スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残る学校・なくなる学校

亘理町の荒浜中学校が解体されると言うので出かけてみた。

画像


もう解体が相当進んでいた。
中学校へ行く前に荒浜小学校のそばを通るので覗いてみた。丁度市の職員さんのような方がいたので尋ねてみると、この学校は修理をして再開するとのこと。

画像


玄関にこんな張り紙があった。

画像


これから見ると今年の4月から再開されるようだ。覗いてみると1階はきれいに掃除がされていた。

次は小学校と中学校の位置関係。

画像


両者の距離は直線で約600mほど。阿武隈川の堤防が有ったことと、港側に堤防がなかったことが両者の運命を分けたのだろうか。
スポンサーサイト

下調べ

改めて下調べが大切だと言う事を思い知らされた。
昨日書いた様に、今日から昨年見つけた新しい野草をwebにアップするための作業に入った。当然昨年12月に
八丈島に行ったときに撮ってきた物も含まれる。
そいつを調べていて、とんでもないことがわかってきた。

画像


これは何の変哲もない「サルトリイバラ」、たくさんあってきれいだなーと思って写してきた。ところがである、良く見るとこれイバラと言うのにトゲが無い‼

画像


アザミだけど、これの棘も柔らかいらしい。

ずいぶん遅れて咲いているスミレだと思って写してきた。

画像


なんと、これは春に先駆けて咲いているスミレなんだそうだ。
koreranokotoha事前に調べていけばわかることで、それを知っていれば現場でもっと詳しく観察をすることができたはずだ。サルトリイバラモ、あざみも棘を見るとか・・・。
・・・・。これからは行く前にもっともっと下調べをしていかなくては。

DVD-R

長くかかっていたけれど「東日本本大震災1年半後の記録」の写真を、岩沼編と亘理・山元・新知町・;松川浦編に分けて、スライドショーとしてDVD-Rへの焼き付けを完了しました。…永久保存版になります。

TVで見てみると、画像がもう一つシャープさに欠けるみたい。これが限界なのかどうか・・・。他の方法でもってテストしてみる必要がありそうだ。

次は昨年1年間で集めた花の写真・・・私の「野の花山の花」に収録していないもののアップにかかります。
これ結構大変なのです。割り込みをしなければならないので、物によっては全部やり替えが必要になって来るのです。

画像


これは八重咲のウツギ・・・八重咲卯の花です。

トレーニング

何時もより荷物を2kgほど増やして、自宅より千貫山経由グリーンピア→柴田町との境界の道→か金蛇神社→引き返して氷室の道→千貫山経由自宅と歩いた
さすがにつかれたなー、最後はよれよれの状態。歩行歩数は30000歩強、18kmはあるかな。
天気は申し分なく、昼飯も快適に食べることができました。こぶしの花芽が相当大きくなっていたし、空を見上げたら真っ青な空が広がっていました。

画像


雪がまだ少し残っていて歩くのが大変。何しろ新しい雪の下は、カリンカリンに凍っているのだから。これはどうやら狸の足跡らしい。足跡がくっついているから・・・。

画像



金蛇水神社に立ち寄ってお参りをしてきたが、今日もそこそこ人が来ていた。でsもすいていたので、この前来た時に気になった「蛇紋岩」を丁寧に見てきた。これってほんとうに自然に出来たものなのだろうか。疑いたくなるほどですね。色々な方が奉納しているようです。

画像


画像


画像


画像


画像


よく似ているでしょう>

芽生え

山の雪も大分消えて、落ち葉の地面が見えてきました。そんな中を南向きの斜面をゆっくり登っていたら、コナラの実が芽吹きだしていました。ドングリの中でも一番早く芽吹きだします。雪に覆われていたのが返って保温になっていたのでしょう。


画像


画像


10kgほどの荷物を持って、登りの多いルートを登って板ので帰路は相当疲れてしまいました。15:45頃だったでしょうか、夕日の中を何か猛禽が飛んでいるのが見えました。トンビ屋ノスリよりも一回り小さい奴です。しばらくじっと立ち止まっていたら、運よく電柱の先端に止まりました。猛禽類は、高い木や棒などの先端に泊まるのが好きなようです。

