FC2ブログ

ワラビ

もうそろそろお先走りの奴が出ていないだろうかと思って、例年早く出るところを探してみました。
ありました有りました、6本ほど出ていました。6本あれば味噌汁の具にはなりますから摘んでくることにしました。
その後何時ものルートを通ってて山頂へ向かいました。
山頂部には松を植林したために下刈りをしたところがあります。そこに達した時「あれ!」なんだかワラビのような姿が見えました。いままで毎年通てい老いるところですが、こんなところでワラビを見たことがありません。それに
山頂部ですから時期が早くて、出ていないはずです。
でもよく見るとワラビでした。踏み込んでみたら結構出ています。この2~3日の暖かさで一気に出たのでしょうかか。なんだかんだと60本くらい採れました。
それならば、いつもの所にも出ているはずだと思って、寄り道をしてみましたがこちらでは全く見られませんでした。結局あの場所は何か特異な状態になっていたのでしょうか?
夜のお浸しを期待したのですが、あく抜きに時間がかかりお預けになりました。


画像
スポンサーサイト



何でこの時期か

ネパールのトレッキングにはプレモンスーンの時期2~5月とモンスーン明けの10~12月があります。モンスーン明けは天候が安定していて、天気が崩れることがほとんどなく、崩れても短く良い季節です。それに引き替えプレモンスーンの時期は天候がもう一つ安定しません。今回も午後に崩れて、雨や雹や雪に見舞われました。でも夜になると回復し翌朝は素晴らしい天気になります。


画像


はじめっから天候の安定した秋を狙えばいいじゃないかとなるんですが・・・。春を狙うにはそれなりの理由があるんです。次がその理由です。

画像


これは信用できないかもしれませんがシャクナゲの花なのです。ネパールの国花でラリグラスと言います。日本のシャクナゲと違って大木になっています。これがみたいがために春に出かけるのです。以下その壮観な様子です。

画像


画像


画像


画像


ピンク色もありますがラリグラスは真紅のもをいいます。かつて白色のものを見たことがあります。