スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休養日

今日は全く何にもせずに過ごしました。

震災で遣られた「県南浄化センター」の復旧が昨日で完成したらしい。
当初の予定では来年のはずだったのが1年前倒し、頑張りましたね。遣られた当初は、トイレの排水が中々しなくて、節水に努めたものだったなー。これで心配がなくなった。

同じく、飛行場の東側の堤防が本日完成したらしい。震災では空港が相当やられて、救援物資を運ぶことができなかった。重要施設だからいち早く完成させたのでしょう。

ゆっくりしたおかげで、疲れが取れました。
スポンサーサイト

今日から慣らし運転

トレーニングを終わり、のんびりと花を探しながら歩いています。
山道で、ブッシュの中でなんだかガサガサするのでソーット見ていたら、テンかオコジョだろうか可愛い顔をしたそんなやつが歩いていました。カメラを用意しているうちに去ってしまい、写すことができませんでした。

3月も20日を過ぎたし、旅行に行って帰ってきたらもう4月10日だし・・・と言う事で、今日タイヤをスタッドレスから夏用に履き替えました。それから洗車をして・・・・、部屋の掃除をしてと忙しい1日でした。

急げ急げ

春が猛烈なスピードでやってきているようです。今まで咲いていても貧弱だった花々が勢いよく咲いています。
フキのとうです。大きく立派になりました。

画像


坂道を登っていくとクロモジが花をつけだしていました。木の香りがよいので、爪楊枝にも使われたようです。でもここは墓地のちかくだから・・・。」

画像


カタクリはまだつぼみが固いですが、先端をほんのちょっと開きかけていました。もうあと2日か?

画像


イチゲも日の光を受けて大きく開いていました。

画像


「あおき」の実が色付き始めました。もうすぐ真っ赤になります。

画像


そして・・ついにツクシが顔を出しました。

画像


風が強いのが難儀ですねー。

散髪屋さん

散髪屋・床屋さんは案外固定した店になるようですね。
所が今日行って見たら、待っている人が多くて、引き返してきました。
帰路途中にある散髪屋さんの事を思い出してドアーをあけてみました。
目下一人の人が、髭剃りの工程に入っているところ。
「お願いできますか?」
「この後もう一人予約が入っているのです。その後でよろしければ・・11時頃になります。予約をしていただければ・・・。」と言う事で予約を入れていったん家に帰りました。電話番号をもらって来たから、この次からは、予約していけます。待ち時間の節約になりますね。
11時前にまた散髪屋に行きました。まだ前の人の散髪は終わっていません。でも大体終わりに近づいていました。仕切られた物質で待っていると
「もうしばらくお待ちください」と言ってコヒーを出してくれました。
散髪屋でコヒーの提供を受けたのは初めてです。
清潔な店だったし、設備も新しいし、何より大将が気さくそうなひとで技術もOKでした。
但し、料金は300円ほど高くなりました。
でもコヒーと待ち時間を考えれば、こちらのほうがいいかも・・・です。

暖かくなりました

ほんとうに三寒四温、暖かい日が来るようになりました。
山ではもう花々が急いで咲き出しました。
カタクリの蕾はまだ固いですが色付いてきました。


画像


こちらはキクザキイチゲです。ほんのり青味が買っています。

画像


これはアズマイチゲ、純白です。

画像


花粉の乱舞。杉花粉です。暖かくて風が強いから、煙のようになって飛んでいます。写すタイミングがちょっと遅かったみたいで、周りに拡散してしまいました。

画像


我が家のさくらんぼですが、昨年木の高さを詰めるために、思い切った剪定と言うよりばっさばっさと枝を切り詰めました。そのせいでしょうね、今年は花芽が数えられるくらいしかついていません。今年に収穫は駄目ですね。
同じようにツバキもさっぱり蕾をつけていません。花芽の枝を剪定してしまったのでしょう。