画像


逆光なのでこれだは何なのか洋わかりません。
そのうち電柱より旅立ちました。

画像


画像


もう一つ自信がないですが・・・、多分ハヤブサですね。
この辺りにはもう一種類、ハヤブサよりもう少し小型の猛禽類が飛んでいるのですが、なかなか・・・。

カタログ

風の強い一日でした。風の音を部屋の中で聞いていたら、定例の散歩に出かける気が失せてしまい、代わりに散髪に出かけました。何の事はない、結局風の中に出ることになってしまいました。

散髪を済ませて帰ってきたら、いつも使っている旅行社から、3月から10月頃までの旅行のパンフレットがドサッと届いていた。これから暇を見ながら、今年ではなく来年の行き先を決めようか。

さらのにもう一つ
アメリカにいる娘からマフラーが2枚届いた。かねてから今年の夏に、友人の息子二人をショートステイさせてくれないかとの話を持ちかけられている。わが娘たちも留学などで随分と他人様に面倒を見てもらっているから
少しくらいはお返しをしなければと思っているから引き受けることにした。ただし言葉が通じないからそのことを承知の上です。
で、今日のマフラーはその子供の母親からだそうです。なんだかこれをもらうともう断れなくなったような気分になりました。

常磐線山下駅

常磐線の山下駅が1/15頃より解体されると言うのでその様子を見るために、今日の午後の散歩を取りやめで出かけてみた。解体は早いピッチで進められている様子。

画像


画像


これは駅舎横にあったビル

画像


駅より南側の線路

画像


少し足を延ばしてみたら、山下第二小学校が姿を消しつつあった。
れは以前の姿

画像


今日の様子

画像


5か月の変化は大きいですね。そろそろ2年後の様子を見て回らねば成りませんね。

スライドショー

一日中スライドショーの作成をしていました。画像の編集過程で、文字の記入が面倒なんのでHPで使っている画像に書き込んだものをコピ&ペーストして使った所、DVDーRに焼きこんでTVで再生したら文字にかすれが出てしまった。フォントの線が細すぎるのと、拡大しすぎるのとでかすれが出たみたい。
これでは保存用としては使い物にならない。残念だが、やっぱり地道に書き込まねばならないな。
フォントは創英角ゴシックUBで34Pで行くことにしよう。横着は駄目だね。

それとPhotosyopだが、やっぱwindows7の64ビットではうまく動かないことがあります。
画像に文字を書き込んで、それを別の位置に移動しようとすると、選択している「文字を書き込んだレイヤー」が移動しようとした瞬間に、「画像のレイヤー」を選択してしまうのです。だから移動ができない。
文字の書き込みを横から縦に変えてみたり、レイヤーの選択を何度かやり直したりすると、移動が可能になります。だからずいぶん時間がかかります。
今は、いったんペーストして、それを切り抜いて、次にペーストした後移動して微調整をしています。何かもっといい方法を見つけないといけませんね。

今日のトレーニング

自宅~車道を通ってグリンピアへ。帰路は千貫山経由:何時ものコースをたどって自宅へ。
17000歩足らずだったけど、結構疲れました。これって、疲労の蓄積ですね。明日は天気も悪そうなので一日休養に当てます。
年明け以来やっと、中央蔵王(刈田、熊野、地蔵岳)の山頂部が、薄雲の中でしたが見ることができました。


画像


大分暖かい日でしたが七つ堤の氷がきれいな紋を作っていました。これを見た時には、ずーっと以前に見たナスカの地上絵「木」を思い浮かべました。


画像


こちらは、大きくすれば小さいものも見えてくる・・・。かっこよく編隊を組んで飛んでいる鳥を先日来時々見かけていました。今日チャンスがあったので450mmで写してみました。姿から見て「カモ」だとは分かっていたのですが・・・。正体は「マガモ」でした。メスオスで柄が違うそうです。


画像

トレーニング

今日も足ごしらえを十分にして、千貫山経由グリーンピア岩沼を往復しました。勿論荷物も持っていきました。
この二日で随分多くの人が歩いたようです。雪はまだまだ消えずにたくさん残っています。おかげで深い雪と、乱雑につけられた足跡で歩くのに苦労しました。

これは今日見たものではないのですが、梅の木にスズメがまるで実をつけているようにたくさん止まっていました。良く見かけるのですが、今日初めてそれを写真に収めました。
帰ってから写真をPCに取り込んで拡大してみたら、アレレ‼これスズメじゃない。
webで調べてみたらアトリと言う小鳥でした。家のすぐそばなのですが、そこから200mも離れていない我が家の庭ではまだ見かけていません。あるいは見落としているのかもしれませんね。

画像


画像

何で?

