで空を見上げていてフト思いついたのが、カメラを地面に仰向きにおいておけば天頂部だけでも写せるのではないかと言う事。次がこの方法で撮ったものです。
ISO3200、露出30秒、絞りF3.5です。夏空の大三角形、ベガ、アルタイル、デネブが写っています。

画像


画角79度のレンズで写せる範囲はこれだけです。天空のほんの一部です。何とかこの範囲に流星が流れてくれないかと期待をして20枚ほど撮りました。これは入ったかな?と思うものも2~3回ありましたが、結局は駄目でした。カメラはまだ持っているんだからずらりと並べて全天をカバーすべきですね。今度はやってみます。

オオムラサキ

今まで中々お目にかかれなかった国蝶オオムラサキも一度見つけると、場所や飛び回る時間帯がわかるので意外と見つけやすいものです。同じ散歩道で、三か所で見かけています。「蝶道」と言うのがあって、待ち構えていると同じ所に必ず帰ってきます。だから見かけることが比較的容易になります。
これはオオムラサキの♀です。翅の色は♂のように紫色に光ってはいませんが、褐色掛かった紫色をしています。大きさは♂より一回り大きいです。


画像


こちらの写真はちょっとお粗末ですが、空中を飛んでいるオオムラサキで、別の所で見かけたものです。

画像


飛び方はモンシロチョウのように「ヒラヒラと舞う」ような飛び方ではなく、スーット滑空するような飛び方で非常に速いです。飛んで行く先が予測できそうなので、暫く観察していけば何とか撮ることは出来そうです。チャレンジしてみます。
またこれと同じ場所で、モンキアゲハの夏型を今年も見ることができました。蝶道は昨年と少し変わっているようなので、こちらもしばらく観察が必要です。
いずれにしても昨年同様、春型、夏型(2頭いる様子)を見かけたので、定着は間違いないです。

脱水症状?

今日はこちらとしては、ものすごく暑い一日でした。隣の町で35度を超えたと言っているから、ここでもその位の暑さだったのでしょう。
そんな中、9:30頃から11:30頃まで垣根の剪定をしました。
そして昼食後12:30頃から約2時間の散歩に出かけました。山登りに出かけたり旅に出かけた時には、この時間帯は行動中ですから、普段もそれに慣れていなければと思って、早朝のの涼しいときとか日が落ちてからとかは意識的に避けています。もちろん途中水分の補給はしています。
でも今日はその水分補給だけではすみませんでした。家に帰ってからも随分と補給をしました。
着替えは午前午後の2回になりました。

画像

キネズミ

キネズミ、ホンドリス、ニホンリス、これみんな同じものらしい。散歩道でも時々チラット姿を見せて楽しませてくれる。この写真は以前撮ったものです。

画像


何時ものさんぽみちを歩いていたら、このニホンリスが交通事故にあって路上で死んでいた。丁度大きくカーブをしている所なので、こんなことになったのだろう。目を楽しませてくれていた個体なのか、仲間なのかは不明だが、気の毒なことになった。

画像


生のものはちょっと悲惨な状態だったので、画像はそこそこに修正をして有ります。
何とか同じ個体でも、また仲間でもいいから、時々は姿を見せて呉れると良いのですが・・・。

他所の夏祭り

今日は町内にある某製糸会社の夏祭りに行ってきました。500円でビールの飲み放題だとのことですが、私には全く有難味がありません。でもせっかく入場券を頂いたし、町内会としていつも無理なお願いをしていることもあり、表敬訪問と言う事で町内会の役員4名で行ってきました。
夏祭りと言うより、「真夏の屋外ビアパーティー」でしょうかね。オレンジュースを500cc飲んできました。

こんなパホーマンスもありました。

画像


これが売りのビアーカーです。何リッター入るのでしょうね。

画像



グランドにこんなブルーシートを敷いて席を作っていました。まだ早い時間帯だったのでお客さんが少ないです。

画像


夜店も5~6軒出ていました。ビールは無料だがあてはじぶんで買ってこいと言う主義ですね。

画像



そうそう最後には案外豪華な景品の当たる抽選会がありました。もちろん当たりませんでした。

実はこの会社は、私の勤めていた会社の道一本隔てた所にあったのですが、職種が違うと見に行っても仕方がないと思っていたので、つい先日まで来たたことがなかったのです。
尚この写真は、私の安物の携帯電話で撮ったものです。

