FC2ブログ

サクランボバトル

サクランボが熟れてきたので一昨日防鳥ネットで囲いをした。樹が大きくなりすぎて昨年までのネットでは十分な囲いが出来ず、下のほうに隙間が出来てしまった。
我が家の防鳥の「鳥」は、ヒヨドリだ。
赤く熟れておいしそうに成った所で、ネットで囲いをされてしまったからヒヨドリとしては切歯扼腕といった所。やってきてはピーピーと騒ぎながらネットの外を飛び回っている。
昨日まではこれで良かったのだが、ヒヨドリも学習をするらしく下部の隙間を発見したようだ。だが中に入ったのはいいのだが、今度は出方が判らずに大騒ぎをしている。このまま中に入れておくと、すっかりやられてしまうから、こちらとしては、追い出さなければ成らない。
棒を持った人間が近づいたから、ヒヨドリは完全にパニックに陥ってしまい滅茶苦茶に暴れ廻る。逃げ出しやすいように、地上より1.5m位の所まで幅50cmほどネットを開けてあるのだがやつらは駄目だね、上へ上へと逃げ出そうとして一考に下に有る出口を探せないでいる。
鳥だけでなく空を飛ぶもの、チョウもトンボも甲虫類類も捕虫網で伏せて取ると補注網の中を上へ上へと飛び上がってくる。空へ逃げるのが彼らとしては一番安全なのだろう。
大騒ぎをすること30分、いい加減嫌に成った時、ヤット逃げ出してくれた。多分こいつはもう来ないだろうと思っていたら、別のやつらが2羽もやってきた。下の隙間には、目の大きい網を張りました。
スポンサーサイト



ボルネオ島のこと

キナバル山のことは、昨日終わりにしたがもう少し追加をしておきます。
帰りに自分のために、ボルネオの民芸品でも買おうかと楽しみにしていた。さらに、美味しい南国のフルーツをたっぷり食べてやろうとも思っていた。
所がである、私たちが泊まった山小屋は立地条件からして無理だが、マシラウやスカウ、セピロックなどのロッジでは全くお土産やさん・特に民芸品を売る店がありません。ましてやフルーツを売る店度などなおさらです。
マシラウのロッジではTシャツやポストカードにミネラルウオータがあるのみ。スカウでは、川べりにロッジがあっただけで、広場では鶏が遊んでいました。セピロックのロッジもおんなじ様なものです。
ペルーでもネパールでも、パミール高原でも、私たちを見つけるとすばやく土産物の店を広げる・・・そんな有様を見てきた目には不思議でした。商売気が全く無いのですねー。でもそのほうがいいのかもしれません。
最後にボルネオらしいシーンを。コタキナバルの空港です。

画像