散歩に出かける前に郵便受けを覗いたら、封書が2通入っていた。
1通は市会議員からの議会報告とか・・・。この議員さんは、一昨年ボランティアをしたが、このボランティア活動の発起人の内の一人。だから名前を知られているらしい。

もう1通を見ると差出人が「岩沼市長」。市役所からの連絡事項は市長名で来るはずがない。何だこれはと思って開いてみたら、来る3/11に震災で亡くなられた人たちの追悼会を開くから・・・と言う知らせだった。
何で市長名で私に?と疑問が出てきた。勿論市長名で大勢の人に出しているのはわかるが、その大勢の人の中に私がどうして入っているのかが疑問なのです。
我が家としてはちょっと身分不相応の義捐金をだし、会計課で署名をしてきたから?と思ったのだけど、それなら昨年連絡がき来るはずだし、それが来ていない。はたと思いついたのが、昨年の追悼会に行きそこで「記帳」をしてきたので、それをもとにして連絡を出したのでは、と言う事。
多分これだろうな。それにしても一々ご苦労なことです。言われなくても、出席させてもらいます。

今日はなんということもなし

昨日受けた「健康診断」の結果をもらってきた。
高山病対策の「ダイアモックス」7錠7日分をもらってきた。160円也。

健康診断

結論から言うと、目論見通り費用が1/3で健康診断が受けられました。
私は今まで、大手の防総合病院で健康診断を受けていました。健康保険の対象になりませんから、料金は正味で、約15000円程かかっていました。高いですねー。

もう13年も前になりますがエベレスト街道のトレッキングに出かけたことがあります。最高到達点が5500m、最高宿泊地点が4800m。当然健康診断書が必要でした。実はその時の結果で血圧が155mmと出たのです。トレッキングには支障がなかったのですが、高いから用心したほうがいいと思って出かけたのが、今日健康診断を受けた医院なのです。そこの医者は「私たちの若い頃は年齢+90が普通とされていました」と言います。それでも、やや高いほうですから、治療を続けることになりました。その結果は大体120~130、70~80程度で推移しています。所で、この治療を続ける中で年に一回、2月頃に検査を行っています。そうだ・・・と思いついて、今回課せられている検査項目と、血圧治療の中で行っている検査項目とを比較してみました。何と相当な項目で一致しているのです。
ならば、まず血圧治療で実施している検査を行い、次いでこれに含まれていない検査項目を追加してやったら???
血圧治療の中でやる検査は、健康保険の対象になります。おまけに私は特例の70~75歳の範囲ですから、自己負担も10%になります。これなら相当安くなるはずだ・・・・。そこで、少しは無理が聞く・・・と言う事で小さな医院でやってもらうことにしたのです。「無駄なお金を払う必要はないからね」と言う事で引き受けてもらえました。

請求は、治療の一環としてやる検査が1170円、追加してやる検査費用が4200円、〆て5370円で済みました。
10000円近く節約ができました。めでたし、めでたしです。

ガラガラ

トレッキンングの予約金を払い込みに行きました。
トレッキングの為の健康診断の予約に行きました。
どうしたことか、銀行も病院もみんながらがら。

トレッキングのための健康診断ですが、今回の最高到達地点は4130mとそれほど高くはありません。
でも最高宿泊地点が4130mなのです。4000mを超えるところで宿泊をすると、健康診断を義務付けているようです。今回はアンナプルナベースキャンプで2泊、マチャプチャレベースキャンプで1泊と計3泊が4000mを越えた所での宿泊になります。

今日行った病院は町の開業医院ですが、普段から使っているところなので多少の無理が利きます。
高山病の予防にはダイアモックスと言う薬が効くのですが、治療以外では中々処方してくれません。でもここならそれができるのです。だから健康診断もここでと考えたわけです。
ダイアモックスは高山に登るときにはいつも持って行くのですが、幸いなことに実際にはあまり使わなくて済んでいます。だからいまも家の薬箱に3日分くらいあります。それが使えないものかと、薬剤師さんに聞いたところ、有効は約1年半くらいまでとのことでした。2年経過しているから駄目ですね。新しく処方してもらわねばなりません。

連休での遅れ?