トレッキングの事

今度出かけるトレッキングの添乗員から挨拶の℡が来た。今まで女性の方がほとんどだったが、今回は男の人。おまけに大阪支社の方。出発は成田組と関空組に分かれて出発し、トランジット先のタイ・バンコクで落ち合うとのこと。だから我々成田組はバンコクまでは添乗員なしで行くことになります。バンコク国際空港:スワンナブーム空港は初めてですが8人ものグループで行けば何とかなるでしょう。10年以上前に2度ほど行ったことはあるけれど、新しい空港なっているからもう役に立たないですね。
まあ大した話はなかったです。女性と違って説明も大雑把でした。

標高が上がると気温が下がり、雪が降ることもある。それがモンスーン明けの秋との大きな違いです。防寒具には注意を。

帰路温泉の湧くところを通るから、入る予定でいる。ただし、素っ裸では入れないから水着を用意しておけと・・・。
普段からブリーフでなくトランクス派だから水着の用意は不要だね。

バンコク空港では個人で夕食をすることになっているが・・・と質問したら、クレジットカードが使えます。ドルも使えます。律儀な方は2000円位をバーツに両替する人もいますと返ってきました。

それとカトマンズでは相当時間の余裕があるが観光することができるのか聞いたところ、なかなか予定通り飛行機が飛ぶかどうかわからないので、まず無理だと思っておけとのこと。パタンかパシュパティナートに行って見たかったのだけど残念。まあタメル地区のお土産屋さんか、3度目になるがダルバール広場で我慢するより仕方がなさそうです。
以上です。

そのほか、今日は持ち物の小物:薬・バッテリー・充電器・メモリー等々のチェックをしました。カメラもニコンの一眼とキャノンのコンデジを持つと結構小物が増えますね。
明日はそろえたものから不用品を削る作業をします。

トレーニングの仕上げ

トレッキングに向けてのハードトレーニングの仕上げの日にしました。荷物もトレッキング本番と同じくらいに減量しました。春本番の日差しで気持ちの良い日です。例によって柴田町の四日市場から七つ堤までの往復16kmのコースです。
気温の高い日が何日かありましたので、山は一気に春めいてきました。南向きの雑木林では、春蘭が・・・

画像


グリーンピア岩沼では、陽気につられた家族連れがピクニック、レジャーシトを広げてお弁当を楽しんでいました。傍らではマンサクの花も

画像


何時もの所を覗いてみたらアズマイチゲもちょっとだけ咲きかけています。

画像


そうそう今日はカモシカに2回も出くわしました。最初は気付くのが遅れ、あまりにも近づきすぎてすぐ逃げられてしまいました。向こうは随分前から気づいていたのでしょうね。
ここにいたのだったら多分あそこにはいるだろうと思って、帰路何時ものポイントに立ち寄ってみました。案のじょうお気に入りらしい丸い石の上にいました。今度は早く見つけたので距離があります。もちろん向こうも気づいています。案外好奇心の強い動物です。遠くから「おーい、写真を撮らせてくれ。ちょっとこっちを向いてくれ・・」とかなんとか声をかけたり、口笛を吹いたりながらユックリ近づきます。結構近くまで近寄らせてくれます。

画像


有難うと大きな声で言って別れてきました。

常磐線亘理~浜吉田間開通

開通初日なので行ってきました。ただし、午前中は色々とイベントがあって込み合うだろうと思ったので、みんなが引き上げた午後に出かけました。案の状静かなものでした。
到着を前に入場券を買ってホームで待ち構えました。

画像


駅はこうでなければいけませんね。


画像


ホームは二つありますが、ここで折り返し運転をするため向かい側にある線路は封鎖されていました。


画像


浜吉田街道の踏切で下り列車の出発を待ち構えました。信号も生き返っています。、車も停車して待っています。踏切の普通の姿に戻っていました。

画像


話しは変わりますが、県道38号線の浜吉田の交差点にあったコンビニがもう復活していました。
上:2012/9/14 車で弁当を売っていました。
下:2013/2/28 建設中でした。

画像


これが今日の姿です。

画像

春ですね

そう思って今日から散歩のジャージーを冬用から替えたたら、風がスウスウ通過してきて結構寒かった。吹く風は意外と冷たかったですね。でも太陽はサンサンと輝いていました。
そんな中何時もの所で、やっとカタクリが蕾をつけていました。

