FC2ブログ

アンナプルナトレッキング・・テント生活

歳を取るとどうしても懐古趣味になってしまいますが・・・・。
キリマンジャロ、ケニヤ山のトレッキングを除いてはネパール、パキスタンともにロッジ泊のトレッキングをしたことがありません。テント泊ばっかりでした。
だから今度のトレッキングは」なんだか風情が無くなってしまったようで残念でなりませんでした。次は今回見た風景です。
標高の低い所ではこんな所にテント場がありました。畑だったり家畜の放牧地だったりです。

画像


次はマチャプチャレベースキャンプの風景です。昨夜は雪が降りました。

画像


左の大きなテントはキッチンテントとダイニングテントです。右奥のとんがったグレーのテントはトイレテントです。
テント泊の時には前述のダイニング、キッチン、トイレテント、個人用のテントは当然の事、食料も、キッチンの炊事用具も、ダイニングのテーブルに椅子、食器に至るまで全部ポーターや約などで持ち上げていきます。このキャラバンに風情がありました。バリトロ氷河の29日間のトレッキングの時には、ポーターやシェルパが150人、それにヤギも2頭も付きました。
テント生活の朝は、モーニングコールはバケツをたたいて合図です。モーニングティーとお湯がテントに配られます。夕方テントが次々と設営されていくのを見るのも楽しみでした。

次の写真はバンブーで撮ったものです。中央に竹で作った小屋があります。かつてこれはテント場に泊まった人たちの炊事場だったところです。今はポーターの宿泊用になっていました。左手前の物は太陽熱を使ってシャワのお湯を作っている温水装置です。

画像


今回は1日目のガンドルンと12日目と13日目のコースは、12年前に通ったことがあります。昼食をとったランドルン(12日目)ではテント泊をしました。その場所を特定しようとしたのですが、確信をもってここだと言い切ることができませんでした。

画像


多分この畑がそうだったと思いますが、あまりにも変貌が大きく特定が困難でした。
スポンサーサイト