トレッキングの申込書が今日届いた。13日に東京で受け付けているものが、今日になった。これも連休の影響だろうか?それにしてもあす16日中に、予約金を払えとは一寸急すぎるみたい。払い込みはするが、予約書より先に予約金が届くことになるよ。それでもいいんだね。

今日の散歩。
昨夜降った雪が道路にも積もっている。気温は低いが太陽が出ているのと、車がそこそこ通るので結構溶けている。それはそれでいいのだが、溶けかかった雪がシャーベット状になって、雪解けの水をせき止めている。道路のあっちこっちで水溜りが出来ていて歩くのに難渋する。これが今夜凍ったら、明日の朝はたいへんだろうなー。

画像



山は積雪が多いから、清掃センターまでで終わりにしようと足元を十分整えずに出かけた。途中、脇道を覗いたら、誰かが山に入っていった跡があった。多分「I さん」ろう。踏み跡をトレースしていけば、足元不如意でもなんとかなるだろうと思って後をたどった。吹き溜まり部分は30cm位は積もっていただろうか?
いくら踏み跡をトレースしてもやっぱり雪が靴の中まで入り込んできて、すっかり濡れてしまった。
自宅近くまで戻ってみると、前方を「I さん」が歩いているのが見えた。やっぱり彼だったのだな。人の事は言えないが、結構物好きな人だ。

樹木に積もった雪が風で舞い上がり煙のように見えた。

画像


画像


杉林を通ったら、風に吹かれて金色の粉雪が降ってきた。

画像

雪の一日

前日から今日は荒れると言っていたので、正月飾りを「どんと祭」に持っていくのを早々と朝のうちに済ませてしまった。おかげですぐそばまで車で侵入できた。その後の雪の降り方を見ると、行動は正解だったようです。

画像


昼食後1一回雪かきをしました。どんどん積もって来るから無駄足になるのは承知の上。一度でやるのがしんどそうなので中間で取り除いたわけです。
15時頃計測したら積雪は15cmありました。その後も降っていますから20cmにはなるでしょうね。
後は震災1年半後の写真をDVDにスライドショーとして記録するための資料つくりに専念しました。でもまだ先は長いです。

トレーニング

トレッキングに向けてのトレーニングです。トレッキングの時とほぼ同じくらいの荷物、雨具・折り畳み傘・カメラ三脚・450mm望遠レンズ・750mlの魔法瓶・ウインドヤッケ・食糧等々約10kgとカメラを持って出かけました。
千貫山山麓柴田町の山神神社社務所まで車で送ってもらいそこから千貫山を登りました。
社務所ー鷹の石ーグリンピア赤松展望台ー第一展望台ー竜神の石祠ー氷室の道ー尾根道経由金蛇神社。
昼食に山菜そばを食べました。参拝客がまだ多い、さすが巳歳だけの事はあります。
帰路は林道を登りーモミの木の道ー途中から柴田町との境界線の道に入りグリンピア岩沼をバイパスして千貫山経由で自宅まで。歩数にして28000歩、16kmあるかな?
短距離は慣れてきているが、最後に固い舗装路を歩いたら腰が痛くなった。まだまだですね。ひたすら歩いたので写真は1枚だけ。ジョウビタキかな?何か繭のようなものを咥えている。

画像


田圃道まで戻ってきたら、いやにカラスが集まっていた。なにをしているんだろう。

画像


画像


何時も思うのだけど、よくぶつからないもんだ。

画像


画像

浜吉田駅

常磐線の浜吉田駅はこの3月から運転を再開することに決まっている。そのための工事の様子を昨日見てきた。

画像


昨年9月頃には行内の線路の工事をやっていたが、それは終わっているようだ。

画像


現在は、線路の終端・・・」折り返し運転をするためのポイントの切り替えっと言ったらよいのか、要は最後の所と、架線の工事を行っていた。

画像


そのさらに先・・・南側はこんな状態で放置されていた。

画像


先日の山下駅に対して、こちらでは生き返りの雰囲気が感じられた。

山下駅

今日の初詣はちょっと欲張ってと言うより今日で終わろうと思って4社もまわりました。
仙台空港の東にある、相の釜の稲荷神社。震災で跡形もなくなくなっていたので、こんなところに神社があったとは知りませんでした。