画像


傍らではよれよれだったけどスミレも咲いていました。

画像


陽だまりでは冬眠から覚めた「ヒオドシチョウ」が飛んでいました。このチョウは散歩道で時々見かけるのですが写真に収めることができたのは初めてです。天敵との関係なのでしょうか、各年で大発生をするようです。
珍しいチョウではありませんが、この辺りでは見かけることが少ないですね。

画像



話しはがらりと変わりますが、久し振りに瓦礫を運ぶ貨物列車を見ました。何時もは来る前にこの場所を通りすぎてしまうのです。

画像


日が長くなったので、太陽の日が当たってきれいでした。

円安

私が海外旅行に出かけようとすると、決まって円安が進行します。
今回も随分と円安が進みました。

海外旅行のツアーでは、航空機の燃料サーチャジは1ドル何円位と言う事で仮の値段が設定されています。(勿論、燃料サーチャージ込みをうたい文句にしているところもあります)
今回の旅行では1ドル=90円で仮の設定がなされていました。
それが95円にもなってしまいました。
旅行社から速達便が来ました。
「為替の変動のため、当初25900円と見ていたものが現時点では27200円となりました。」と言う事で、1300円の追加徴収が来ました。まあ仕方がないですね。
所がこの1300円を振り込んだら、手数料が350円も取られてしまいました。

でも1ドル=82円位の時のドルのトラベラーズチェックが1000ドル分とドルの現金が300ドルほど故有って持っています。こっちのほうでは大分利益が出てしまいました。めでたしめでたしです。

仙台空港管制塔

昨日書いた仙台空港の管制塔ですが「新しい管制塔が出来たので古いほうを壊している」と言うお姉さんの言葉がどうもしっくりこないので調べてみました。
これが昨日撮った写真です。

画像


これは震災の年2011/3/26に撮った写真です。まだすごい状況です。この管制塔が取り壊されているのです。

画像


同じ日に飛行場の北東側、いわゆる裏側から撮った写真です。黄色の枠で囲んだところを見てください。

画像


最初の写真で新しい管制塔が立っているあたりです。鉄筋が立ち上がっており、震災直後にもう工事が始まっていますね。何ぼ何でも早すぎますよね。

次は2011/12/20に写したものです。もう管制塔が建物としては出来上がっています。

画像


次は2012/3/12に写したものです。

画像


あまりにも手際が良すぎます。・・・と言う事でグッグッテみました。
何のことはない、耐震化を図るために震災前から工事が始まっていたのです。

過去の写真を探してみたら、これだけそろいました。

仙台空港

仙台空港近くで「名取市海岸林再生プロジェクト」と言うのがあって、今そのためのクロマツの苗を育てていると言うのでその場所を探しに出かけました。でも残念ながら見つけることができませんでした。ハウスの作業をしていたオジサンの話では、発芽して大きくなってきた苗を移植したようだが、移植先までは知らないと言う事。そのうち探すことにします。
と言う事で、仙台空港にもよってみました。もう何にも変わらないだろうと思っていたのですが・・・。


画像


管制塔の隣の高い建物が取り壊されかかっています。いったい何の建物だろうと思って、空港の案内のお姉さんに聞いてみました。「古い管制塔です」と答えがかえってきました。先の地震で管制塔もやられていたのだそうで、新しいのが出来たので古いのを取り壊しているのだそうです。

空港の建物の外にはこんな鈴のモニュメントが出来ていました。

画像


時計は、2時46分を示しています。その下の円盤に入っているブルーのラインは津波の到達点を示しているようです。
建物の中にはこんなペナントがずらりと張り巡らされていました。
都道府県や各自治体からのエールが書き込まれていました。

画像


展望デッキに登ってみました。こんなド派手な飛行機が出発しようとしていました。

画像

東日本大震災追悼式

岩沼市で行われたので参列をしてきました。
会場となる市民会館前には、半旗が掲げられていました。

画像


14:30分より開始され、犠牲者のご芳名奉献と市長の式辞があり、その後政府主催の追悼式の様子がTV中継されました。同時進行で黙とうを捧げました。

画像


放映終了後岩沼市独自の追悼式が行われていきました。
遺族代表のお言葉奉納の様子です。

画像


献花の様子です。

画像


これには、私がかつて勤めていた会社の会長、地元工場の工場長・労組役員なども参加していました。何時も不思議に思っているのですが、俳優の西村雅彦が参加していることです。追悼式以外でもいろいろと顔を出しています。ググッテ見たけど岩沼市との関係がもう一つわかりません。
私はあまりにもラフな格好で出かけていたので、献花の儀は遠慮をしました。