夏祭り総合ー5

日が低くくなり17:30が近付いてきました。

画像


夜店は盛況を極めていますが、。実はこれが問題だったのです。昨年までの会場であった隣の企業の駐車場が使えなくなり、町内にある公園を会場にしたのです。公園はフェンスで区切られて大小二つに分かれています。大の方だけでは狭すぎるだろうと言う事で、夜店は小さい公園で、踊りは大きい公園で遣ることにしたのです。

画像


本番の開始、町内会長や来賓の挨拶を始めたのですが、お客さんが夜店の方に集中して、盆踊り会場に来ないのです。せっかく長時間並んだのに今更列を離れることができるか!と言う事なのです。

画像


会長さんには気の毒をしました。
それでも、太鼓の演奏を終えて踊りが始まりました。


画像


屋台下の紅白の幕に白い短冊がぶら下がっていますが、これはご祝儀をくださったかたがたのご芳名を掲示してあるのです。最終的には、企業さん個人の方を含めて80件超に昇りました。

踊りには、集客を目的とした仕掛けがあるのです。黄色い→の所を見てください。

画像


→の正体はこれです。

画像


これは花火との交換券なのです。小学生以下で踊りに参加した人にだけ首にかけてあげるのです。おまけに最後に成ってから交換なのです。これは結構人気があったようです、踊りの輪が二重になるくらいになりました。250個も出ました。

19:30、子供相手のお祭りですからこれで終了です。いたずらをされては困るもの・櫓の飾り付けや夜店の片付け
を1時間ほどでやってしまい、最後に班長さんや夜店関係の人を集め大人の打ち上げ会をやりました。昨年までは日を改めてやっていたのですが、集まりが悪いと言う事で中止にし、その日にご苦労さん会を1時間程やることにしたのです。

画像


翌日朝7:00集合で正式な後始末です。驚いたことに会場は非常にきれいでした。マナーが定着してきたのでしょう。
櫓はプロでないと解体出来ないので、翌く月曜になります。

画像


画像


祭りの残骸です。

画像


全回も前々回もお祭りにかかわってきた方の話、「今年の分別は見事だ」。

後は次の役員会で、反省ですね。

夏祭り総合ー4

17:00、いよいよ待望の夜店に開店です。わずか700戸余りの田舎の町内です。いやー、驚きました。
並びますねー。


画像


画像


くじ引きのコーナーです。

画像


水ヨーヨーのコーナーです。可愛いですね。お母さんも楽しそうです。


画像


画像


金魚すくいです。

画像


以上二つのコーナーは、アットいう間に終わってしまいます。何しろ、釣れても釣れなくても、それ持って行けですから・・・。
次は焼きそばコーナーです。見ていた妻が「プロ級」と驚く手際の良さ。

画像


応援の班長さん・・ほとんどお母さん・・も大忙しです。暑い暑い、途中で冷たいお茶の差し入れをしました。ネームタグをつけているのが応援の班長さんです。

画像


次からは、画像の紹介のみで・・・。
中央、首タオルのオジサンも頑張りますね。震災の時には3ヶ月間同じ所でボランティア活動をした方です。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


こんなお祭りの夜店は大変は大変なのですが、結構楽しいのです。何しろ採算は度外視して営業しているから楽なもんです。「そら、50円引きだとかなんとかで・・・」

夏祭りー総合3

夏祭りのオープニングは16:30です。準備が着々と進みます。

画像


画像


玉コンの煮込みも屋外に出てきました。


画像


宣伝カーによる宣伝に、子供会から選抜されたウグイス男女が出発します。13:00と15:00の2回行います。

画像


このころになると待ちきれなくなった子供たちが会場に詰めかけてきます。


画像


こんなお客さんもやってきます。

画像


奥州白狐太鼓のめんばーも会場入りしてきました。;

画像


15:30、こちらは班長さんたちの集まりです。これから夜店の手伝いの役割分担と、早めの夕食・おにぎりを食べてもらい出動準備をしてもらいます。

画像


舞台裏では、音教関係の準備も整いました。

画像


16:30 いよいよお祭りの開始です。本番は17:30からですが、これからオープニング・ムードを盛り上げていきます。中学生のお兄さんお姉さんたちがゲームコーナーを開いてくれます。輪投げです。