画像


北釜の下増田神社。ここは震災でもほとんど破壊されずに残った神社です。先の稲荷神社から100m位しか離れていないのですが、2m位高い所にあったので助かったのでしょう。右下は震災の6ヶ月後の姿です。

画像


山元町の青巣稲荷神社。震災後ボランティアの人たちによって復旧が進められた神社です。今は社殿や鳥居も立派になりました。

画像


山元町八重垣神社。名前が良いですね。祭神はスサノウノミコトだそうです。震災後いち早く小さいながら社殿が立てられ、又昨年の夏には鎮守の森を作るための植樹も行われています。プレハブでできた社務所には差し込みのような張り紙がありました。

画像


所で、ツイッターで常磐線の山下駅がこの15日から解体作業が始まることを知りました。昭和24年開業してから今日まで頑張ってきた駅です。その最後の姿をと思って撮影してきました。

画像

宅急便

年末に「鮎の甘露煮」を送ってくれた中学時代の友人に、お礼として「萩の月」を送った。送ったのはいいのだが、・・・。送り状に住所を書く段になって「アレッ、住所を書いたメモ用紙をいれたポシェットを家に忘れて来た!」。オバチャンに頼んで荷物を預かって貰い、家に取りに帰った。ところが置き忘れていたポシェット内を探しても、見つからない。変だなーと思って、何気なく上着のポケットに手を入れたら、アレレ・・・・。
こんな事が多くなってきたなー。まあそれでも無事送ることができました。

もう一つ、車のデーラーから電話で車のその後の様子を聞いて来た。要は、故障が治ったと思ったら、修理費用の清算に来てくれと言う催促だ。15日ほど乗って来たが、「信号待ち後再スタート時に二速に固定される」というトラブルは発生していないので、治ったと見て良いだろうと思って、清算に出向いた。
流石に向こうも、最初の部品交換で治らなかったので気が引けているのだろう。部品代だけ頂戴しますと言う事で済んだ。随分高くついたけど、これでまだ当分は乗れそうだ。

アンナプルナ内院トレッキング

今日いつも使う旅行社に「アンナプルナ内院トレッキング」のツアーに申し込みをしました。
3月25日から4月9日まで16日間のツアーです。最少催行人員が6名、最大12名の募集です。私が申し込んだ時点で私を入れて5名ですから、まず成立はするでしょう。
この旅行社は最初の頃は、秘境や辺境などを得意としていて特にシルクロードには強い所でした。この所、トレッキングにも大分手を伸ばしてきています。同じ旅行社を使うようになるのは、リピーター割引なる制度があるためどうしてもそれにつられてしまうためです。べつの割引券も持っているので、両者を使うと1万円近く割引されることになり、なかなか魅力なのです。それと、同じようなところに行ったときに、プラスアルファーで見学をすると重複を避けるような配慮をしてくれるのもいいところです。・・・と、言う事でこの旅行社を使うことになります。
もっとも、行き先や内容によってもう二つの旅行社も時々使っています。
今回のトレッキングは、ネパールヒマラヤのトレッキングで、ポカラから出発します。
アンナプルナというのは、フランス隊によって初めて征服された8000m峰です。そのベースキャンプ約4100mまで登ります。ベースキャンプは、アンナプルナ連峰がぐるりと取り巻く形になるので内院と呼ばれているのです。
最高到達点が4100mですから、高度障害はそれほど心配はいりません。ただ4100m地点での宿泊が2泊ありますから、出発前の健康診断書の提出が必要になります。
8000m峰の大パノラマが最大の見所ですが、そのほかこの季節はシャクナゲの咲く時期でもあり、それも見所の一つなのです。これがなければもっと天候が安定する10月頃を選ぶのですが・・・。