さて来年は、市長の式辞の中に「あれもやった、これもやった」と言う復興の実績をどれだけ並べてくれるでしょうか。

町内会の役員

転勤でこちらに来てから足掛け50年になります。それだけお世話になっていたと言う事です。
今年は町内会の役員の改選時期です。
町内会の班長は1年交代の持ち回りでそれぞれがやっています。
町内会の役員は、町内のいくつかある班をまとめて12のグループを作り、そのグループから理事を1名選出します。で、その選ばれた理事12名で役員の分担をします。
たとえば私の属する35班は他の二つの班33と34とでまとまってグループ9に入っています。
この3つの班から理事を1名出すのですが、だれを出すかと言うと、前々回は33班からで、前回は34班から出ていますので今年は35班といった具合に順送りになっています。だから今年は私の属する35班から選ばねばなりません。じゃあ35班からはどうして選ぶかと言うと、通常はその年の班長さんがやることになるのです。
私の班には7軒の家があるのですが、みんな年寄りばかり、3軒はご主人がいなく、2軒は病気で動けない。1軒は以前に会長をやってくれましたそんな状況で、たまたま今回の班長がご主人のいない家に当たってしまいました。
だからどうっていうことはないのですが、私はそんな重い役はやれないとかなんとか言って埒があきません。
要は自分のやりたいことはやるが、それ以外はやりたくないと言うだけなんです。
普段を見ていればそれがわかります。ごちゃごちゃ面倒なので私が引き受けました。
そして今日その理事会がありました。
仰せつかったのが町内会副会長です。まあ一番楽な役目でしょう。2年間務めることにします。

スニーカー

午前中・10時頃まではは物凄い風でした。JRも運休が出たみたいです。でも午後からは穏やかになりました。
のんびりと里山を歩きました。今シーズンになって初めて開花しているツバキを見ることができました。3輪ほどが全開していました。

画像


すぐ傍らではキタテハ・越冬した成虫が羽を広げて太陽の光を浴びていました。寒い冬を何も食べずに冬眠していたのですね。

画像


そうそう、とうとうスニーカーを履きつぶしてしまいました。随分とハードな歩き方をしましたからね。早速新しいのを購入しました。履きやすそうですが、どうやら中敷が必要なようです。明日見つけることにします。

レンズが直ってきました

修理に出していたレンズが直ってきました。3月4日に修理に出して、昨日完了の連絡が来ました。ものすごい速さ4日間でで直してくれました。
某カメラ店に持ち込んで、21日までに直してくれと頼んだら難しそうだと二の足をふまれたのだけどねー。
ニコンで「トレッキングに出かけるから・・・」と頼み込んだのが、効を奏したしたかな?
超特急で治ったけど、修理費用も33000円程とこちらも超が付きました。コンパクトデジカメのそこそこのものが買えそうな値段でした。VR機構不良、接合レンズがいかれていたとは、相当ひどいショックだったのですねー。
部品交換が10点もあった。

SWM部組
1群部組
VRユニット
2群直進環部組
G1-2接合レンズ
ゴムリング
マウント
3-4群カム7環
フィルター環
固定筒

こんなに変えたら新しくなったみたいな感じですね。
一寸使ってみたけどなかなかいい感じになって戻ってきました。

ほんとうの散歩

今日は荷物を持たずカメラだけの本当の散歩に出かけました。暖かいので上着を脱いだまま・・・。
残念ながら収穫はありませんでした。
田圃道では今ちょうど、オオイヌノフグリがきれいに咲いています。そうそう、無粋なネーミングだから別名の「星の瞳」を使うことにしていたんだ・・。


画像


画像


きれいな花ですね。」

トレーニング

トレッキングに向けて、長距離を歩くトレーニングに出かけました。四日市場の山神神社の社務所から登り始め、最近作られたグリーンピアのハイキングルートの南ルートと北ルートをたどってきました。約16km位でしょうか。
登り初めにホトケノザが咲いていました。