画像

オープンは欧州白狐太鼓タイの演奏です。カッコいいですね。

画像


コギツネ達も参加です。

画像


待ちきれない子供たちが夜店の周りをウロウロ。夜店のオジサンから「まだか、まだかの催促がうるさくて・・・。開店時間を場内放送してくれ・・・」。

画像


画像



画像


こんな風景もアチコチで見られました。ピクニックですね。

画像


太鼓の演奏が終わった後はこんなレッスンも。


画像


画像

夏祭りー総合2

当日、出かける途中にある借用した幼稚園の駐車場には、もうこんな駐輪場が設置した有りました。ここは駐車場として使います。

画像


AM10:00役員14名、夜店を担当するソフトボール愛好会のメンバーがが全部出てきました。何故か知りませんが、ソフトボール愛好会が夜店の担当にズーット前から成っていっる様です。いよいよパイプで組み立てられた頑丈ですが無粋なやぐらの飾り付けを始めます。

画像



画像


スピーカーも取り付けました。ほぼ櫓は完成です。近くで見ると実に不細工な飾り付けですが、遠くから見るとそこそこの出来です。暗くなれば大丈夫でしょう。近所の人も見に来てくれました。

画像


会場の入り口の看板もできました。これは毎年使っている物(だから年度が入っていません)にペーパーフラワーを飾り付けただけです。

画像


次はテントとの設営です。先ずは本部席、受付、来賓席(重要です)からです。

画像


次いでもっとも重要な夜店用のテントです。

画像



夜店の準備が始まります。冷凍イカの解凍、味のしみこみにくい玉コンの煮込み、焼き物用の炭も到着しました。


画像


画像


画像


そろそろ昼食です。コンビニでのり弁を全員で食べました。

夏祭り総合ー1

今日はAM7:00から後片付けをしました。テントの撤収や、配線の撤去や、ごみの始末や、備品の清掃後片付け等々、やることがまだまだたくさん残っているのです。結局午前中掛かってしまいました。善良な方が見えます。役員でもないのに早朝から、私にもできるゴミ拾いに来ました・・・と。
でもまだこれで終わっていないのです。まず櫓の撤去です。これは組み立てたプロでないと出来ません。今日は日曜日なので明日になります。
それから、お世話になった方々への御礼状を出さなければなりません。それの作成があります。そして、明日は解体を見届けた後、お礼に回らなければなりません。何しろ、次々と協賛のお願いをしなければなりませんから・・・。さらの8/8には、某製紙会社の夏祭りがあります。これにも表敬訪問をしなければなりません。忙しいです。
それでは・・・・。
昨日は、AM9:00に出動しました。何にも先駆けて、電気配線を集会所からお祭りの現場まで引かねばなりません。現場まで迂回すると約80mもあります。今までの線が老朽化していたので、新しい物を購入しました。
提灯、マイク、音響などなどに使います。場内の照明や冷蔵庫などは発電機付きのものを使います。こんなものはレンタルがあるんですね。

画像


集会所の電源の容量は60Aもあるそうです。

夏祭り

今日も夏祭りの話です。昨日の夜店の販売価格の間違いのけんで、回覧板で訂正を知らせようとしたのですが、良く考えると1日半では到底各家庭を回覧させることは不可能だと気付きました。みんなのんびりしていて、早く回そうと言う事をしません。ましてや勤め人がいたりすると全くそこで留まってしまいます。その結果見たいや見ていないとなっり、返ってて騒ぎに成ってしまうように思えます。他人が知っていて自分が知らないとなると騒ぎ出しますからね。それならいっそ知らせないで、当日あっさり「間違っていました。御免なさい」と、謝ってしまった方がいいだろうと思い、早朝に会長に連絡をしてその線で行くことにしました。
そして、価格訂正のポップを作ることにしました。

画像


まあこれを貼りだし、開会の時に謝ればすんなりいくでしょう。こんなことになったのは単なるインプットミスではなく、価格表を間違えて使ったためだったようです。

今日は、盆踊りの櫓の組み立てを、町内の土建屋さんに発注をして骨組の組み立てをしてもらいました。いい加減なものだろうと思っていたら中々どうして、トランシットでレベルを出したり中々立派なものです。

画像


櫓うえの舞台上は、歩み板貼りだけだと思っていたら、ちゃんとコンパネで床を作ってくれました。これなら櫓の上でで踊ってくれる人も安心でしょうね。


画像


パイプのでっぱりの安全対策もしっかりしています。


画像


これが骨組みの完成状態です。明日は朝からこれにデコレーションを施します。

画像

夜店の値段表

町内会の回覧で、夏祭りの目玉である夜店の焼きトウモロコシの値段の間違いに気づいてくれた人がいた。
読んでくれているんだ。有難う。さっそく明日、訂正の回覧を回します。
間違いは間違いでも、高く表示していたのでせめてもの救い、安くなるんだから。でもやっぱり間違いですね。
謝らなければ。
言っておきますが、入力間違いは私ではありませんよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。