被災地の神社の初詣

今日は、先の震災・津波で被災した地区の神社に初詣でに出かけました。
二野倉地区の神明神社。神明神社は、天照大御神が祭神です。したがって伊勢神宮の系列になります。航空の神様としても知られており、空自がお参りに来ていたと言います。震災では相当な被害を受け、完全になくなってしまいました。今日行ってみると小さいながらも社殿が造られていました。

画像


長谷釜地区の神明神社です。
この神社は無傷と言っていいくらい元の姿をとどめています。この地区はことごとく津波の被害を受け、結局残ったのは、この神社とすぐ隣の農家とコンクリートでできている公会堂だけでした。写真で見える通り、この神社っと隣の農家は少し高い所にあります。その差が結果になったのでしょう。

画像


新居浜地区の神武天皇社
神武天皇をま祀っている神社は多いのですが名前を「神武天皇社」としている例はあまりありません。珍しい神社です。廻りの民家は相当やられているのにここはかろうじて原型をとどめています。
ちゃっかり、賽銭箱だけ新しくなっていました。それと市販の注連縄が飾られていました。

画像


画像


南瀬崎地区の湊神社。
津波の被害では、瓦礫に埋まっていましたが、奇跡的なくらい社殿は無傷で残りました。さすが航海の神様表筒男の神(うわつつのおのみこと)です。でも周りの森の木はほとんど塩害で枯れてしまっています。


画像


そばの堤防にはもうヒメオドリコソウが咲いていました。


画像


寺島地区の日月堂
半壊で残っている社殿の前にもう一つ社殿があったのですが、完全に壊されてしまいました。残った社殿もまだ壊れたままです。ちょうどこの辺りは堤防の恋路が行われていた関係で参道は新しく作りかえられていました。
鳥居には珍しい「日天月天」の扁額が掲げられています。

画像


画像



さすが今年はどの神社にも手が加えられていました。

本日の初詣は三か所

本日は、桑原にある東武神社(我が家から700m)、根方にある大日堂(1500m)、同じく根方の千貫神社(1700m)の三か所を何時もの散歩コースからちょっと寄り道をしてお参りしてきました。
東武神社です。すぐ近くなのですが、今までお参りをしたことがありませんでした。

画像


大日堂です。ここのお寺は常就院と言います。此処も神仏混淆時代の名残を持ったお寺です。境内には、大日堂と、不動堂があります。
大日堂です。

画像


不動堂を覗いてみたら、お寺なのに御神輿がありました。

画像


ここからは何時ものコースをたどり、千貫山に登ります。山頂近くでちょっと寄り道をして石祠にお参りをしました。どの神様を祭ってあるのかその痕跡を見つけることができません。この位置だと多分山神様か竜神様でしょう。以前見たときには祠が台座に対してこんなにずれていなかったと思います。先の震災の時にずれたのでしょうか。

画像


山頂から往路を引き返し、麓に降りてから千貫神社のほうに道をとりました。

画像


中々立派に見えます。次は階段を上がった所にある神様です。

画像


神様の向こうを見てください。以前はここから山頂に向けて道がついていたのですが、今はゴルフの練習場を作るために山がすっかり削り取られてしまいました。神様の厳かな雰囲気が全く失われてしまいました。

本日の初詣:若宮八幡宮、岩蔵寺

岩沼市志賀にある若宮八幡宮と同じく岩蔵寺に初詣でに出かけました。
若宮八幡宮、3月中旬頃雪が降った後、早朝にここの参道に来ると、雪の中に咲く福寿草が見られることで時々きました。

画像



岩蔵寺、860年創建の天台の古刹です。古びた薬師堂だけが佇んでいて、何ともいえない風情があります。好きな寺です。2月中旬頃、雪の降ったあとここに来ると雪をかぶって咲くマンサkの花が見られたものですが、今はどうでしょうか。

画像


画像


本尊は秘仏だそうです。

画像


ここまで来ました。訓練中です。・・と言う事で岩沼市の最高地点、三方塚まで登ることにしました。もう15年位来ていません。頂上はすっかり植林された杉が伸びて見晴らしが効かなくなっていました。
中井から登ったのですが、帰路は大師温泉跡に出て中井まで歩いて戻りました。
三国境の碑です。