画像


南ルートに入る前の林の中では、越冬したテングチョウが飛んでいました。

画像


赤松展望台。前回来た時には松枯れ対策として薬品の注入が行われていましたが、今日はもうなくなっていました。

画像


画像


陽だまりの斜面では小さいながら、フキノトウが芽を出していました。

画像


でも日陰のため池ではまだ結氷したままでした。ロッシャラ堤です。

画像


ここが北ルートの最高地点です。まだ先にルートがついていますが、ここで引き返してきました。

画像


10kgの荷物を持ってここまで往復すると結構疲れます。

旅行計画書

トレッキングの最終計画書が届きました。
成田集合が朝8::55、出発が10:45だから、これなら前日夜行バスで仙台を立てば成田に朝6:30に着くから十分まにあいますね。さっそくバス・チケットを手配しました。
空港宅配クーポンが付いていたから、今回も手ぶらで行けそうだ。
それと、ダッフルバッグを支給しますと書いてある。そんなものいらないから、その分安くしてほしいなー。

バンコクでトランジット、宿泊になります。タイ料理が食べられそうです。帰路もバンコクでトランジット、夕食は各自自前で食べてくださいとのこと。それは良いのですが、そのためにタイのお金バーツを用意しなければならないのかな。両替しても、食事だけだと余ってしまいそうだ。ドルが使えるか?それともクレジットカードを使うか?まあ一度確認をしなければ・・・。

カトマンズではそば料理が食べられそうだ。あのピンクの花をつけるそばだ。

カトマンズでは1日半ほどの自由時間がとられている。多分皆さんは、オプショナルツアーで「ヒマラヤ遊覧」をされるはず。私は前回絶好の天候に恵まれて経験しているから今回はパス。
町の逍遥でもしようか。地図と行きたいところを頭に入れておかないと・・・。

そうそう、ツアーガイドは大阪支社の人だとか。成田からバンコクまでは我々だけで行くことになる。まあ8人もいるそうだから大丈夫だろう。大阪から3人、現地参加が1名とか。現地参加とはどんな人なんだろう。福岡辺りから飛ぶのか、それともトレッキングのはしごかな?

ハウス栽培

昨年の3月、震災後1年に記録をwebで紹介しましたが、その時に早股集会所の道を隔てた北側に「東日本大震災農業生産交付金」の援助で作られたビニールハウスの事もを紹介しました。

画像


2年後の様子と言う事で今日訪ねてみました。
ハウス内では、チンゲンサイが造られ収穫がされていました。

画像


ハウス栽培を手掛けていたオジサンの話を聞くことができました。
元は玉浦の海岸寄りでキュウリのハウス栽培をしていたが、全部流されてしまった。この土地も組合員の方の所有だがそれを借り、交付金でハウスを作った。ハウスは7棟あるが、経営は個人だが3人でやっている。手っ取りバやいと言う事で、チンゲンサイの栽培を始めたが、やっぱり元のようにノウハウのあるキュウリ栽培をやりたい。今年の6月から挑戦するつもりだが、燃料の灯油がこう高くてはちょっと採算が取れなくなりそう。
こんなことや、専門的な事などなんだかんだと話をしてくれました。
ここまでやってきた苦労を誰かに聞いてほしいのでしょうね。

写真の資材置き場の建物は、ボランティアの人達が作ってくれたそうで、内部はちょっと狭いが3つに仕切られているそうです。 色々と面倒を見て頂きましたと感謝をしていました。

画像


つぎに玉浦にある「相の釜ハウス園芸組合」を訪ねてみました。ここで車を降りるときにカメラをアスファルトの路面に落としてしまったのです。
このハウスは震災後1年半の記録で紹介しています。

