スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金環食

5月21日に日本で金環食がみられる。福島県から四国方面の太平洋側で
金環食になる。残念ながら宮城県では部分食止まりだ。しかし水戸から
千葉辺りのラインだと金環食が5分くらい続くので、そこまで出かければ
いいことになる。
5月になったらマレーシアのキナバル山に出かける予定があるのと、間際
になってアクセサリー類が無くなってはと思い、一寸早いが撮影のための
機材やアクセサリーの点検をした。
今回はデジタル一眼で撮影をしようと思っている。以前太陽撮影用に使っ
ていたオリンパスも暇を出したので、アクセサリーが間に合うかどうか・・・。
本日のチェックでは、フィルター径が小さすぎるのが判ったが、どうせうんと
絞り込むのだから、ステップダウンリングを使えば間に合いそうだ。
それと今回は一寸太陽を大きく撮りたいと思って、X1.4のテレプラスを買う
ことにした。これが入荷したら後は、赤道儀の調整をかねて予行演習だ。
デジカメは以前のカメラと違って、1/8000とかのシャッターが切れるので
随分楽になった。
スポンサーサイト

SDカード

名古屋に居る兄が仲間とともに写真の展示会を開くといってきた。
同好の士の集まりだから勢い同じような写真ばかりになってしまう。
少しバリエーションを加えたいから、私の写したものを少し送れと
言って来た。
と言うことで、USAのブライスキャニオン、アンテロープキャニオン、
デッドホースポイント、シルクロード・敦煌の鳴沙山、ヒマラヤの青い
ケシと雪蓮の花、蔵王の樹氷、伊豆沼のマガンの群れのデーターを
SDカードに入れて送った。
ところがこれが開かないといってきた。町の写真屋では開くと言う。
電話ですったもんだとやった結果、無事解決。
何のことは無い、SDカードがきっちりと挿入されていなかっただけの
事でした。やれやれ。

確定申告

企業年金が無くなり、介護保険料など引かれるものが大きくなり課税所得がうん
と少なくなってしまった。だから税額の計算のテーブルが変わった。
それならと、株式等の配当金(源泉分離課税をしてある)を入れたり寄付金も入れ
て計算して見た。
やってみるもんだねー、いけるじゃないですか。というわけで、今年は結構戻るこ
とになりました。夫婦で温泉一泊は楽勝です。

飛べ飛べとんび

雪の里山散歩:今日は12500歩
なんにも珍しいものが無かった。そう思っていたら帰り道に電線に止まっていた
トンビが目の前で飛び立った。近くで見ると大きいきいねー。

画像



画像



画像


意外とカッコいいねー。

スズメ

雪が降る・・いやでもお家で遊びましょう。今日は散歩もお休み。
朝、雪かきをしてからスズメの餌を播いてやった。
スズメが食べて居る間も降り続いたから、餌が瞬く間に隠されてしまった。
スズメも食べ飽きたのか居なくなった。雪はどんどん積もっていったが・・・。
暫くすると、餌を播いた所の積もった雪を蹴散らかしてスズメが騒いでいる。
雪の下に餌が有る事を知っているんだね。この様子を何とか写真に取ろうとし
たが逃げられて中々撮れない。
メジロやヒヨドリなら1対1だから、相手の目を盗んで撮ることも出来るが、スズ
メは集団だから直ぐ誰かに見つかってしまう。冬場にスズメが集団になるのは、
こうして身を守るためらしい。でもこのままでは引き下がれないなー・・・・。
それではと、動物カメラマンよろしく遠隔操作で撮ることにした。
三脚にカメラを乗せて狙ってみたが、カメラがむき出しだと、用心し中々やって
こない。それならばと、黒いジャージーでカメラを包んで、部屋の中で待つこと
暫し・・・。

画像


上から雪に中に飛び込んできました。


画像


左上 着地です。


画像



右 案外雪の中を楽しんでいるみたいです。

ホームページの事

Biglobeの個人ホームページに、長い間加入している。
ある容量まで無料扱いになるからね。

先日そのサイトで「貴殿のホームページの紹介をする」と言って来た。
要するに宣伝をしてやろうと言うことだ。その日が今日。
先ほどアクセスカウンターを見たら、一挙に40件もアップしていた。
宣伝とは凄いもんだねー。