画像


市と町の境だけど、かっこよく「三国境の碑」とします。

今日の初詣は「金蛇水神社」

例年だとこの時期になるともう初詣客もほとんどいなくなっているのだが、さすがに今年の干支が巳と言う事で思いのほかにぎわっていた。特に三色吉の信号から神社の駐車場までがびっしりと車列が出来ていた。
それから見ると境内はそれほどの賑いにではなかった。ただ、蛇の絵柄が浮かび上がっている蛇紋岩を並べてある一角は随分と人が並んでいた。

画像


画像


蛇紋岩を財布で撫でている人達がいっぱい。金運がめぐって来るのかな?残念ながら、コイン入れだけしか持ってこなかった。

画像


画像


ここの御御籤はすごく派手・キンキラだった。

画像


お参りの後は、神社から上部へ上りハイキングコース:氷室の道を通ってグリンピアへ。
途中、深山石祠(ここは山神さま)にお参り、次いで竜神の石祠へたどってお参りをしてきた。

画像


画像


今日は特別に寒い日、堤や用水路に張った氷がきれいだった。

画像


画像


後は何時ものコース・千貫山を経由して戻った。

山神社初詣

今日は、柴田町四日市場坂本にある「山神社」に初詣でに出かけた。
「山神社=やまじんじゃ」と読む。てっきり「やまのかみ神社」と言うのだと思っていたが違っていた。
結構立派な神社で、一の鳥居、二の鳥居もあり、修理の手も十分に加えられていた。

画像


背後に見えるのは山神社の大杉」

画像



画像


賽銭箱の中にしめ縄が入れられていた。こんなのは初めて見た。

画像


こちらは昨年まで使われていた古い注連縄。どんと祭で燃やされるのだろう。

画像


こんな彫り物があった。

画像


「フクロウ=不苦労」と言う事で縁起の良い鳥と言う事らしい。もっともこの森にも棲んでいるらしいが・・。

社務所は1kmほど離れたところにある。

画像


こんなものがあった。阿部晴明はは好きなんだよね。ちょっと調べてみよう。ただ最後の字が読めないんだ。

画像


ここからは、千貫山に登り、山頂経由で帰った来た。登り口にこんな看板があった。まあ、今は冬だから・・・。

画像

散歩はじめ

昨日は竹駒さんの初詣と、スーパーへの買い物に行っただけなので、散歩とは言えないほど。だから今日が「散歩はじめ」になる。
3月末のトレッキングの事を考えると、少しハード目の散歩をしないとダメだと思って今日から本気で歩くことにした。
コースは、千貫山を越えて柴田町四日市場法領に下り、そこにある「滝沢不動尊」で初詣をして、同じ道をトレースして帰って来ることにした。
滝沢不動尊は思っていたより立派なものでした。「不動尊なのに鳥居が建てられていた」と思ったが、別段不思議がる必要はなく「神仏習合」の影響なんでしょうね。

画像


画像


画像


不動尊にたどりついたころから雨が降ってきた。妻から「雨が降りそうだから傘を持って行け」と言われていたのを無視して出かけてきたが、下山にかかる頃より本格的に降り出した。
仕方がないので携帯電話でSOS、途中まで迎えに来てもらった。

初詣

我が家から竹駒神社までは約1kmほど。例年午後から出かけ、お参りをしてから、スーパーで買い物をして帰ります。
何時ものことながら、我が家から少し進んだメインロードはものすごい車でごった返しています。

画像


私の生まれは三重県の松阪市。もう40年近くも前の事ですが、車で伊勢神宮に初詣でに出かけたことがありました。高々30km位の距離だったのですが、丸1日かかってしまったことがあります。その時以来、車で初詣に出かけた事はありません。こんな車列を見ていると気の毒になります。

もう午後ですからさすがに神社もそんな混んではいませんでした。廻りの屋台店を見ながら進んでいきます。

画像


ちらちらでしたが、境内の桜が花をつけていました。

画像


画像


お参りをしてからちょっと脇にそれてこんな風景を見てきました。残念ながらすでに何回か回収された後だったのでしょうか、高額のお賽銭は見られませんでした。

画像


これだはちょっと寂しいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。