画像


今日は中を見せてもらいました。この時期はメロンやトマトではなく「カキナ」や「カブ」が栽培され、ちょうど収穫をしていました。

画像


そうそうカメラの事ですが・・・・。
レンズのホルダーが変形して割れてしまいました。トレッキングまで修理を間に合わせなければとヨドバシカメラに飛んでいきました。どうも日数がかかりすぎてトレッキングには間に合いそうにありません。、「まに合わすには直接ニコンに修理に出すことです」とヨドバシのお兄さんが教えてくれました。そういえば昨年だったかな、ニコンが仙台にサービスショップを出したと聞いていました。さっそくそちらに出向き、修理依頼をしました。修理見積もりが即時に出て、修理に要する日程は1/2で済みました。
問題は修理費用ですねー。もともと一寸贅沢なレンズですから修理費もそれなりなんです。仕方ないですね。
午後からはブルーな一日でした。

阿武隈川の河口堤防

阿武隈川河口・亘理大橋近くの岩沼側の堤防の改修が始まりました。
先の津波で壊されたからではありません。従来、上流から進められてきた補強工事の延長線上の工事と見たほうがよさそうです。
上流側の改修されて来た堤防です。

画像


こちらは回収が始まった河口側の堤防です。随分と貧弱です。

画像


先の津波では、この近くの人達はここより高い所がないと言うので堤防の上に避難しました。河側も田圃側にも津波がおしょよせて挟まれる形になりましたが、それでも難を逃れることができました。後日聞いた話ですが、堤防に登るときに1m位のコンクリートの壁があるのですが、これを登ることができた爺様は助かったが御婆さんは津波にのみこまれてしまったそうです。いずれにしてもバリアーにはなりました。
だからこんなところにも家が新築されるようになっています。ここの堤防は補強改修されています。

画像


次からは工事の様子です。l

画像


画像
 

次の写真で矢印で示しているところまで、堤防が拡幅されて補強されます。又コンクリートで覆うこともされるそうです。

画像

いちご栽培-4

山元町の災害公営住宅地の進み具合を見に行きました。そこから、遠くを眺めると結構大きなビニールハウス群が見られました。きっとイチゴ栽培のハウスだろうと思い、見せてもらいに行きました。
集団営農と言うのか何人かが集まってやっているようで、代表格の人に断るとあっさり許可をくれました。もう「いちご」がなっていました。高設ベンチ方式でした。

画像


裏に回ってみました。エネルギー代も大変ですね。

画像


まだ工事中のハウスを覗いてみました。何だこれは?

画像


変な作業をやっていました。聞くと「ヤシ殻だ」との事。「液肥を使って、水耕栽培をする」のだそうです。ヤシ殻をプランターに詰めているのだ。

画像


そういえば先日見たのもこれかもしれないね。

画像


これが、いちごを植え付けるプランターですね。

画像


興味深そうに眺めていたら、若いお兄さんが説明をしてくれました。
「これはコンベヤーに成っていて、イチゴを植えた緑色のプランターが赤い矢印のよう進んでいくのです。・・で白い矢印の所で、肥料や水をやるのです。」

画像


成程、これなら植え付けと収穫以外は人手が入りませんね。受粉はミツバチに任せればいいし。更に・・・、データーを自宅に送れば、自宅からPCで指令を出すこともできるね。エネルギーもたくさんいるだろうから、やっぱり太陽光発電とドッキングが必要になってきそうだ。
そうそう、フトと思ったのだけど、ミツバチで受粉させているんだから、蜜蜂が集めたハチミツはどうしているんだろうか?今度確かめてこよう。

いちご栽培ー3

栽培面積の大きさをどう表現しようかと考えた結果、地図で示すことにしました。
・・・と言っても岩沼市吹上辺りを知っていないと、話にならないのですが。
でもほかの所だと別の人がわからないでしょうからね。

画像

イチゴ栽培ー2

亘理や山元町を歩くとやたらとビニールハウスが目のつくことは昨日書きました。
所で、亘理町では復興に「いちご団地」と言うのを作っています。浜吉田、開墾場、逢隈の三か所です。その進行状況を見てきました。メチャクチャ大きいです。大きすぎて、その大きさががわかりません。
三か所の合計面積は67.3haだとか。方形の土地に換算すると1500mx450mなのですね。
写真を撮りましたが、大きさが表せません。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


完成したら西の阿武隈丘陵の山に登って眺めてみることにします。その前にグーグルアースが取り込んでくれるといいのですがね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。