おもい出で再開ひろば

岩沼市の「震災による拾得物の展示」が期間限定で再開されるようだ。
ボランティアによって「おもい出再開ひろば」と命打って、震災後の津波で
流された品々を、クリーニングしたり修復したりして、元の持ち主に返そう
という活動が行われていた。しかし会場にしていた体育館が修理をしなけ
ればならないことや市民の活動用に戻さなければならないなどから、昨年
8月末で活動を閉じた。
その時点で、持ち主に返った点数は約60%くらいだったはず。残りは、引
き取られ無いまま市の図書館の書庫に眠ることになってしまった。乾燥剤
を入れ、インデックスを付けて眠っている。
1月の中旬に「破損した写真の無料修復を、A4の大きさで1枚お受けします」
のチラシを仮設住宅の方々に配ったときのアンケートでも半数くらいの人が
再展示を望まれていたし、保存されていること自体も知らない人がけっこう
見えた。
30日間ほどだったが、この活動に参画していた者としては何とかもう一度
眠っている品に日の目を見せてほしいものとおもっていた。
それがかなえられるとは嬉しいことだ。活動には真夏の暑い盛りにも関わら
ず全国から沢山の方々が駆けつけて下さった。この方々も喜んでくださる事
だろう。

画像

散歩

本日の散歩 14900歩。脇目も振らずせっせと歩いたら結構疲れた。
そろそろ本格的にトレーニングに入らないと駄目だね。

庭のお客さん

今日はツグミです。これまで常連さんだったのに、今年はほんの
1~2度顔を出しただけでさっぱり姿をみせません。今年はことの
ほか寒さが厳しいのでさらに南の方に移動しているのかも知れま
せん。写真は以前に撮ったものです。


画像


右下奥にボケていますが、リンゴが映っています。それに止まって
るのはメジロです。
凄く大人しい鳥で、ヒヨドリやムクドリが来るとせっかく食べていたリ
ンゴから離れて席をゆずってしまいます。うんと小さいメジロにさえ
譲ってしまう有様です。庭の中での移動はもっぱら、歩いています。
お前は鳥なんだろう、一寸位飛べよと言いたくなるくらいです。でも
理由があったみたいです。地面の虫を探しているのだそうです。
冬鳥なので囀りをしません。ツグミとは、古語で口をつぐむの意=
「ツクム」より転化したものだと言われています。

番外:今日の散歩は13200歩

庭のお客さん

ヒヨドリさん:この方は常連中の常連です。ピーピーと煩いこと仕切りです。
地面にまいた穀物は食べないみたいです。こいつが来ると、メジロは避け
て、近くの枝で去るのを待っています。


画像



付録:里山散歩
今日は18000歩。
いい加減な見当で踏み跡を辿って居たら、急に道が消えてしまった。シャクだ
からそのまま突き進んだらえらいヤブ漕をさせられてしまった。

庭のお客さん

この時期になると、サクランボやキウイの木にスズメが一杯集まり賑やかになる。
夕方になると西日を一杯受けて暖かそうに、必ず西を向いて結構遅くまで止まって
いる。これを見ると何故「鳥目」と言う言葉が出てきたのか不思議になる。奴らは
早朝から夜遅くまで活躍している。結構目が良いようだ。
冬場はえさ探しや、天敵から身を守るために群れになるらしい。それに混じって
ヒヨドリが甲高いキーキーと言う鳴き声を発して益々賑やかになる。

先日、リンゴを半割りにしたものを、ナツツバキの枝に刺しておいた。来た来た。
メジロがやってきた。今までさっぱり姿を見せなかったのに、リンゴを出した途端
30分もしない内に姿を見せた。一体何でリンゴがあることを探し出すのだろうか?
今日は先ず、メジロさんの姿をいくつか・・・・。


画像



画像


画像


画像

雪の華

明け方から雪降った。10cmくらい積もっていた。スズメの餌場を作る為に
除雪をした。氷点下5~6℃の気温で降り、尚現在も氷点下2度くらいだか
ら雪はフワフワ。庭木に積もった雪を見ると、老眼にも何かそれらしき形が
見える。拡大鏡で見ると、雪の結晶が見えた。それならと俄か支度で写真
撮ることにした。
300mmの望遠レンズ、No3のクローズアップレンズ、黒いフエルト生地

庭木に積もったフカフカの雪の上に、フエルトをそっとかぶせる。
静かにフエルトを取り上げて裏返す。フエルトの毛先に雪が僅かにくっ付
いてくる。雪の結晶を探す。案外見つかるもんだ。
300mmにクローズアップレンズをセットし、写す。
ヤッパリ手持ちでは駄目だ。焦点深度が狭くピントが合わせられない。
恥ずかしながら、今日の成果。


画像



どうやらピントあわせを慎重にやれば、こんな方法でも結晶が撮れそうだ。
本気でやってみよう。
条件は気温が0度以下であること、降っている時も撮影する時も、低ければ
低いほうが良い。結晶が溶けない。ピントあわせの時間が取れる。

フエルトを被せて、雪を獲る方法はこれが中々良い。毛の先に乗っているか
らフエルトの温度でなく、気温のままで居て溶けにくい。
後はピントあわせに技術だな。老眼にはつらいんだなー。

湧水のなぞ

昨日書いた散歩道の湧水のなぞの原因を、一晩考えてみた。どうやら原因は、
もう少し上流にある貯水タンクにあるように思う。次がその写真。


画像


地区の人達が、谷川の水をこのタンクに貯めて日常の用水に使っている。昨年の
震災の後、水道が止まってしまった時には我が家もこの水を使わせてもらった。
食料が無いから家庭菜園の野菜の水洗い、洗濯物のすすぎ、トイレの水、果ては
ペットボトルで何回も運んでは風呂を沸かしたりと・・・。
この水の配管がどうやらこの谷川の中を走っているみたい。そのどこかにクラックが
入り、そこから噴出して居たみたいだ。今日見たら、大人しくなっていた。応急修理が
なされたのだろう。次の写真が今日の状態。
温泉だ!と早合点して、土地を買い占めなくて良かった。


画像

伏流水?

いつもの散歩道で。小さな谷川を見下ろしたら、流れの中から水が
吹上ていた。
何だ!!何だ!!これは?

ここから下流はいつもと比べて、水量が大分多くなっている。3時間
前に通って時には気付かなかったし、水量も多くなかったから、この
3時間の間で起こったことのようだ。
・・・・、こんな小さな谷川に、湧水が有るとは思えないし?
この上には、岩沼市の水道用の配水設備があるんだけど、それとか
かわりが有るんだろうか?


画像



画像

瓦礫の第二次集積場

岩沼市下之郷地区・県南浄化センターの南に第二次瓦礫の集積場
と焼却設備の設置が急ピッチで進められている。


画像



これが被災直後の同場所の様子です。倒された松林の向こうがその敷
地になります。


画像



昨年12月11日の建設の進行状態です。松林が伐採されて、敷地が確保
され、土盛りがなされ、都部基礎工事が始まっていました。右側の方が瓦
礫の置き場になります。


画像



2月15日の状況です。物凄い早さで進んでいます。

フキノトウ

寒波だ寒波だといってもさすが立春より十日を経過すると自然界はそれなりに
春に向かって進んでいる様だ。
つい先日まで溶けようとしなかった、道端の残雪も今日はゆっくりと溶け出していた。

画像


真冬日か、最高気温が2度以下だとカリンカリンに凍り付いて、溶けることは無く
昇華だけがが頼りだ。

画像


気温が2~3度になるとジワット溶け出している。

そんな中、いつもの散歩道をまだかまだかと探しながら歩いていくと道端の陽溜にたった
一つフキノトウが芽を出していた。
フキ味噌・天婦羅・・・美味しいのですが、たった一つではねー。そっとしておきました。


画像

鼻血の治療

一週間振りに耳鼻科に。この一週間は順調で、出血は無かった。
診察に当たった女医先生は、首をかしげながら「又、出そうなの
ですが」と思案げ。
「そうですか。じゃあ先生遣ってしまいましょう」と患者から注文を
してしまった。「待っている患者さんの診察が全部終わってから
やりますからね」と言うことで、鼻に麻酔を染み込ませたガーゼを
詰めて待つこと暫し。
「血管を焼きつけるのですから、出血することがあります。出血が
激しく、焼き付けるほうが追いつかない場合は途中で中止する事
がありますからね。煙が出るから鼻で息をしていてください。」と、
少々脅かされて治療開始。毛が焼ける匂いがする。でも、全く痛
くも痒くもなくアット言う間に終わってしまった。
終わってから、治療前後の当該部の写真を見せてくれた。茶色く
なって火傷みたいになっている。レザーでやったのですか?と尋
ねたら「いいえ、電気でやりました」と、細いメスみたいなものを
見せてくれた。
高周波電気凝固メスとか言うもので焼灼したらしい。
その後、麻酔が切れても全く痛みが無い。

強風

現在23:30、やっと静かになった。
今日は22時ころまで一日中物凄い風が続いた。
こんな日でも、ジャージーの下にマフラーを巻き、のどと鼻の
保護のためにマスクをしていつもの散歩コースに出かけた。
さすがにこんな日は散歩に出かけている人は、居なかった、
いや一人だけ見かけたなー。
蔵王降しをまともに受けると、前進速度ががいつもの2/3位に
落ちるし、横から受けるとヨロヨロしてしまう。さすがにJRも徐
行運転になり、踏み切りでえらく長時間待たされてしまった。
何年か前のことだけど、路線バスが田圃に転落したこともあ
ったなー。

命の値段

旅行社から、キナバル山ツアー(マレーシア・ボルネオ島/4095m)の
正式申し込みの書類がきた。
で、この種の旅行(高所ツアー)に付き物の健康診断は、4000m以上
の高所宿泊が無いために不要との事。1万円助かった。
しかし海外旅行のための保険は、バッチリと掛けないと認めてくれな
い。それで検討をしていたのだが、いささかムカットきた。
保険の種別が、15歳未満、16~69歳、70歳以上と3ツに分けられて
いる。
それはそれでいいのだが、シャクなのは掛け金当たり傷害死亡金額が、
70歳以上は少なくなっている・・・つまり命の値段が安くなっているのだ。
まあ仕方が無いか。でも、こんな旅行に出かけているのは年寄りが多
いのですがねー。

せめぎあい

まだまだこれからが本番です。今夜も雪が降りそうです。
日陰では・・・・。

画像


でも風のあたらない陽だまりでは・・・。

画像

犬釘

昨年12/14にツイートした古ネタだけど・・・。被災地を廻って居た時
常磐線坂元駅近くで、犬釘拾った。もう無くなってしまった路線の遺
物だから、結構値打ち物です。だから暇なときに、こびり付いた泥や
錆をボチボチとハンマーで取り除いて大切にしています。

犬釘というと、枕木とレールを固定するものとイメージしているから、
枕木が全部コンクリート製に変わってしまった今では何処に使われ
て居るのか不思議でした・・・・。
と、言うことで我が家の近くを走っている東北本線をジット眺めてみ
ました。有る有る。踏み切りには結構木製の板や枕木が使われて
います。補助レールもあります。それらの固定に使われていますか
ら、在来線ではまだ当分存在価値があるんですねー。

画像

小鳥ずいて居るが

散歩の途中ブッシュの中に入ったら、こんな小鳥がいた。
今まであまり興味を持っていなかったから、名前には全く
自信が無い。


画像


ベニマシコというのかな?

画像


アトリというのかな?両方とも同じアトリ科だそうです。

あめふり

今日は雨、散歩もお休み。
この時期の雨水は、真夏に比べてなんだか粘度が高いように思う。
しずくが大きく木の枝にも沢山つく。そう思って調べてみた。
0℃ の時 1.792CP
30℃ の時 0.797CP
やっぱり2.3倍も粘度が高い。理科の時間を思い出した。
それでは一寸芸術的に・・・・。

画像


画像


画像


映っているのは、いずれも我が家。

雪の里山散歩道

鼻血で困っていると言っても、全く痛くも痒くもないから体力は十分。
というわけで今日も雪の里山の散歩に出かけました。
このコースは、我が家からは往復約8.5km。標高差約160m。新雪な
らどうと言うことは有りませんが、日がたってクラストした雪になると、
踏み破るのに力が要って、結構疲れます。
今日は450mmの望遠をつけたカメラを持って出かけました。

画像


シジュウカラです。首の所に黒い模様があります。ネクタイをしている
と覚えるといいのだそうです。

画像


ウスタビガの繭です。シジュウカラを探して、枝を見ていたら目に入り
ました。落ちている繭はよく見かけるのですが、ぶら下がって居るのは
初めてでした。

寄る年波?

ここ1ヶ月位の間に4回も鼻血が出て困っている。鼻っ柱が強いから
今までは少々のことでは鼻血なんか出なかったのだが、ヤッパリ年
のせいかな?先々週の土曜日の朝は、1時間半くらい出血が止まら
ずやむなく耳鼻科に駆け込んだ。どうやら鼻腔の粘膜に何らかの傷
が有り、そこから出血するらしい。様子を見ましょうと、1週間分の飲
み薬を貰ってきた。服用中は調子が良かったのだけど、薬が無くなって
1日経過した昨夜又出血した。今日、再度見てもらった結果、もう1週
間投薬治療してみて、来週どうするか判断しましょうと言う事になった。
で、どんな治療かと言うと、「麻酔を掛けてから出血箇所を焼きます」
と言う事だそうです。

道路の復旧工事

この時期(農作業を前にした農閑期ー)、先の震災でやられた市道ー所謂
農道の復旧工事が急ピッチで進められている。

画像


やられた所のアスファルトは、全部剥ぎ取ってしまう。その上で、砂利を敷き、
アスファルトを打設するんですね。
ちなみに、ここでは「東日本大震災」と言わずに、「東北地方太平洋沖地震」と
言っている。両者の使い分けの基準は何なんだろう?
以下は、同場所の震災直後の様子。


画像


画像

立春点描

今日は立春。何か春らしい物が無いかと、散歩のコースをいつもと変えて探して
みた。そこかしこにはもう小さな春がやってきていた。だが、花びらを開けたツバ
キは、先般来の寒波で凍結して枯れていた。

画像



画像


でもまだ「春は名のみの風の寒さや・・・」、厳冬期です。

画像
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。